「らしく生きる」(1)

「らしく生きる」(1) † クリスチャン以前に。 19才の時に宣教師に出会って、キリスト教会の交わりに加えられた。しかしそれまでに聖書を買い求めて読み始めていた。ガイドブックもなく、ひたすらに修養の書としていた。信じるならキリスト教だと人にも言っていた。「主婦の友」創設者の石川武美著「信仰雑話」を手元に置いて、信仰の一端を知ろうとしていた。なぜかというと、私の内に多くの弱さがあり、克服する必要があると思っていたからである。要するに「男らしくない」自らを鍛えたかったのである。未熟な19才の置かれた環境と、課せられた運命の桎梏(シッコク)に、もがいていたのである。たとえどのようであれ、後ろ指を指されるような男には成りたくなかったのである。今は牧師だが、あの時、一歩間違えば社会主義者になっていた可能性がある。人間の完全な自由と、人間の完全な権利こそ、男として追及すべき事柄であると思っていた。巷の淫蕩や放蕩は、自らを失うことになり、男らしくない思えた。「男」らしくある。ということは、信仰が有る無しに関係なく、良心に恥じない「らしさ」を生きて行きたい。  † ふさわしく在る。 するとイエスは彼に言われた。「だれでも、手を鋤につけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません」ルカ9・62)らしく生きる事は、ふさわしく生きる。と言う事である。ふさわしいとふさわしくない。らしいと、らしくないが、私につきまとっている。大局的には、上掲の主イエスの言葉が言い表している。神の国にふさわしいのは、うしろのもの(過去を、棄て去ったものを、以前の快楽を、家族愛との別かれ)を振り返らず、前に置かれている、与えられる栄光と祝福に向かって歩み続けるのである。手にある鋤(鋭い御言葉)で現在を新にしてゆく事である。この事で神の国にある喜びと感謝が溢れてくる。「信仰によって前に進んでいる」この「絵」状況が、私達にふさわしい。クリスチャンらしい幸いな進行形である。この人は従順なので、神の国の奉仕が出来る人で、イエスの弟子と言われる人になる。神の国にふさわしい、らしい人には「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です」2テモテ1・7)が注がれる。

「歩み出すとき」(7)

「歩み出すとき」(7) † 期待と希望に向かう。 一月も中ばを迎えた。多くの人の歩み出しを聞いたが、特別な歩み出しをしていない人もいるようである。確かに、振り返ってみれば、毎年同じように生きており、決心したことも、日常の事柄に流される経験をしてまうからだろう。三日坊主に終わることを恐れることもあるかも知れない。しかしながら、神を信じる者にとって、期待し希望することは信仰の生命線である。そこには、私という実在が神と係わっているのだから、自分から神と係わらせることが信仰となる。神がして下さるのは、私の信仰があってのことである。この意味で誓願を立てること、嘆願することが年の初めに相応(フサワ)しい。強い教会、力のある教会とは当然、信仰のある教会である。即ち、人としてのクリスチャンが神に願いを持ち、期待し希望している多さと、大きさに現れる。教会の安定期とは信仰がなくても、組織的に事が運び安泰で、成るように成る事である。信仰の停滞期となる。神に期待し祈るよりは、自分の事柄に向かうようになり霊的な衰退が起こる。その回避のため、信仰の刷新を目指そう。 † 一人の救いのために。 私達の教会は「一人の救いのために何でもする」という宣教理念で動いている。そして「人にはできないが神には出来る」マルコ10・27口語訳)という神信頼である。何でもするという人の在り方と、神には出来るという信頼が、同時進行していることを忘れない事だ。可児福音教会の生命線は、当事者である会員の信仰の内容に置かれる。神には何でも出来る事は、ゼロから起こされた、私達の教会の歴史に証明されている。また、聖霊の力ある不思議と徴を通しても証明されている。今までは良いとして、これからも、同じ信仰を継承できるならば、私達と共に聖霊が伴い、神の「何でも出来る」御業が起こされるのである。それを呼び込むのは「一人の救いのために何でもする」という動的な信仰の行いである。このために前に向かって行くならば、この地域における、宣教による神の国はもっと強くなり、大きくなる。ヨシュアとカレブのような戦士となって叫ぶことだ「主が私たちとともにおられるのだ・・・・恐れてはならない」民14・9)私達の目を主イエスに注ぎ、愛と真実を握って、立ち上がろう。

「歩み出すとき」(6)

「歩み出すとき」(6) † 本物に向かって。 偽物が本物になれる道があるのか?例えば人工ダイヤモンドは本物になれる過程(プロセス)があるのか?可能性をいまだ聞いたことがない。取り上げたいのは、そういった元素的な違いではなく、努力や精進によって、未熟なものが熟達する過程である。この意味での人間は得意分野としている。プロフェショナル(能力が高く、技に優れ、その仕事に確かさがある)要するに本物(プロ) になれる。とても喜ばしいことで、人生の醍醐味でもある。中には人間国宝とさえ言われる超人も生まれる。人間である限り偽物はいない。本物から見れば未熟なだけである。今年の大きな喜びは、未熟さから本物になる事を目指せることである。私達クリスチャンの確信は100年前も今も、2000年前も今も、信仰の世界、霊的世界は何ら変わらない、時代が進んで、多くの信仰の証人が増えたことであり、聖書の真理がより良く解明されていることである。今が最も幸いな時代なのである。それなのに未熟な信仰のままでは、主なる神に申し開きができない。成熟し本物に成ってキリストの香りがただようような者に、向かって行きたいのである。  † 一つである。  「しかし、必要なことは一つだけです。・・」ルカ10:42)人間が生きるためには余りにも多くの必要があるのに、主イエスは「一つだけ」と言われた。これを極めることが私達人間の重要な課題である。主イエスは永遠の価値において言われたし、神としても「一つだ」と言われたのである。「私は、幼子であったときには、幼子として話し、幼子として思い、幼子として考えましたが、大人になったとき、幼子のことはやめました」1コリ13:11)思春期になり、壮年になっても、世の執着が支配するとしたら、主イエスとは異なる考えに支配されているのだ。物語を語って説明することと、主イエスの「必要な一つ」に実存して生きる事とは、雲泥の差がある。宗教的な生き方をするのでなく、御言葉の真理に這入(ハイ)り込んで生きてゆくことが、必要な「一つ」なのである。そういった模範者が教会には必要である。私の若く未熟な時に、信仰に熟達した模範者が居られて教えられた。これを誰かに期待するのではなく、自らが、主イエスの言われた「必要な一つ」を喜び、楽しんで歩む事である。

「歩み出すとき」(5)

「歩み出すとき」(5)   † 新に歩みだす時。新年の喜びは期待に心が弾んでいる。「新しい」ことを全てに適用できる幸いがあるからだ。第一に、新しい主なる神のお導きが始まった。なによりも期待して間違いのない祝福があるからだ。第二は、私の志を主なる神が、新に実現させて下さることだ。「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです」ピリピ2・13)私達の中に生き続ける「志」が、新に実現されて行くのである。それは、家族の救いではないか?親しい隣人の回心への導きではないか?私達がクリスチャンとして、この「志」が新に掲げられるのである。まず、この年の初めに、最も大切だと、指し示す御言葉に従う「志」を強くしたい。第三に、さらに新に、恵みと祝福に成長しょう。私達は日々に新しくされて行く特権を持っている。停滞して留まると「死海」のように命を失う。そう成らないために「生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求め・・・・」1ペテ2・2)新に、私達は霊的な命を豊かにし、神の恵みと祝福の一年とされるのである。  † 信頼を捨て去らない。 信仰とは「信頼する事」に他ならない。サタンは神の存在を明確に信じているが、神を信頼してはいない。神を信じていても「信頼していない」という現実を恐れる。私達が人間である限り起こりうるのである。自分でできること、即ち、習熟して持っている能力は、自然にできる力である。世の中は一人一人の能力によって集合された世界である。飛行機に乗るのも恐れず、自分で車を運転するのも恐れない。これは無意識のうちに自然で、信じなくてもできている。神に在るという私達は、神に依存しているということである。私達は全ての事を、主の御名を通して行う。危険でもなく普通の事柄でも、主の御名を通してする。「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい」1コリ10・31)神を信頼する人は、当たり前で自然のことでも、主の御名を崇めて行うのである。その習慣ができると、未知の事柄にも、想定外のことにも、自分の力量に勝る事柄にも、神への信頼を持って前進できる。神への信頼を決して捨てない人となる。

「歩み出すとき」(4)

「歩み出すとき」(4)  † 良いことは忘れない事。 いよいよ主の降誕によって、新しい年が始まった。しかし、カレンダーでは年末である。目につくのは忘年会という、お決まりの言葉と宴会である。一年間の労苦を忘れ、親睦のために楽しむのも悪くはない。日本では12月の31日の大晦日に「年取り」の食事をする。この習慣は、新しい年を迎えるために、家族全員が正装し、一年で最も豪華な料理で祝う。そこには一年への感謝があり、祝う思いが溢れている。忘年のためではなく、生きて働き、戦ってきたことを讃えるためなのである。日本の習慣の中に、イスラエル的な感謝の祭りとよく似ている部分があるように思う。民族の歴史的な意味合いでは、イスラエルには及ばないが、私達は「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな」詩103・2)と、いう意味で、生まれて今日までの、そして今年一年の全てを、神の恵み(良くして下さった)として、感謝し、主なる神を讃えて、明日を、また新年を生きて行きたいのである。  † さらに真理を求める。 今になってわかることがある。それは年を経ることでしかわからない事だ。今頃、良く聞く言葉は100年時代という言葉だ。確かに今年、私の母は101才になる直前に、苦痛もなく直ぐに召された。認知もなく、寝たきりでもなかった。確かにその時代が来ていると思う。問題は身体的健康のみではなく、霊的で知性的な健康を増進することである。モーセは80才から40年間、霊的リーダーとして、新たな体験と知性を収得した特別な存在である。しかし、自分がそこに立ってみると、生きてきた全て、体験してきた全てが、主との関係でしかないことに気が付く。それが主に従う信仰生活の特典である。山の頂上からは全てが見渡せるように、それが霊的な経年者の実際である。ただ、明日のことは神のみぞ知られる。私達は明日を知らない。言える事はただ一つ、悔いることなく、主を知りたい。世界の全てに優る、主イエスの愛と真理の中に浸かりたいのである。「私たちはいつも心強いのです。そして、むしろ肉体を離れて、主のみもとにいるほうがよいと思っています」 2コリ5・8)これが地上に生きるクリスチャンの極致だと思うからである。

「歩み出すとき」(3)

「歩み出すとき」(3)  † 自由になれる道に。 自由とは、聖書的には広場の意味を持つ。広場を想像すれば、そこには圧迫するものがない。脅かすような何ものもない。物理的には、そういった、穏やかな空間に安らぐことである。また同時に、この広場には比較するものがない事を意味している。自由は「比較」する要素がないということである。自由になれない人の特長は、人との比較によって劣等感を持っている。常に比較によって自己を惨めな者として感じている。せっかくキリストを信じて、罪から解放されたのに、自覚的で感覚的な自由を得られていないのである。しかし私達には、キリストこそが「広場」そのものなのだ。キリストは私達を比較のない世界(広場)に、入れて下さっているのである。確かに人の心(魂)には、過去の様々な痛みや傷があって、自分ではどうにもならないものがある。このような不幸感があると、無意識のうちに身近な人と比較して、惨めさに囚(トラ)われ、不自由から脱出できないようになる。はっきり言えば、死ななければ治らない。しかし、生きながら死ねる道がある。キリストと共に十字架に死ねば、古い自分は過ぎ去り、真理の自由に喜び踊る自己を得るのである。  † 影響を与える人へ。 影響を与えられる人と、反応的な人がいる。どう違うのか?世界で最も影響を与えた人はイエス・キリストである。たった12名の弟子に教えられただけで、イエスの福音は全世界に行き渡っている。しかも、弟子達は高名な学者でも博士でもない、漁師達だった。こうしてみると、福音は世の中の知者や哲学や理論(学問)の助けを要しない、具体的な実際の出来事としての「神の生命」 だった。そのためには汗にまみれ、生きるため辛苦を味わっている素朴な人々の方が、神の出来事に相応しかったのだ。この漁師達は福音の受容者として、狂いも迷いもない使徒として福音を伝え、絶体的影響力を顕した。一方反応的な人とは「お金を持っていたら・・良い上司を持っていたら・・良い夫を持っていたら・・もっと自由な時間を持っていたら」と言うように、問題を社会や他人のせいにする。自らの内側から自らに働きかける「影響力」を持たないのである。影響を与える人は「自分にできる」可能性に関心を持ち、愛するという行動を持つ人である。

「歩み出すとき」(2)

歩みだすとき(2)  † 人は人私は私。 真の個人主義は、神を畏れる所にある。神を畏れるならば、兄弟姉妹を愛する(隣人愛)が生きている。人は人私は私という時には、人の事など関係ないということではない。神にあって、人の独自性を認めるという意味である。隣人を自分のように愛せる人は、キリストのように完成された人である。私達クリスチャンも一日にして、到達できることではない。これは神の言葉に準じる、霊的な領域である。霊的な完成とは「キリストと共に十字架に死ぬ」ことを通して、隣人を霊的に自分と等しく愛せることである。もう一つの死は肉体の死で、やむなく全ての人が受け入れる。しかし、霊的な死を進んで受ける人は多くはない。キリストと等しくなる事を「死」意外の事柄に求めている。格好良いことを求めているのである。だから、愛の理論は作れても、人間の能力では真の隣人愛は作れないことがわかる。私とは宇宙にただ一人の私の事を言うのである。神の作品としての独自の私なのである。この意味で人は人であり、私は私なのである。私が歩み出すのは、霊的な神の全き作品(キリストのみ姿)になる事であり、常に霊的に「死んで」歩み続ける事なのである。  † 誡めは私のため。 誡めがなければ、私は誰なのか?正しいのか?わからない。誡めがなければ、自分のしている事が全部正しいことになる。「しかし、罪はこの戒めによって機会を捕え、私のうちにあらゆるむさぼりを引き起こしました。・・・・」ロマ7・8)このように誡めによって、自分の罪深い卑しい性質がわかるのである。「なぜなら、さばきが神の家から始まる時が来ているからです。さばきが、まず私たちから始まるのだとしたら、神の福音に従わない人たちの終わりは、どうなることでしょう」1ペテロ4・17)改めて、神の戒めを心に留め、歩み出す必要が一人一人にある。神の主権に服することをしないで、一人前を装うことは、主イエスに何を判断させるのか?「そういう人たちは、私たちの主キリストに仕えないで、自分の欲に仕えているのです・・・・」ロマ16・18)神と人と自分を騙(ダマ)すことが良いわけがない。誡めを捨て去れば「罪と滅び」はないが、主は私達が神に生きるために、誡めを与えられた。誡めを守る者には、神が現れる。 (ヨハ14・21)

「歩み出すとき」(1)

「歩み出すとき」(1)  † 準備する。 アドベント(待降節)は、主イエスのお生まれを、待ち望む時を意味している。「・・・・マリヤは月が満ちて、男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである」ルカ2・6-7)この世では、主イエスの誕生のために、場所が準備がされていなかったのである。何ということだろう、無知と無関心は、同じように今日の私達にも当てはまる。この出来事を、知っている私の出来る事は、主イエスのために場所を用意することである。準備して待ち望む尊い時間にしたい。では、どこに場所を準備しようか? 思いつくことは一つしかない、私の宮(心)だ。まさに、飼い葉おけのような質素な心でしかないが、暖かくお迎えしたい。御子の聖さに厭(イト)われないように、御子の笑みに答えられるように、整えてお迎えしたい。以前に聞いたことだが、「ここに主イエスが来られた時、ここは主イエスにふさわしい場所だろうか?」この自問が、自戒を生みだし、恥じない生活をするようになる。と言う事であった。自らを整えて生きて行きたい。  † 主を呼び求める。「・・・・この時、人々は主の名を呼び始めた」創世記4・26[口語])明らかに、主の御名を「呼び始めた」 これは、公同の場で堂々と、主の御名を呼ぶことであり、自分を主の御名で呼ぶ、信仰告白であった。使徒パウロは「私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です」 ロマ1・16)と言って、堂々と主の名を呼んだ。同じく、主の復活を知っている私達である。大切なのは、聖霊によって復活の真実から来る、喜びの信仰が現実化されること。使徒による御言葉の教えに従う教会となり、聖霊の力に溢れることである。そして、現代の罪深い世に向かって、私達は兄妹愛の聖い親密さで一つになり、堂々と公同の場で、主イエス・キリストを呼んで公言し、キリスト信仰の力が現される時代になるのである。神の陣営は、神の恵みにより、暗闇を押しのけて行くのである。今こそ、個人主義から、キリストの共同体(兄弟姉妹の一致)に赴いて、主の御名を呼ぶのである。終末的信仰であり、これは私達の教会に興される恵みである。

「道理に立ち返る」(7)

「道理に立ち返る」(7)  † 誰の言葉か? 思うに、最終的に、それは「誰が語った言葉か」が、重要である。大学の図書館に行くことは、めったにないが、何年も前にアメリカのシアトルにあるワシントン大学の図書館を訪れた。とにかく、その広さと膨大な書籍に圧倒された。本とは全て言葉が書かれている。数式ですら言葉で言い表されるわけで、書かれているものは言葉に還元されるわけだ。そういう世界で、聖書は、どうして「本の中の本」という位置を持っているのか?既成の概念を捨て去って、初心に立ち返り考える。聖書は人間の言葉で書かれている。そして、40人の作者が時代を異にして、言葉にした。あたかも人間の語録のようである。聖書の面白いところは、私の語る事を「記しなさい」と命じる者の声を言葉にした。40人もの著名な作者がいるのに、彼らは「神の言葉を聞いて」書いたと言う。要するに聖書66巻の作者は「神からの言葉」を書き物にしたのである。人生を与えられた人間に、最も価値ある言葉の本が聖書である。また、キリストが直接、神の言葉を語られた。そして言われた「わたしを見た者は、父を見たのである」ヨハネ14・9)聖書は驚きであり、どの様な人生を生きる人にも、朽ちることのない宝を得させる。まさに道理に満ちている。  † 道理が来られる。 今年もアドベントを迎えた。「しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生れさせ、律法の下に生れさせて、おつかわしになった」ガラテヤ4・4)父なる神が満を持して、独り子イエスを私達のために、この世におくられるのである。神の偉大な出来事に対して、私達は、ますます大きな喜びを与えられる。なぜならば、神への信頼(信仰)が深まっているからである。これまでの歩みが、何よりも神を知るためであったなら、主イエスの降誕は、新たなる神の恵みと祝福をもたらすものとなる。私達が神に召され、選ばれた神の種族として生きるからだ。神が人となられるクリスマスは、特別な恵みであり、私達への栄光となる。私達の信仰の確信が強められ、祝福を直接に与えられる。尊い主の生涯に目を注ぎ、御言葉を学び続けたい。主に倣い歩む事を、聖書が命じている。それが私達の道理であり、私達の立ち返るべき道だからである。そのような私達に、主イエスは幼子の様にへりくだり、私達に仕えて下さるのである。

「道理に立ち返る」(6)

「道理に立ち返る」(6)  † MVP (most valuable player) MVP「最優秀選手。ある期間を通じ最も活躍がめざましくチームに貢献した選手に与えられる賞」に太谷翔平選手(27才)が満票で選ばれた。投手として、打者としての二刀流が最高の現実を生みだした。野球の天才選手達の競う、本場アメリカで達成したことは大きな意味がある。先日も、植村直己が日本人で初めて冬季単独登頂に成功したことで有名なアメリカのアラスカ州デナリ(マッキンリー山)の6190メートルから、南西壁を佐々木大輔さん(44才)が、世界で初めてスキーで滑降したNHK特集番組を見た。驚くべき精神力、技量とセンスである。恐らく何らかの欠ける所があっては達成できないものと思わされた。太谷選手、佐々木スキーヤーは、努力と鍛錬の賜物による成果を現された。その全てが、道理に適っているので、偉業に繋がったと言う見方をしたい。私達は凡人だが、偉業に繋がる事は出来る。私達もMVPとされる道がある。私は欠けたる不完全極まりないが、キリストが身代わってくださるのだ。私がキリストと共に死ねば、私はキリストの生命に生かされる。この御霊の真理(道理)に従えば良い。この道理だけが、私も、あなたも間違いなく、永遠に続くMVPを与えられるのだ。  † いのちの御霊の原理。 「なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです」ロマ8・2)上掲の補足だが、私達はこの世で、MVPの生き方を求められている。それは「私達はいのちの御霊に生かされている」からである。「神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです」 ロマ8・14)私達は積極的に真理の自由を生きる事が、クリスチャン生活を、成り立たせるのである。いのちの御霊は、私達をキリストのようにし、私達を導いて強い確信を持つようにして下さる。「私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう」ロマ8・32) キリストのために耐え忍ぶ事が「・・・・圧倒的な勝利者となるのです」 ロマ8・37)なぜなら、この道理に立ち返れば、いのちの御霊の原理が、私達の中に流れ込んで働くからである。