トップ  > 牧師の想い202004のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 202004のエントリ

「果てを見る」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/4/26 1:10
† 今からのこと。   
 「ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい」1コリント10・12)前節を見ると、世の終わりに臨んでいる私達への訓戒として、神につぶやいた者が滅ぼされたからだ、と言う。13節では「神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます」とある。今や新型コロナウイルスの脅威は、21世紀最大の試練となった。しかし私達の救い主は、脱出の道を備えてくださる。だからこそ「信仰にしっかり立ちなさい」と私達に活を入れておられるのだと思う。今この時を、最善の注意を払って生活しよう。信仰によって気力を充実させるなら、自ずから免疫力は生みだされる。「果てを見る」とは、終わりを見ることである。それは試練の終わりでもある。堅く信仰に立つとは、主イエスの真実に揺るがず信頼する事である。心を引き締めて、心くじけないように立ち続けて行こう。試練は私達を鍛えて強くし、勝利に結びつけてくれる。必ず、私達は幸いを勝ち取れる。

 † 新しくする。
 なにごとも最初がある。「はじめに神が天と地を創造された」創世記1・1)原初に、と言う意味となるが、「最も大切なこと」という意味も含むと言われている。この創造世界は神の意匠(イショウ)の偉大さを現し、神の栄光の御業を見せている。しかし、私達人間はこの麗しい地球上で、憎しみ合い、いがみ合って戦い続けてきたのである。自然も人間の欲望によって破壊され続けている。海洋の島々が潮位の上昇で消滅の危機に陥っている。・・・・地球の果ては「良し」とはならないようである。人々の貧しさの上に成り立つ経済や人々がある限り不可能と見る。私達日本人も飽食人種である限りは加担者の一員と言うべきだろう。主なる神の御前に最小限の贅沢を選び、生活を改め、始める事である。まずは神の創造世界に感謝して生きる人々を生みだすことである。私達クリスチャンが啓蒙者となって証詞が出来る事である。教会という群れを通して、地域や人々に大胆な証詞をする宣教の能力を現すことだと思う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (724)

「直向(ひたむき)」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/4/19 1:00
† 自分に課する。   
 この、自分に課すると言う、課するとは、義務や負担を一方的に引き受けさせること。しかも誰でもない自分にである。ひた向き、であると言うことは私の問題である。私が生まれつき、ひた向きであるわけがない。聖書には「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい」2テモテ4・2)大事なのは「時が良くても悪くても」課せられたことをする事である。文春新書「知的再武装60のヒント」佐藤優・池上彰共著の中に、勉強の習慣を身につけるヒントとして、まず本棚を買う。次に落ち着いて勉強できる場所を確保する。ことを挙げている。階段の下の隅か、または一畳か二畳の場所を設けて机を置く、自分の場所として、数時間を過ごせる学びの場所とし、自分に課したことを続けるのである。定年後の為にとても善いということだ。学び、祈り、新しい知識に脳を活性化し、神の栄光のために役立たせることで宣教となる。私達の知的モチベーションは、主なる神を知るためである。また無尽蔵の真理の宝を探る冒険の、心躍るわくわく感である。これを総合すると「至上の喜び」である。まことに感謝の一言。ハレルヤ!

 † 小さなこと。
 「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です」ルカ16・10)6才の孫が暗唱している、好きな御言葉である。小さなことは、いろいろな分野においてちがう。工業機械を扱うところでは、絶えず油を切らさない為に点検を必要とする。また、安全のためのチェックも欠かせないだろう。余り重んじられていない作業を、小さなこととする事もある。新型コロナウイルスによって今まで表に出ることのなかった方々が、クローズアップされた。三密を避けるよう、全国に非常事態宣言が出て人々は家に閉じこもっている。この時に運送にたずさわる方々、清掃業者の方々,食卓を守るスーバーで働く方々。医療従事者の方々、保健所での従事者の小さなことにまで及ぶ働きなどである。やらなくても過ぎて行く小さなことは多くある。その中でも「絶えず祈りなさい」1テサロニケ5・17)は、私達において、不忠実にされていないだろうか?
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (741)

「直向(ひたむき)」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/4/12 1:00
 † ひた向きに咲く。   
 主イエスは、感動しつつ語っておられる事がある。「きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。・・・・」マタイ6・30)これは野のゆりを指して言われた言葉である。深い野にあって誰にも知られることも、見られることがなくても「ひた向きに咲いている」胸が熱くなるような、そんな情景に立たされる。ひた向きの原点がここにあるのかも知れない。今年の桜は例年の様に見事に咲いた。しかし、疫病(新型コロナウイルス)のため、幾万の人々の足が留められ、その香しい麗しさを見られることもなく散った。しかし、桜に魂があるならば言うであろう。「主なる神様ありがとうございます。御心に適う花びらを咲かせる事が出来ました」と、ひた向きに,花を咲かせ、春を喜び、主なる神の創造の御業を讃(タタ)える。それ以外のことに執着がない。また、それが野のゆりである。主イエスにだけに目を留めて私達も生きよう。

† ひた向きの神髄。
 私達は自分の存在を知られたいと思う動物ではないか?そのために自己アピールをし、存在観を増そうとする。それが、自分の心の動機となってしまうと困ったことが起こる。それは自分を推薦する人間になるからである。世の中では当たり前のことであるが、生ける神の御前には事情が異なる。「自分で自分を推薦する人でなく、主に推薦される人こそ、受け入れられる人です」 2コリ10・18)ひた向きの神髄とは、牧師であれ、どんなリーダーであれ、信徒であれ、人々に知られるために働くのではない。私の存在の全てをかけるべき事は「主なる神のみに仕える」そのことで、神に知られるようになることである。使徒パウロは「・・・・神の御前で自分自身をすべての人の良心に推薦しています」という。生ける神の御前に真理を明らかにする務めである。悪評であろうと、好評であろうと、主なる神に仕え、真実に生きたのである。人に知られることや有名になる事などのために労する必要はない。私達は神に知られることで、最大の祝福を受けるのである。その生き方をするならば、主イエス様が、あなたを誇り高く推薦されに違いない。 ハレルヤ!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (698)

「直向(ひたむき)」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/4/5 1:00
 † 学んで倣うもの。   
  名著「キリストに倣いて」はトマス・ア・ケンピスが書いた。私の信徒時代昭和の40~60年代頃には文庫本があり、霊的な糧として、聖書と共に読んだものである。聖書には、神に愛され導かれる、ひた向きな人物が大勢登場する。その記述は、神の私達への接し方や、人の神への接し方が学べる。特に重要なのは具体的に倣って行くことである。教会では月ごとに、一斉に聖書通読する、今は列王記が読まれているが、誰もがダビデに出会っているわけだ。ダビデはまさに、ひた向きに神に向かって生きた人物である。モアブ人ルツを曽祖母(ソウソボ)とし、自身は末っ子で母は異邦人のようである。詩51・5)彼は7人の兄たちに酷使される立場にあった。しかし、イスラエルの王として油注ぎを受けた。このような原点が、ダビデの、ひた向きさとなっていると思う。選ばれた私達も同じである。「兄弟たち、あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい。この世の知者は多くはなく、権力者も多くはなく、身分の高い者も多くはありません」1コリ1・26)ダビデの信仰に倣うことは、主イエスに油注がれた、私達の祝福の道となるからである。

† ひた向きな人の価値。
 信仰というものは、片手間で出来るものではない。人間の教祖が与えるような教えなら、人間である事を拭(ヌグ)えない。だから不完全なのだ。キリスト信仰は神ご自身の御品格からあふれ出る、聖、義、愛、である。不完全性がない。しかし「ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです」 エペソ4・13)ひた向きに、神を求め続け、天からの完全な賜物を求める(ヤコブ1・17)人は「ついに」満ち満ちたキリストの身丈に達するとある。現代の教会に、そのような価値ある人を大勢見いだしたいのである。主イエスのように、ひた向きに「イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに」 ヘブル12・2)十字架を忍ばれ神の右の座に座られた。私達も同じ気概を持って歩むならば、多くの人の模範となり、見える希望となる。ひた向きに喜びを持って、主イエスに従う人は現代の世に在って、偉大な価値ある人である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (652)
牧師の想いカレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top