「揺るぎない世界をつくる」(2)

「揺るぎない世界をつくる」(2) † 決定される事。 その人の明確な方向性が示されて、素晴らしい決断がされているので感動する。所が違った課題になった時、その方向性が姿を消しているのだ。なぜなのか?聖書は、神の健全な教えと敬虔(神聖)を生活全般に適用する事を求める。これは厳しいのではなく、サタンとこの世の誘惑と罪から守られて、揺るぎなく私達が満ち足りて生きるためである。そのために一貫した方向性(決断された決定)が、信仰の人生なのである。例えば、地域の人間関係の中で、家族の中で、教会生活の中で、方向性が同じである。賛美を献げることも、犠牲を献げることも、同じ方向性に従うのである。これが、ぶれていない、方向性が一貫している事が健全さを示すのである。私達の常にある問題は、神に聞き従うか、自分の思考と都合に従うかである。この事で、私達は明確に決断し、決定する事が求められる。神のしもべならば「・・私たちの主イエス・キリストの健全なことばと敬虔にかなう教えとに同意・・」2テモテ6・3)することである。神と伴(トモ)にある、満ち足りた、喜びの生活を願うならば、神に喜ばれる一貫した方向性を決定することである。実は、それがクリスチャンの義務なのである。神への忠実さとは、健全な御言葉への誠実さなのである。  † 主イエスの世界と私。 主イエスのお働きは、世界中のすべての神の子供達、一人びとりの中に、ご自身の世界を築かれることである。なんと驚くべき巨大な世界であろう。神の似姿である人間にしか与えられない。パウロや、ヨハネやペテロは、固有の存在だが、私もその一人である。パウロの中に主イエスが、ご自身の世界を築かれたように、私の中にも、主はご自身の驚くべき世界を築いて、さらに大きくし、高くし、広くして下さっているのである。主イエスが見ておられる世界を、私は自らの世界として与えられている。いち早く、主イエスに実存し(依存して)生きたならば、いち早く主イエスの世界を与えられ、主イエスの世界のすばらしさを賛美し、父なる神を崇めたに違いない。幸いな事は、誰でも、心を開き、キリストに留まる人には、キリストの世界が、その人の中に築かれるのである。この世に在りながら、主イエスの世界を知り、見て喜び、神の子の特権に驚き、感謝するのである。

「揺るぎない世界をつくる」(1)

「揺るぎない世界をつくる」(1) † 揺るぎない世界。 プーチン大統領は自分の理想とする世界を創り出すために、都合の良い理論を正当化し、戦争を起こした。世界の二極化を狙っているのである。権力を持って弱者をねじ伏せ、人間の自由を抑圧する世界である。そのためには核兵器を用いると脅しをかける始末である。戦争放棄、主権在民を掲げる平和憲法の日本は、とても容認できない。特に、私達クリスチャンは、神の義と愛を持って、世界の人々の平等と自由を目指している。キリストが旧約聖書の預言の成就として、世界に来られ、揺るぎない神の国を創り出されたからである。現代の権力者は、自国や世界の歴史解釈から、自己(自国)を中心とした、新しい歴史への野心を持つ。その動力は権力(軍事力・経済力)である。人間の固有の自然法(真理)には、目もくれない自己欺瞞の中に生きている。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです」ヨハネ15・12)これこそが揺るぎない世界なのである。曲がった時代も、狂った世界も、この戒めに依って審きを受ける。また「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です」マタイ7・12)と、神の御声が鳴り響くのである。  † 自分から始める。 人間には主軸となる世界観がある。これが曖昧ならば人生も曖昧であり、自己自身も曖昧である。私達クリスチャンは、主イエス・キリストを核においた世界観を持つ。天動説から、真実な地動説に換わったように、私達は「唯一の神」を中心にした生き方をし、この世界を理解する。私達が世に生きるとは「国籍を天に置く」ビリピ3・20)事であり、大転換(パラダイムシフト)をしているのである。小数であっても日本に「神の民」が居ると言う事が、神の事業(お働き)なのである。「小さな群れよ。恐れることはありません。あなたがたの父である神は、喜んであなたがたに御国をお与えになるからです」ルカ12・32)大勢の中で、私だけがクリスチャンであることが、揺るぎない世界を成り立たせているのである。その自分が世になびき、信仰を失えば、日本から光りが消えるのである。いま与えられている救いを堅固にしよう。私達があって、日本は神に立ち帰れるのだから。

「領域を意識する」(7)

「領域を意識する」(7) † 信仰の領域を選ぶ。 信仰の領域とは、神の支配する領域に入るということである。「それでモーセは民に言った。「恐れてはいけない。しっかり立って、きょう、あなたがたのために行なわれる主の救いを見なさい。あなたがたは、きょう見るエジプト人をもはや永久に見ることはできない。主があなたがたのために戦われる。・・」出エジプト14・13、14)聖書には50箇所以上に「恐れるな」と書かれている。この背景ニは恐れるに足る原因がある。エジプトの押し迫る軍隊を目の前に見ていたり、大国の脅やかしの言葉であったり、敵軍との戦いの直前であったり、未知の事柄に不安を抱える時などである。また、孤独で意気阻喪(ソソウ)している時「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る」イザヤ41・10)危機の現状に「恐れない」で神に依り頼むなら、神の支配する中に、生きる信仰の選択をしたのである。私達は、恐れと不安を感じていないか?その時こそ、神の御声「恐れてはならい」に聞くのである。その時が一番神の助けを必要としている時、主なる神が、戦われる時だからである。「恐れるな」と神の力強い御声が今日も響いている。  † 見えない領域を見る。 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです」2コリ4・18)これは科学的な常識である。しかし、信じる事を通して、見えないものが見えるようになる。御言葉が告げる内容は信じなければ現実を生まない。御霊の働きにしても、与えられている賜物も、信じて用いられるのである。自然的に溢れ出るものではないというのが私の認識である。神の約束の事実の全て、永遠の御国(天国)や再臨のキリストは、未知なることなのか?事実はそうであるが、聖書は神の御霊(聖霊)が、私達の魂に現実のこととして啓示されるのである。四千年前アブラハムは「堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいた」「その都を設計し建設されたのは神です」ヘブル11・10)彼ははっきりと見ていたのだ。「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです」 ヘブル11・1)

「領域を意識する」(6)

「領域を意識する」(6) † 今より高い領域へ。 「真理は驚きである」この言葉に捕らえられ生きている。その真理に驚き(驚愕)することで、真実に私のもの(財産)となる。神に召された、その時から、私達は神の領域に生きる者にされている。その私達に「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう」エレミヤ33・3)と約束された。私達には考えられない驚くべき、神の至高の領域に入れられるのである。それには「私を呼べ」と言われる。奥まった部屋に入り祈るのだ。ヤコブのように御使いと格闘する(創32・24)与えられるまで、執拗(シツヨウ)な熱心さが「神を呼び求める」ことである。神の偉大な恵みは「彼らの叫びに傾けられる」1ペテロ3・12)神のみが、私達を高次の恵みの領域に入れて下さる。今の低いレベルの経験に留まらず、高い領域を目指して、キリストの御名を呼び求めよ。熱心な祈りは、今の怠惰を打ち破り、天への窓を自ら開くことになる。モーセがビスガの頂き(申34・1)から、乳と蜜の流れる全地を見渡したように、私達にも信仰の高嶺に上るように招かれている。  † 聖霊の領域。 「また、人の子に逆らうことばを口にする者でも、赦されます。しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、この世であろうと次に来る世であろうと、赦されません」 マタイ12・32)イエスは悪霊を追放し、しるしと不思議を通して神の国の到来を宣言された。パリサイ人は、イエス が「悪霊を追い出しているのは悪霊のかしらベルゼベルによることだ」24)と、言う事で、イエスの中に働かれる神の霊(聖霊)に逆らい、冒涜した。しかし罪人は無知のゆえに、神やイエスを冒涜するが赦される。「わたしが父におり、父がわたしにおられるとわたしが言うのを信じなさい。さもなければ、わざによって信じなさい」ヨハネ14・11)業とは、聖霊のお働きである。その聖なる現れを冒涜し、逆らう者は赦されない。イエスは「数々の力ある業を行われた」マタイ11・20)が、悔い改めなかったコラジン、ベッサイダ、カペナウムの町々をソドム以上の災いが臨むと言われた。聖霊に逆らうとは、神の働きの本質に逆らうことで、この世でも来るべき世でも赦されない。聖霊の領域は、聖なる神の神聖な現れとお働きなのだ。

「領域を意識する」(5)

「領域を意識する」(5) † 領域がゼロになる。 大きな教訓を得たのは、車に欠かせないバッテリーからだった。いつもの車が、電池切れで始動しない。それで、ブースターケーブルで、他の車を通してエンジンを始動させた。普通はこれで、急速充電する。安全を期して4㎞位走行し、ガソリンスタンドで、燃料を満タンにした。所が始動しない、バッテリー電源がゼロである。ここまで動いたのは、車の発電電流であったのだ。急遽、無効のバッテリーを、スタンドのガレージで新品に取り換えた。バッテリーは劣化し蓄電する能力「領域」を失う。他の車からの電気でエンジンは始動するが、もはや、電気を蓄えられない。止めたら最後、車は動かないのだ。このことは、私達を表しているかも知れない。「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです」ヨハネ15・5) 主イエスに「とどまる」ことで、神の生命と実を結ぶエネルギーが私達に注いでいる。30倍、60倍、100倍にまで実を結べる。霊的な電源(キリスト)から離れると、何も出来ない死んだ枝になる。  † 御座という領域。 神の御座という場所は、聖徒にとって麗しさの極みでしかない。「まことに、あなたの大庭にいる一日は千日にまさります。私は悪の天幕に住むよりはむしろ神の宮の門口に立ちたいのです」詩84・10)神の居られるとこしえの御座とは「・・・義とさばきが御座の基である」詩97・2)ヨブは「ああ、できれば、どこで神に会えるかを知り、その御座にまで行きたい」ヨブ23・3)と、心を向け、慕い求めている。御座に近づきたいという思いが、私達の信仰生活の中に生まれる事は、高い領域が開かれたことを意味する。御座は至高の栄光に満ちている所で、父なる神がおられる。「あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋にはいりなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます」 マタイ6・6)父の御座はあなたの近くにある。御座は、あなたの奥まった部屋に入って祈る時、隠れた所(御座)で、神はあなたを知り、見て、報いて下さる。

「領域を意識する」(4)

「領域を意識する」(4) † 熱いのか、冷たいのか?  熱い、冷たい、には区切りがある。領域が違うことを意味している。この区別がつかない「生ぬるい」と言う領域がある。「わたしは、あなたの行ないを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。主は言われる「このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう」黙示3・15-16)神に召され選ばれた者として、熱く福音に生きているだろうか?主イエスを熱愛し救いの喜びに踊っているだろうか?・・・・ともすると「そんな人は異常か、特別な人では」と声が聞こえそうである。生ぬるい人の特長は、神と、信仰と、教会と、世とのバランスを無難な、やりやすい「自分の領域内」で決めている。これでは、自分の堅い殻を破ることは出来ない。熱くも、冷たくもない中庸(チュウヨウ)は、勝利者イエスからは「吐き出される」だから、熱い神の愛の中に、篤い信仰の情熱を燃やすのである。神の愛の御業と聖霊の働く「領域」に飛び込むことが神に受け容れられる「生ぬるくない」クリスチャンである。  † 暗闇の領域。 現代人は、時代の科学的で実証的な世界を常識として生きている。その行き方を突き詰めて行くと、人間は行き詰まる。なぜなら人間は霊的存在だからである。私達は人間についての研究から神に到達しない。神は「無からの創造者」で完全な善であり、世界を造り人間を造られた。「そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった」創1・31) 完全な善なる世界が全てであった。しかし、悪が出現する。人格的な悪魔の奸計(カンケイ)によって人間は罪を犯し、悪の世界に繋がれた。神は悪(罪)を善なる世界に置くことは出来ない。それで、悪魔と悪に属するものの領域「地獄」を用意された。神は悪魔の支配下にある人々を救う十字架の福音を与えられた。「・・・ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです」2ペテ3・9)主の再臨されるのが遅い理由である。今、大きな力を持つ暗闇の勢力は全世界に及んでいる。しかし、神はご自身の善なる世界の外に置いた「地獄(火の海)」 に、とこしえに投げ込まれるのである。

「領域を意識する」(3)

「領域を意識する」(3) † 来なさい。 イエスの招きは「私について来なさい」マタイ4・19)ということが本命である。信仰は主イエスに倣い、従う事だからである。このように主イエスについて行く信仰が、健全な私達の領域である。主イエスはご自身(神)の領域に、来なさいと招かれたことがある。「すると、ペテロが答えて言った。「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください」マタイ14・18)すると、イエスは「来なさい」と言われた(19)水の上に立ち、歩かれる領域は、超越的な神のものである。ペテロは賢明にも、主イエスに「お命じになってください」と言った。これがなければ、人間は神の領域に入る事が出来ないからである。この事から教えられる重要なことは、ペテロのような信仰のセンス(感覚)を、私達も持って良いことだ。もし、主イエスとの親密な交わりがあるなら、親密な会話も生まれる。「来なさい」という、主の御声を聞く事もあるのである。主に愛される子供には、限りない神からの特権があるのである。   † 安全確保。 現在の深刻な問題は、コロナ感染の拡大である。安全の領域を意識して守っていた。三年間を守られてきた、ワクチンも四回接種した。コロナがBA・5に形を変え、感染率が非常に高いことを聞かされてきた。いつもの生活の中で軽い頭痛がおこった。冷房のない暑い部屋であったが、体温は37度をこえていた。教会の牧師室に引っ越して、次の朝、抗原検査に行ったら陽性とわかった。風邪を引いたな、というのが自らの感覚で、まさかコロナに感染したとは思えなかった。翌日の朝の体温は36・5度で普通なのだが、自宅療養となると、行政の経過観察という管理下におかれる。まさに、個人としての、コロナに対する安全の領域が崩されたのである。家族が被る負担は大きく、社会と暮らしの構造を破壊した、恐ろしい見えない敵である。見えない敵は他にもいる。「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです」エペソ6・12)私達キリスト者しか理解できない、人間の最大の脅威である。しかし主に従う人は打ち勝てる。信仰は、見えない敵を見させるからである。

「領域を意識する」(2)

「領域を意識する」(2)  † まことの自由奔放。 私達は神の子供である。と言う観点から見ると、罪と世の桎梏(シッコク)からの自由が思い浮かぶ。自由とはあらゆる束縛からの解放である。奔放とは、どういうことか?一般的な意味では「思うままに振る舞う」「常規に従わないで自由である」「ほとばしること」などの意味を持つ。「・・・・あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします」ヨハネ8・32)ここには、奥深い自由が宣べられていると思う。神の特権を与えられた子供としての自由と奔放さである。例えば、父親に子供がわがまま放題だが、父親が愛情深く子供を受け容れている。ほとぼしる子供の姿が好きなのである。このような情景が、天の父と、私たちの生きた交わりであり、関係である。「あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父。」と呼びます」ロマ8・15)神の子供は「天のお父ちゃん」に、無邪気に走りより、振る舞う特権を持つ。私達は、まことの天の父にまとわりつく、自由奔放の領域の中におかれ、生かされている。   † 境界線と人間。 子供の頃、村に騒動が起こった。山の地境(杭)が不法に移動されており、その分の木材が切り出されていた。いわゆる地境のトラブルである。「『隣人の地境を移す者はのろわれる。』民はみな、アーメンと言いなさい」申命27・17)このような地境の問題は、今日では国際的な問題である。日本は竹島、尖閣諸島、北方領土に問題をもつ。ロシアの固有の領土宣言で、ウクライナは戦争を仕掛けられ、領土を奪われようとしている。「何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いがあるのでしょう。あなたがたのからだの中で戦う欲望が原因ではありませんか」ヤコブ4・1)人間が神の恐ろしさを認めないならば、自分のために地境を移すような事をする。欲心のために領域を守れないならば、神からの悲劇が見舞うことになる。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする。」また、「主がその民をさばかれる。」と言われる方を知っています」ヘブル10・30)あるべき心の領域を守ろう。自らの行動の領域を、神の御心として、実践して行こう。神を畏れつつ歩み、確実な永遠の報いを得るように生きて行こう。

「領域を意識する」(1)

「領域を意識する」(1) † 残溝(コウ)が少ない。 自動車のタイヤには縦横の溝がある。長く車を使い続けると、当然ながら、タイヤが摩耗して、その溝が浅くなる。タイヤの大きさにもよるが8ミリの溝がある。前輪の溝が4ミリになったら取り換えるよう勧められる。後輪は3・8ミリとされる。その理由はブレーキを掛けた時、止まるまでの距離が長くなる。濡れた道路などでは、さらに停止距離が伸び、スリップも起こる。タイヤを替える気がなかったのだが、前輪がパンク(破裂)で取り換えざるを得なくなった。溝が4ミリを下回っていたので、前輪の2本を取り換えることで「領域」を守る事に落着した。このタイヤ問題は小さいと思える。しかし、ブレーキが利かず事故でも起こした場合には、不良タイヤを使用していた。となり、大きな代償を求められることになる。聖書も、何事にも守るべき領域がある事を教えている。「また、主は、自分の領域を守らず、自分のおるべき所を捨てた御使いたちを、大いなる日のさばきのために、永遠の束縛をもって、暗やみの下に閉じ込められました」ユダ1・6)国際的な「領空」「領海」も同じく、領域を無視する行為には、世界からの手厳しい評価に晒(サラ)される。私達も霊的領域を堅持して平安を守ろう。  † 危険の基準。 世界中で起こっている事は、干ばつと大洪水である。世界中で山火事が起こるのも、極度の日照り(乾燥)による。この季節に毎年聞かされる気象用語がある「線状降水帯」である。東北では、今までに無い豪雨となり、河川の氾濫によって洪水に見舞われている。危険水域の基準が、いとも易々と越えられてしまう時代になってしまった。安全の領域を今までよりも高くして、見合った対策と生きてゆく生活の場をより安全にする事を余儀なくされている。日本列島は全域で、台風並み、それ以上の、長時間の線状降水帯が発生する。伊勢湾台風では電柱も家も倒れ、元通りになるには大変だった。日本の各地で河川の氾濫による浸水被害にある方々を思うと、その大変さに心が痛む。「私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています」ロマ8・22)自然界は人間の罪の結果、混乱し秩序を失っているのである。

「入れ換える」(7)

「入れ換える」(7) † 換えた生き方。 変わったでも、代わったでも、替わったでもない生き方が、換えらた生き方だと思う。元に戻れない「入れ換え」がされてしまった。という意味で、とてつもなく喜ばしいことなのである。これは「私の福音」であり思想であり、哲学でもある。この思想と信仰はもともと聖書に明確に書かれていることで、何も独自のことではない。信仰という内容の幅が広いので「キリストを救い主として信じる」という言葉が信仰の公称となる。私は「換えられた」という意味を信仰に持ち込んでいるのである。「・・・・私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。・・・・」ガラテヤ2・20)ユダヤ教にも、イスラム教にも、仏教にも、もろもろの宗教にもない、新しい人間の「様(在り方)」が、唯一、ここにある。神の御心は、御子の十字架に、使徒パウロと同じく、私をも完全に十字架につけられた。何が換わったのか「キリスト我にありて生き給うなり」 に換わったのである。死んだ者が元に戻れないように、十字架に死んだ者の中に、キリストが生きられるので、キリストの信仰の中に生きられるのである。  † 世界は入れ換わらない。 もの凄く否定的な表現が聖書にはされている。「・・・・全世界は悪い者の支配下にあることを知っています」1ヨハネ5・19)日本のみならず某国のみならず、全世界は「悪い者の支配」の下に置かれているという。最善で悪のない全能の神は、この悪の世界に打ち勝つ「善」を行われた。それが永遠の定めをもたらす、超大な神の業としての、神の受肉、十字架の罪の身代わり、永遠の勝利としての復活であった。これからも地球には未曾有の大災害、悪の憎悪に満ちた覇権、遂には互いの愛が冷えてしまう。「あなたがたに言っておくが、神はすみやかにさばいてくださるであろう。しかし、人の子が来るとき、地上に信仰が見られるであろうか」ルカ18・8)主のご心配は、再臨の時に「神への全き信頼を保つ」という信仰があるのか?と言う事である。この世の者であった私達だが、今は「神の御国の生命」の中に、入れわっ換わったのだから、どんな時にも信仰の火を燃やし、備えの油を絶やさず「イエスから目を離さない」ヘブル12・2)ことである。