トップ  > 牧師の想い202010のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 202010のエントリ

「偉大な価値を現す」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/10/25 1:00
 † 神を体験する。
 最近の本で励まされたのは、私と同年の加藤一二三さんの「だから私は神を信じる」である。神武以来の天才棋士として、最高峰のA級8段に昇級され、最年長勝利記録・至上最多対局数を記録されている。一二三さんは、キリストを信じて50年になられる。神を信じるとは「だから私は・・・・信じる」と言われるように、れっきとした証拠(出来事)があって信じておられるのである。これは、神が生きておられる事によって、信じる者は神を体験出来るという事を意味している。一二三さんのような有名人であれ、平凡な私の様であれ、神には変わりなく、誰にでもご自身を体験させて下さるのである。2千年前も、今の時代も変わることなく、正直に誠実に求める者には、神も出向いて会って下さるのである。「神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。・・・・」ヤコブ4・8)このように神体験は開かれている。そのためには、自分の生き様を清くし、罪を悔い改めよう。この世で、神を体験しないで生きる事、死ぬことは、最も悲しむべき事とされるのである。

 † 身近な偉大さ。
  「わたしの弟子だというので、この小さい者たちのひとりに、水一杯でも飲ませるなら、まことに、あなたがたに告げます。その人は決して報いに漏れることはありません」マタイ10・42)私達は、各自どのような立場に立つか自分で決めるのである。キリストの弟子として立つか、自己実現のために立つかの二つだろう。ここでは、キリストの弟子として立つ、クリスチャンのことが言われている。弟子とは、キリストが十字架に死なれたように、自らも十字架に死んで、福音のために、神の愛を現すために生きる者である。主イエスは言われるのは、そのように生きる者は、私の分身である。最も小さな者も私の分身であって:、誰かが水一杯でも飲ませるなら、私に飲ませたのであり、その人に報いを必ず与える。と言われている。キリストの弟子に善を施すことが、大であれ、小であれ、主イエスご自身につながっており、決して忘れられることなく報われるのである。宣教のために従事するキリストの弟子達を、教会は励まし、愛の施しを持って支えることだ。主イエスの報いが必ずある。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (160)

「偉大な価値を現す」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/10/18 1:10
 † 脳細胞の偉大な機能。
  車椅子ランナーのマクファデン選手(1989年生)は、2013年世界選手権で6種目全てで金メダルを獲得し「史上初」を達成した。彼女がロシアで出生したとき、二分脊椎症による先天性下半身不随。6歳までロシアの孤児院で育ったが、放置状態であった。車いすもなく、彼女は足の代わりに“逆立ち歩き”をして歩くことに代えた。そのため自然と上半身が鍛えられていたのである。6才でアメリカに養女として移住することになる。日本での競技に来た時、日本の脳科学者が彼女の不思議な能力について調べた、足に働く脳機能が、手に働く脳機能と重複している事実を確認した。ロシアの孤児院では子供には靴が支給された。しかし、足の利かない彼女には、靴が与えられなかった。彼女の偉大さは、あきらめや劣等感に陥るのではなく、自分も歩けると逆立ち歩きで挑戦したことである。幼児期の脳細胞は適応性が「超」的に働く時期だと脳科学者は言う。彼女の肯定的努力は、東京オリンピックで7冠を達成することである。

 † メカニズムを探究する。
 40年位のパソコン歴で、必須の相棒はブリンターである。最初は16ドットのドットプリンター、次に24ドットのプリンター。今日では8台目で、8色インクジェット・ブリンター(高画質写真用)である。7台目も同じ内容のものだったが不具合が起こった。メーカー修理が終わっていて、どうにもならないので、自分で解体修理を試みた。90バーセント修復させたが、問題は一体化している部品の不具合に突き当たった。これさえ取り替えれば100%だがなんとも残念。分かったことは:解体し論理的に突き詰めて行くと、どこがおかしいかに突き当たることだ。もう一つは特殊部品の販売も中古品もないと言う現実である。メーカーも何十年という技術成果の結集として製品を世に出している。高価な物はメカニズムも高度で複雑である。今回はインクカートリッジから、プリントヘッドまでのトラブルだったので、解体が可能だった。電子部品のトラブルなら最初からお手上げだ。所で、人間も神の「作品」なので、どんなトラブルがあろうと、主イエスの福音と聖霊の力で修理(回復)可能である。複雑なメカリズムの故障に取り組むことと似ている。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (256)

「偉大な価値を現す」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/10/11 1:30
 † 偉大な一人である。
 先日、一人の少年が、教会に繋がる路上で行ったり来たりしていた。「どうしたの?キッズの集まりやってるから行ったら」と、声かけをした。少年は言った「クリスマス教会まつりに来た時、二度も無視された。腹が立って教会には行かないと決めた」驚いた婦人は少年に「ごめんね」と心から謝り、ねんごろに話して少年の機嫌をとりもどした。あってはならない事が起こっていたのである。偉大な宗教改革者マルチン・ルターは、幼子に出会うと直立不動で敬意を表したという。それは「この子が、将来偉大な働きするために神に選ばれている」と、本当に思っていたからである。誰もが主なる神にあって、偉大な価値ある働きをすることに招かれている。「わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない、またそれよりもさらに大きなわざを行ないます。わたしが父のもとに行くからです」ヨハネ14・12)私達一人一人が、それである。幼子もまた「大いなるわざ」の為に、主なる神の御目が注がれているのである。子供を偉大な一人として見る目を持ち、自分を愛するように愛して欲しい。

 † 愛着と感謝。
 釣り人なら、自分のお気に入りの竿を買うであろう。昔は継ぎ竿で、竹が主材だった、最近ではカーボンだと聞く。相当な値段である。カメラ好きな人は、レンズの沼にはまり、100万円もするレンズを手にするかも知れない。愛着(惚れること)の強さである。人は愛を通して夫婦となる。現実には他人同士、育ちも環境も違い、男と女の違いで、全てで居心地が良いわけではない。結婚という土俵の中に二人が植えられたのである。日本の各地に「夫婦松」が植えられている。盆栽としての夫婦松もある。初めは互いの枝が邪魔し合うが、長い年月には融合し一体化する。結婚生活((夫婦生活)も長い年月をとおして、互いの重要性がわかる。それぞれの枝が互いに必要なのである。幹は二つだが、天に向かっては一つとして成り立つのである。ここに本当の愛着が生まれる。健全な依存関係が一体となるという意味である。夫婦間の互いの愛着は、長い年月を要して生まれてくるものである。誰でも互いを受け入れられる様になれば偉大な事業を成したのである。主の御心に心から感謝する。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (242)

「偉大な価値を現す」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/10/4 1:30
 † 御手の業を識る。
 今年初めての一日バス旅行をした。長野県諏訪市の白樺湖を中心に広がるリゾートでの散策が中心であった。可児から中央高速で休憩を二度取って4時間くらいで到着する。とにかく最高の秋晴れが大きなプレゼントで、道中の景色にも感動した。長野に入るには恵那山(標高2190㍍)トンネル(8650㍍)を通る。雄大な山脈に重なり合う山々の峰のうつくしさ、山頂に雲がかかる恵那山には迫力があった。長野に入ると果樹園の広がる平野が、いかにも絵画の様に広がっていた。自然は、美しさに富んでいる。「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです」ロマ1・20)宇宙飛行士が宇宙の暗黒の中に、青く輝く美しい地球を見るという。これらのことは、主なる神の創造の御業である。その美しさは優雅な創造主を現す。主なる神の創造は、最初の偉大な価値以外にはあり得ないと思う。

 † キリスト教会がある。
 国道や高速道路で、十字架を見たり、教会を見る事はめったにない。8時間バスから町々を眺めていて、一つの十字架を掲げる教会を見つけた。今、日本には8千以上の教会があると報告されている(会堂のないキリスト教会も含まれる)岐阜県や三重県など保守色が強い地方では、信徒数も少なく教会も少ない。保守色というのは、日本の歴史的なキリシタン禁制、軍国主義国家のキリスト教弾圧などの負の遺産を、新しい自由憲法の下でも拭いきれずに、無意識的な文化風土として残り続けることである。革新的文化の向上が遅い地方のことである。しかし、新しい宗教時代が来た。平成の30年間に、墓を棄て、戒名を棄て、寺を棄てる人々が4000万人に及んだ。仏教系信徒の45%が消えた。神道系信徒も1600万人(17%)減った。キリスト教系は統計では横ばいである。教会は福音信仰の上に建つ「世の光」である。礼拝は第一に重んじられるが、遠心力である宣教が求められる。光を世に現すことが、この世に対するキリスト教会の偉大な価値だからである。「囲いの外」ヨハネ10・16)に居る、全ての世の人々に、福音の光の輝きを届けて行こう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (275)
牧師の想いカレンダー
« « 2020 10月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top