トップ  > 牧師の想い > 最新エントリー

牧師の想い

牧師の想い - 最新エントリー

「立たされている」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/2/17 1:00
† 信仰に立って生きること。
  今、生きていることは、かけがえのない人生の毎日なのである。私達は聖書を知り全能の神を知った者として偉大な日々を生きている。アブラハムや信仰の人々は「約束のものを手に入れることはありませんでしたが」ヘブル11・13)偉大な希望に満ちてこの世を生き、「はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していた」そのようにして生き、世を去って行った。実に「生きる」事においての完全形である。主なる神がこのように彼らを立たせて下さったのであり、私達も同じく立たせられている。地上に生きることにおいても、アブラハムはその時代の中で最も富んだ者とされた。このように信仰とは地上的で現実的な神の支配と力を伴う。私達も同じく信仰を持った聖書の人々と同じく、輝かしい希望である再臨のキリストが間もなく来られるのだ。一人の救いのために福音を伝える事が最重要である。なぜなら、神のご計画が歴史上急激に進んでおり、最終段階を迎えているからだ。神の時、福音の完成の時が近付いている。

† 真実に立てる位置。
  私達は以前から知っていたことを棄て去らなければならない事に直面する。特に私達クリスチャンには顕著に起こることである。旧態以前として変わらないならば、先に進まれる主イエスについて行くことが出来なくなる。福音の真理が開かれ光りを放つことに接することは、神を愛する者にとっては嬉しい出来事であり、喜びであり驚きである。このためには私自身が自由でなければならない。余りにも出来上がった考え方や、教え(神学)に固執すると、融通の利かない者となる。新鮮な主なる神の御心にふさわしくなくなる。使徒パウロは誇り高い学識あるユダヤ人としてのアイディンティティ(プライド)を糞土の如く棄て去ったのである。「わたしは、キリストと共に十字架につけられています」ガラテヤ2・19共同訳)現在形で、いつもキリストと共に死んでいる。これがフレキシブルな真実の立ち位置である。多くの場合プライドや自意識があるために、自分を変える機会を失い聖霊様との隔たりを持ち続けてしまう人がいる。・・・・計り知れない損失となるので注意しょう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)

「立たされている」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/2/10 1:00
† 立たせられる。
  私達全ては主なる神の前に立つものである。それは主なる神が私達一人一人を立たせてくださっているからだ。しかし、そういう理解は日本人の中にはない。上司のパワハラに耐えられなくなって若い警官が拳銃を発射してしまった事件が起こった。・・・・私は「神に立たせられた」自分で立っているのではないという後ろ楯がない場合「目には目を」という反応的な行動が、人を突き動かすのである。世の中のシステム(組織・仕組み)は保全のため身分や権限を与える。神の前に立たせられた事を知らないならば、いたずらに権限の力で支配したいと思うだろう。モーセは最高のリーダーとして名高いが彼の人となりは「さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった」民数2・3)謙遜とは柔和のことである。250万人以上のイスラエルの人々を奴隷状態から解放するためエジプトのパロ(王)の前に立ったのである。人類史上最も大きな不可能を可能にしたのは「神に立たせられた」故である。私達も神に立たせられて生きれば100倍の実を結ぶと約束されている。

† さまざまな場面。
  「人生色々」という歌があった。思いも掛けないどんでん返しが、良につけ悪しきにつけ巡ってくる。しかし、どの様な季節(子供の頃、思春期・・・・)にも思い起こすとき感じることは「神の選び」という真理である。日本人は100%近くが神の選びを知らないまま過ごしている。私もその一人だったが、芽生えがあったのである。このままでは生きるには足らないと思い新約聖書を買い求めた。「信仰雑話」(主婦の友創始者石川武美が著者)も買い求めた。聖書に言う「すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました」エペソ1・4)・・・・神に目も心も向けないとわかってこない真理だと思うが徐徐に大きく広く深くなる。私達の髪の毛までも数えられている不思議と同じく、生まれる前から神に知られ「選び」に(私が)立たせられていたという驚きである。それは神の前に「立たせられて」生きている事で本当だと思えるのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (73)

「こだわりを持つ」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/2/3 1:00
† 喜ぶべき第一のもの。
  数え切れない感謝と喜びが人生ではないだろうか?116才を元気にしておられる婦人は六つ目の新しい元号を迎えようとしている。この婦人の若さは毎日チョコレートを欠かさず食べておられると聞く。しかし、たとえ短命で生を終わるにしても、生かされていると言うことには変わりはない。生かされていることを喜べることが重要なのである。「しかし、愛する人たち。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです」Ⅱペテロ3・8)私のこだわりたいことは、いま主イエスの中に生かされている恵み以上に喜びはないことだ。むしろあってはならないと「こだわる」のである。私の不幸は救い主キリスト以上に別の喜びを持つ事である。既に持っている神の恵みにさらに恵みを加えられて喜び踊りたいのである。

† 交わりから離れないこと。
  「ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか」 ヘブル10・25)この勧めの目的はなにか? 教会の会員数や礼拝出席数のために語られているのではない。私自身の健全さと神からの祝福のためである。一緒に集まる中では問題もある。気が合わない人も、自分と正反対の人もいて考えが全く違う場合もある。そういう中に気持ちよく居れないと思われる。しかし「鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる」箴言27・17)もし、私達が自分の意のままであるならば「研がれる」ことはほとんど起こらない。聖書では使徒の間にさえ激しい対立が書れている。(ガラテヤ2・11)それによって理解し合い成長するためである。多くの異なる人々の中で研がれることを逃げてはならない。自分の健全な成長とキリストの恵みを受けるために「こだわって」集いの中に入り込もう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (125)

「こだわりを持つ」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/1/27 1:00
† どっちの生命か。
  方向を訪ねるとき、あっちかこっちかと言う事がある。あっちに行く道があり、こっちにも行く道がある。信仰を与えられた若い頃は、いかにこの世を生きるべきかのために信仰が向いていた。こちら側(此岸)の生命のために信仰が考えられていた。この立場の信仰は具体的実際的であるが、どうしても聖書の本筋とちぐはぐになるのである。あちら側(彼岸)の生命にそれほどの関心がない信仰生活を送りがちになる。こだわりたいことは何かというならば、神の国の中に生きていると言うことである。神の国はこの地上に来ており、神の国はキリストの生命で成り立っている。私がキリストと共に十字架に死んでいる以上私の存在は神の国の中で生きている。この世に生きるだけの信仰ではなく、此岸も彼岸も境目のない神の生命の中に生きるのである。キリストの使徒達はそういう生き方をしていたのではないかと思う。

† バックアップする。
  最近のパソコンではOS(オペレーションシステム)の更新が盛んに行われる。その時にトラブルが発生しどんな回復の手段も受け付けない事態が起こる。その時にバックアップが取ってあれば元に戻すことが出来る。さて、人生をバックアップしておくことができるだろうか?思い付くのは記録を残す事は出来る。しかし、何十年前の命を再現するというバックアップは出来ない話である。しかし放蕩息子のようにかつての潤った家族の生活を思い起こし立ち返るという事は出来る。人間だけに赦されている特権ではないかと思う。私達はここまで生きてきた、良いこともあり悪い事柄も多いが大切な歩みである。これからの人生のためにしっかりと記憶のバックアップをしておきたい。これがしっかりとされていたら放蕩息子(ルカ15章)のように「我に返る」事が出来るである。思い返すことが出来るのだ。バックアップされた人生は自分にとっても隣人にとっても宝なのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (157)

「こだわりを持つ」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/1/20 1:00
† ルーティーン。
  簡単な表現では「毎日の仕事」である。同じ繰り返しでもある。コンピューター・プログラムが命令を繰り返すことでもある。懲(コ)りず飽きず行い続ける「こだわり」でもある。例えば「継続は力なり」という意味も同じで、ルーティーンとは継続力でもあるわけだ。そして「継続は成功の父」と言うことに繋がってくる。まだ年の初めであるから、功徳に繋がる深みのある命題(事柄)を設定して継続的に取り組んではどうだろう。一ヶ月間を継続するものなら十二項目が達成できる。三ヶ月を継続するものなら四項目が達成できる。問題は項目にするものと言うことになる。例えば御霊の実だ「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」ガラテヤ5・23)の一つ一つを、一ヵ月あるいわ三ヵ月かけて日々のルーティーンとするのである。このアイデアは「フランクリン自伝」にある。この自伝は人生の教科書ともいわれている。継続することに「こだわって」力を得、成功に繋げよう。

† 徳を積むこと。
  「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです」ロマ15・2)このように生きる事は聖書に於ける私達への命令である。人としてこれに背をむけることはないと思う。誰でも今までそのようにされてきたことと思う。しかし、これにさらにこだわって生きるならば幸いである。そのような人の周りにはキリストの香りが漂うだろう。多くの人は建て前で生きている。本音で「隣人の徳を高め、その人の益となるように」生きてはいないからだ。キリスト者も然りではなかろうか? だからこそ本音で生きてゆくのである。その生き方こそキリストの生き方だったし、世の中に失われつつあるものである。ならばこそ私達において「見られる」ように祈り備えて生きる事が求められているのである。こだわるとは、重要事項に引きよせられ、そこから離れないことではないかと思う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (115)
牧師の想いカレンダー
« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top