「入れ換える」(3)

「入れ換える」(3)    † 連続の非連続。  「通る」と言うことはいろいろな意味で用いられる。著名な学者に対しても「彼は○○を通っていない」要するに、重要な学説や、人物について未学である事を指して使われる。学者ともなると、多くをマスターして、落ち度のない論理を求められるわけである。学び舎で、教授が特に強く訴えた重要事項が「連続の非連続」であった。幅広く用いられる言葉のようであるが、信仰の内容について語られたように思い出す。私達は生き続ける事を連続しているという。しかし、キリストの救いを信じた時、連続は断ち切られた、非連続が発生した。キリストを知らないで連続して生きていた自分は、十字架の救いを基点に、キリストを知る神の子に「入れ換わった」これが「連続の非連続」である。その儀式が「洗礼式」で「私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです」ロマ6・4) 「葬られた」とは連続の終わりである。「非連続」の意味がわかれば、新しい歩みを主なる神が導かれるのである。  † 自分でない自分を見る。  これは二重人格の話ではない。主なる神が聖書で約束されている「新しい人」としての自分である。「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」2コリント5・17)このように入れ換えられた自分を「見る」と言うことは驚きである。最たる実例は主イエスである。全き人間でありながら、神であることを生きられた。今や信仰によって、私達も人間でありながら「神の子」という特権を持って生きるのである。そこで大事なのは、主が父なる神に倣って生きられたように、私も主を見上げて聞く事、見る事、行う事、語る事に努め、悟りを広げ、知っていく事である。そのようにして新しい自分を見れるのである。それを一番の務めとして喜びながら、主の知恵を頂き、主の生命と御力を解放し、真理の奥義を教えられ、新しいことをやりだして行く。まさに、老いることを忘れてしまう新しい挑戦である。そして、今まで以上に神の子の特権を行使できると思う。

「入れ換える」(2)

「入れ換える」(2) † 真実が上塗りされている。 聖書はなぜ「あなたがたは、苦しみなさい。悲しみなさい。泣きなさい。あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい」ヤコブ4・9)と、語るのであろうか?それは新約時代の一世紀も、今日も教会は同じ問題を抱えているからである。現代は特にそうだが、教会は人間の好むことに逆らわない。人間の嫌う言葉を封印し、楽しさと喜びを提供し、素晴らしい音楽に招き入れる。これが未信者のための招きの集会で行われるのなら理解されよう。しかし、終末時代に生きている私達を、忘れさせるような喜びと楽しみの教会は、どうなるか?「愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった」マタイ25・3)のような教会になる。笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい。とは、「喜び、楽しみ」の自己欲求の生き方から、悔い改め、砕かれた心で神に従う生き方をせよ。すなわち「変えなさい」→[英] turned→[ギ]メタストレフォ「変換せよ」となる。クリスチャンは、人間の真実のために「泣き・悲しみ・嘆き」に変換された人種なのである。だからこそ、主なる神の慈愛の中に私達は生かされる。また裁きの座にあって、勝ち誇れるものとなるのである。  † 主イエスが私を変換された。 単に変えられたものは、またもとに戻る。どんなに美しくメッキがされても、いつしかメッキは剥がれ地金が現れる。「新しく生まれた人」は、御子イエスの御業を通して、新しい質に変換されているのである。問題は、変換された内容がわからない人間である。罪から救われた事を信じているが「神の宮に、神の子供の特権」へ質が変換された驚きや、真理の喜びが爆発しない。これは、豊かな現代の中に生きるキリスト者の持つ信仰の障害である。今まで思うように生きてきた事が、安全の保証となり、神への全き信頼をはぐらかしているのである。しかし主なる神は、その様な私達を知っておられる。主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである」ヘブル12・6)変換されている「質」そのものが現れるように、火を持って精錬される。すると、「・・・・私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています・・・・」 ピリピ3・8)と心から、告白できる者になる。

「入れ換える」(1)

「入れ換える」(1) † 確実に換える。 換える、代える、替える、変える。という言い方がある。これから用いるのは「換える」である。換えるは「交換」の意味で使うのが、ほかの「かえる」との違いに挙げられる。「あるものと引き換えにあるものを得る」 「あるものを手放すことによって、別のあるものを手に入れる」さて、新会堂も献堂から17年が経ち空調の経年年数を超える時期になった。今後の故障に部品の調達が出来なくなるのである。この度、最終的な点検と部品交換を行い、3~5年をめどに機器の入れ換えを求められる。ガスの空調機から電気の空調機に換えることになる。小さな一室で冷房を使うと、大きな室外ユニットが稼働し大きな燃費のロスが生まれる。これが今の現状である。このロスを解消する入れ換えの手始めとして、3階の三つの部屋に、個別の電気エアコンを設置する。ガスからの電気への入れ換えである。燃費の軽減を図る第一歩である。なぜか?今のガス空調機を、新しい同じ機器に取り換えると700万円の見積もりである。私達の教会としては、新しい発想による転換で、設置経費も安い電気による空調に切り換わる事になるのである。 † 自らを手放す。 あるものを手放し、あるものを手に入れる。その、あるものを自分にする。そして自分を手放す。誰に?主なる神にである。何が想像できるか?どの様な「あるもの」を手に入れられるか?真実の「愛」を考えてみるとわかる。愛は、自分の一切を与え尽くす(手放す)ことなのである。主なる神は御子を私達に与え尽くされたのである。だから、これが愛の中の愛(無償の愛)アガペーである。この信仰の知識に従って、私自身を神に手放すことは、主なる神への真実な応答となる。「自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることはできません」ルカ24・27)自分の十字架を負うとは、主なる神の真実に答えて、自らの全てを、主イエスに「手放した」姿である。自分の「あるもの」を手放すとは、一部分を意味する。弟子になれないでいるとすれば、未だ自分は自分として生きて、主なる神に、全てを手放していないと言う事である。主に全てを手放せば、主なる神が、私に換わって、生きて下さるのである。

「両刃の剣を握る」(7)

「両刃の剣を握る」(7) † 安心の土台。 人は安心を得るために懸命に生きて、安心の実態を得たいのである。私達がキリスト者であると言うことは、その確実な安心のためであると言えよう。但し、必ず大金持ちになるとか、必ず病気にはならないという保証付きではない。それ以上に重要な「安心」の事実が約束されているのである。「イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです」ヨハネ11・25)罪の赦しが伴い、地獄の刑罰が免除されている。そして何よりも新しい「安心の人生」が与えられるのである。「神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです」ロマ8・14)神の子供とされ、神の御霊に導かれるので、確実な「安心」がある。このように、キリスト者は、この世の生において、神の御霊に導かれることが最重要なことなのだ。その結果、生活が祝福されるのである。では、何が両刃の剣となるのか?偉大な安心を与えられた私達が、神の御霊に導かれることよりも、自分の考えて求める安心に、導きを求める事だ。神は義の審判者として、その不従順を裁かれる。その人はかろうじて「・・・・自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります」1コリ3・15)一方、神の御霊に導かれる人は天に宝を積むのである。 † 人を活かす両刃の剣。 両刃とは、私達の現在の「生と死」であると考えたい。今の生は、既に死を克服した「生」である。その実証は、私が生きているのに「死んでいる」という事実がなければ成り立たない。でなけれは、私達は口先の信仰を唱えているだけである。「自分が明確に死んでいる」事実を提示しない信仰は「死」の欠けた信仰ともなる。キリストも「死」があって「生(復活)」があった様に、キリスト信仰には、私が明確に死んだという奥義を実証すべきなのである。サタンはこの奥義の明確化を恐れている。キリストの命が、信仰に、教会に爆発的な力を現すからである。「私はキリストとともに十字架につけられました。・・」ガラテヤ2・20)同じように、私達は最大級の喜ばしい事実として「自らの死を」宣言する。父なる神は御子の死を最大に評価された。私達も十字架に自らを「つけている」なら、あなたと人生に神の生命が現される。これが生と死の両刃の奥義となるのである。

「両刃の剣を握る」(6)

「両刃の剣を握る」(6)   †  楽あれば苦あり。 江戸のいろはかるたにある言葉で、苦あれば楽ありとも言われる。人生を言い当てた言葉として知られている。楽をする、と言う意味には「怠ける」と言うことも含まれていて、そのお返しとして「苦しみ(厳しい要求)」がやってくる事を警告している。パナソニックの創始者の松下幸之助は、家内工場から辛苦を糧として、努力に努力を重ねた。経営の神様とも言われるほどになった。その経営の土台は、従業員を家族として苦楽を共にする精神にある。苦労が多かったことが、楽を共有する事を理念とした。高度成長期に事業が繁栄した若き事業家が大勢いた。そのような楽な時に、次の時代に備えなかった者は、時代の波にのまれて破綻してしまった。景気が糸偏から金偏へ、今やデジタルとかハイテクと言うのだろうか?いずれにしても、人生には知恵が求められる。「知恵の初めに、知恵を得よ。あなたのすべての財産をかけて、悟りを得よ」箴言4・7)それは永遠に生きるための知恵である。持てる財産に執着し、永遠に生きられる知恵に盲目になるなら、永遠の苦も刈り取るのである。   †  神のみが知る人の未来。 戦争を仕掛け、近代兵器で都市を壊滅させ、当然ながら限りない人命を死に追いやった。人間が、自身の正当化を訴えて出来る仕業である。ローマ帝国時代後期に、カイザル(皇帝)を礼拝する法律を作り、これまでの宥和(ユウワ)政策の信教の自由を撤廃した。それによって、ロマ帝国内のキリスト者を、カイザルへの反逆者として、あらゆる方法で迫害し死に追いやった。こういった法律も非常に個人的な邪悪な心情によって作られるのである。大義名分のもとに、行動の理由ずけをし、根拠として大量殺戮も平然と行う。救い主キリストも裏切り行為によって捕らえられ、死刑を宣告される。「確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。しかし、人の子を裏切るような人間はのろわれます。そういう人は生まれなかったほうがよかったのです」マタイ26・24) このユダは極みまで神に愛された人だった。しかし、神の真実と正義に逆い、自分の立場を楯に暴虐を行う者は、神の 審きで地獄行きの罰を受ける。「そういう人は生まれなかった方が良かったのです」 そこに落着がある。

「両刃の剣を握る」(5)

「両刃の剣を握る」(5) † 規制か自由か? アメリカには痛ましい事件が多い。この度の銃による乱射事件である。米テキサス州南部ユヴァルディの小学校で、小学生19人と、教師2人が犠牲になった。銃の規制を叫ぶ民主党と、銃規制に否定的な共和党の対立が、平行線のまま続いている。共和党は保守的キリスト教団体を基盤とし、銃規制に強く反対するNRA(全米ライフル協会)会員数500万人も有力な支持団体としている。設立されたのは1871年の南北戦争直後という歴史の古さである。キリスト教国としての、クリスチャンの役割は大きいはずだ。福音に根ざした論理が影を潜めるようでは、人々は立ち上がる力を失ってしまうだろう。身の安全のための銃の所持が、銃を所持していない、多くの人々の命を奪う絶え間ない事件が社会現象となっている。その原因を「銃が人を殺すのではなく人が人を殺すのだ」と言い逃れるのである。「そのとき、イエスは彼に言われた。「剣をもとに納めなさい。剣を取る者はみな剣で滅びます」マタイ26・52)アメリカはいつまで、身を切るもろ刃の剣を握り続けるのか?・・・・代償の余りの大きさに痛みが伝わってくる。 † 霊的な両刃とは。 教会は霊的な実績を求めている。教会の具体的な成長を見ることであり、教会の増殖(セル活動の拡大)である。教会施設以上に福音宣教の実質が重要である。霊的な力が、力ある教会(兄弟姉妹)を生み出し、宣教の実際に至る。第一に、イエス・キリストは神の具体的な力である。第二は、信じる信徒(私達)が、神の力を身に帯びる事である。世の力に対抗出来る証詞力があることだ。私達は、聖書を学ぶ信仰の理解者であるが、それ以上に隣人に福音の影響力を与えるのである。「ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです」1ペテロ5・6)へりくだるとは、私の中にある、キリストの神聖にふさわしくない欲望や、性質を切り取られる事を、神に許可を与えることである。神の両刃に切られるなら、キリストにある、恵と力に満たされる。贈り物として偉大な約束を与えられる。これが力ある霊的なキリストの資質と力とを身に帯びるのだ。

「両刃の剣を握る」(4)

「両刃の剣を握る」(4)       † どんでん返し。 コロナウイルスによるバンデミックが三年に及んで、未だに終息のめどが立たない。全世界で627万人もの人が亡くなった。人間の文明が進むことによって、地球の自然環境は侵食され、破壊されてきた。自然の環境の中に息づいていた原生ウイルスは、破壊者によって目ざめるに至る。ウイルスの逆襲が人類を襲うわけである。このようなことは、これからも起こることに違いない。人間は被った打撃にはしばらくは静かにするが、またもや欲望に駆(カ)られて動き出してしまうのである。甘い汁を求めることは、両刃の剣となる、自分も大きく傷つくリスクを背負うことだ。オゾン層の破壊現象も、人間の消費文化と利便性を優先する人間の欲望が生みだしたものである。自然環境を侵略すれば、その、お返しが必ずある。日本が、時の勢いにまかせて侵略戦争を起こしたが、その、どんでん返しは、いかほどに大きな代償であったか。ロシアのウクライナ侵攻によって、どれ程の代償を負わなければならないか見物である。      † 車輪は回転する。 車輪の頂点にある所は、一回転すると最も低い位置(下)になる。その逆も然りで、最も下にある所は頂点に達する。世の中を見渡せば、このような現象が人生に起こる出来事だとわかる。「私は奴隷たちが馬に乗り、君主たちが奴隷のように地を歩くのを見た」 伝道10・7)賢いソロモン王はこの現実を見て、戸惑いを感じたのだ。第一に不条理過ぎる。しかし、現実に、ずる賢い者が世の中の高い地位について、時代のために有能な人が、かえって日陰の目立たない所に置かれる。だが、全世界の神であり全能者は、時が満ちるまで、ご自分のしもべである私達の中に働いて、ご自身を現される。まことに、神に選ばれた私達が、王として、祭司として「神の国」を築き上げているのである。間もなく、王の王のキリストが王座につかれる。そのために、私達はキリストの来臨に備えているのである。今や栄華を誇るサタンの支配も、終わりに近いのだ。私達は、キリストに義とされた兵士でもある、聖なる武具を身につけ、惜しみない名誉と価値を与えられ、信仰に立って歩みを続けている。そして、神の摂理の車輪は確実に頂点に向かって動き続けているのである。

「両刃の剣を握る」(3)

「両刃の剣を握る」(3) †  刃を砥ぐ砥石。 「研(ト)ぐ」目的は鋭く切れるようにすることである。両刃であっても研がれないと切れない。包丁でさえ刃先が摩耗(マモウ)すれば、切れないことにイライラする。木を切る鋸(ノコギリ)も同じで、扱いを知らない人が無理をして使ったり、刃先を痛めたりすると、真っ直ぐに切れず歪んでしまう。本職の職人は常に手にする道具(鑿(ノミ)、鉋(カンナ)、鋸)などの切れ味を鋭い状態にしている。鋸は専門の研ぎ屋(目立て職人)に委せるのが普通である。それほどに高度な技術を要する。カンナやノミは砥石を持って研ぎ上げる。鋼(ハガネ)の硬さや性質によって、刃先の仕上げ方がある。このことから学べることは、主なる神は、個々の私達を「研いで」鍛えて、建て上げられる「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる」ヘブル12・11)人生を神に研がれて鍛えられ、役立つ者にされるのである。その人の信仰は切れ味鋭く、その人は暗闇を切り裂く福音の使者とされる。   † 自らが切られる。 切られる。と言うことは怪我をする、または痛いという事だ。しかし、切られるとは死を意味するのではないか? 私達は聖なる神を信じる。また、神の義(正しさ)を信じる。このことは必然的に、神に似るように求められる「それは『わたしが聖であるから、あなたがたも、聖でなければならない。』と書いてあるからです」1ペテロ1・16)そうすると、私の内容のふさわしくない部分は「切り取られる」対象である。私の肉の性質がありのままであり、私の内容に悪魔の要塞となる部分があるならば、私は聖でも義でもない。神の愛を、十字架の赦しを隠れ蓑(ミノ)にしているに過ぎない。このことに気づいて覚悟した。自らを晒(サラ)して現そうと。神の聖と義の両刃の剣に切られることを受け入れたのである。それが私のキリスト信仰の内容になった。十字架と復活と聖霊の力の福音が、私とオーバーラップ(重なり合う)自然体が生みだされてきた。国籍を天に持ち、今は地上で福音を喜び、楽しみながら生きる事を赦されている。主なる神の幸いなご計画に感謝し、御名をほめたたえるのである。 

「両刃の剣を握る」(2)

「両刃の剣を握る」(2) †  懲らしめられる幸い。  母の日である。母は子を教え諭して、賢く育てる。「彼は懲らしめがないために死に、その愚かさが大きいためにあやまちを犯す」箴言5・23)懲らしめがない、とは、叱られたことがないほどに甘やかされ、心が成長していない子供のことである。「わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである」ヘブル12・5-6)私達が教会に集う目的は、年令に関係なく、神の子供として、聖なる父(神)から訓戒(懲らしめ)を受け、世の中の罪悪の力に屈しないで、正義を重んじ人々を愛する生活をして行くためである。母は賢く我が子の心を見抜いて、正しく叱り、愛情を注いで勇気を持たせてくれる。神は、聖書の言葉を通して、全ての人に自信と力を与え活かして下さる。このように人生を切り開き、知恵と知識の鋭い両刃の剣を握る者となる。母が聖書に従い、子を育てることは、最高の人生を与えることである。 † 慈しみと厳しさ。 「見てごらんなさい。神のいつくしみときびしさを。倒れた者の上にあるのは、きびしさです。あなたの上にあるのは、神のいつくしみです。ただし、あなたがそのいつくしみの中にとどまっていればであって、そうでなければ、あなたも切り落とされるのです」ロマ11・22)「慈しみと厳しさ」は、相対する言葉だ、まさに鋭い両刃の切れ味を感じる。私達が受け取った、神の慈しみの中に留まり続ける限り、神の厳しさに切り落とされて、倒れることはない。私達は、神の御言葉を軽んじないよう注意しよう。「主は彼の前を通り過ぎるとき、宣言された。「主、主は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みとまことに富み、恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者、罰すべき者は必ず罰して報いる者。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に」出エ34・6-7)父は私達に憐れみと、恵みを千代までにも与えようとされている。私達は十字架の愛で罪の刑罰を赦された。その恩義を忘れず、この父の慈しみの中に生き続けるのだ。そうすれば三代、四代にまで続く神の呪いの罰を、私達から、永遠に追い払う事が出来るのである。ハレルヤ!

「両刃の剣を握る」(1)

「両刃の剣を握る」(1)  † 聖書の両刃の剣。 世の中の常識的な「両刃の剣」と言う意味は、相手を切ろうと剣を振りかざすとき、自分も傷をおう可能性がある。また相手に打撃を与えても、それなりの打撃も受けること。日本刀と違って片刃ではなく、自分に面する裏側にも刃があるので、危険性を持つのである。聖書にも、この両刃の剣が出てくる。「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄を分けるまでに刺し貫き、心の思いやはかりごとを見分けることができます」ヘブル4・12)神の言葉は、私達の救いを保証する約束の言葉である。しかし神の言葉は、今も力強く活きて働いている。しかも両刃の剣よりも「鋭く」私達の霊と魂を刺し貫く。誰が刺し貫かれるのか、現在の私達クリスチャンである。では、私達は神の言葉で傷つき打撃を受けるのであろうか?・・・・決してそうではない。ただ、キリスト信仰を公言しながらも、主イエスに対する「心の信仰」を実際に発揮していない人々の、不誠実さや勤勉さの欠如を、刺し通して明らかにされる。誰も隠しきれないのだから、悔い改めよ。と、言われるのである。人間の肉性には鋭く刺し通す両刃の剣なのである。  †  聖書のアイロニー。 聖書は実に機知に富んだ書である。要するにアイロニーに富んでいる。先頃もヤコブ書3章の御言葉を暗唱した「私たちは、舌で、主であり父である肩をほめたたえ、同じ舌で、神の似姿に造られた人間を呪います。同じ口から、賛美と呪いが出て来るのです」9-10節)自分の実態を言い当てられて、誰も返す言葉もないわけだ。私達は日常生活の中で、両刃の剣を握らせられている。上記の「舌」である。善の世界を生みだすことも出来、悪の地獄を生みだす事にもなる。常にキリストの支配下にある事が、私達の最善である。と、いうことが語られているのである。人間の努力で、舌(唇)を制する事など出来ないからである。善と愛の最高位にして、最も恐るべき審判者である主なる神を畏れる事が、最も知恵があり、分別のある人なのである。「主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ」箴言1・7) 知恵が分別となり、自己を制御する力となるので、舌もまた制御されるのである。