トップ  > 牧師の想い202002のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 202002のエントリ

「うしろから前」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/2/23 1:00
 † 先発の御言葉。   
 先発の御言葉とは旧約聖書のことである。主イエスの福音の偉大さは、旧約聖書の内容があって際立って現されている。過去に主なる神が約束されたアブラハムへの祝福の契約、イスラエルとの契約は「主なる神の御名の栄光」のためである。主イエスを拒んだユダヤ民族は2000年間国を失った。そのため異邦人キリスト教会は、自らが主役のように感じざるを得なかった。しかし神のイスラエルに対する約束は近年になって顕著に現れて來たのである。1948年の建国は元より、世界の東西南北からユダヤ人がイスラエルに帰還している。出エジプトの時には250万人とも言われる。しかし、それ以上のユダヤ人が帰還してくるのである。そして、主イエスを信じるユダヤ人が迫害の中で激増している。聖書全体の約束は、ユダヤ人クリスチャンと私達が主イエスによって一つの身体(一人の人)になる事である。うしろの事柄が現実になってきた。私達は聖霊による主の証人として、使命を果たし続ければ、「世界を視野とし世界と交わる教会」として、立って歩めるだろう。

 †  先人に従う。
 私達は使徒の存在に負っている。主イエスの証人として命をかけて福音の真実を宣べ伝えたので殉教した。本物には命を賭(と)する価値がある。現代の私達が神の御業である福音に、お付き合い程度の信仰生活をしているならば、この後主イエスを信じる者達も、同じように、神とのお付き合いとしての信仰を持つのである。使徒は本物であったが、私達が本物のクリスチャンでないとするならば、福音の価値を引き下げることなのだ。「聖書に書いてある」と証詞するだけでは十分ではなく、「私は聖書に書いてある事を生きている」と言えるクリスチャンによって使徒達の信仰が見えるように、現代にも現れるのである。ウイリアム・ケアレーは世界宣教の扉を開いた。絶対に不可能と言われたインドに宣教したのである。有名な彼の言葉がある「神には偉大な亊を期待せよ」と、福音には命を賭する価値と力を認めないならば、ケアレーのような信仰の努力は生まれることはない。彼はインド語の聖書を生みだした。彼の功績はインドをヨーロッパと結びつけたことでもあった。ハレルヤ!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (882)

「うしろから前」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/2/16 1:00
 † うしろからの現実。   
 今の世界は加速度的激動の時代である。それは報道による緊密化によるものでは決してない。世界不安であり、身近な社会不安である。それが、どんどん進行するのである。現実的な手だてを世界の指導者達は打ち立てられないのか? その事がまさに行き詰まっているのである。このような今は、過去からの決まり事だと言ったらどうだろう。えー,そんな馬鹿な。しかし本当なのである。生ける神を信じる者として積極的に言える事は、過去(うしろ)で語られた神の言葉(預言)が、現在を言い表すばかりでなく、これからの事も告げているという事実である。良いこと以上に、地上を揺さぶる出来事が更に現れてくるのである。キリストを信じると言うことは、この激動の時代に、揺るぐことなく希望を持って生きるためである。「あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい」ガラテヤ5・1)私達は、世界に起こる出来事で、おびえず、恐怖に陥らない。主なる神の約束は私達に安息をあたえ、真理の自由の中に守られて生きることであるからだ。

 †  回帰こそ進歩する。
 この度も国際的なカンファレンスが浜松で行われた。全国から600名が集ったと言うから大きな集いだ。そこで収穫できるものは何だろう? 一言で言えることは、聖書への回帰である。神の御言葉の真意への回帰と言えよう。それが進歩なのである。新しいこととしての教え、実践とあらゆる理解は聖書を越えた所にはない。チエンジ・日本、チエンジ・チャーチ、チエンジ・ファミリーも最新のデーターは聖書から来る。要するに、人間の進歩も教会の進歩も家庭の進歩も御言葉(聖書)への回帰、再発見なのである。確かに私達の聖書(神の言葉)は日々に研究され、新事実が発見されて御言葉の意味(解釈)が新しくなっている。しかし、この事も神の御言葉への真実な回帰なのである。悪魔は聖書から私達を引き出そうとする。しかし、聖書は御言葉を通して、新しい啓示(悟り)を与えるのである。聖霊様が働いて御言葉の中に私達を回帰させるからである。「みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます」詩119・130)ここにこそあなたの進歩がある。 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (841)

「うしろから前」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/2/9 1:00
 † うしろを守られる。   
  「あなたがたは、あわてて出なくてもよい。逃げるようにして去らなくてもよい。主があなたがたの前に進み、イスラエルの神が、あなたがたのしんがりとなられるからだ」イザヤ52・12)私達人間には、うしろがある。一番無防備になりやすい「うしろ」と言う意味でもあるし、前に向かって生きている私達の見えていない背後でもある。
私達は現実的な生活の場において、主なる神の御手の中にある事を確信するための御言葉である。前にもうしろにも護りがある事を信じる事が信仰である。聖書にはエジプトによる捕囚化(奴隷)とバビロンによる捕囚が記されている。現在の人類も「罪の奴隷」として捕囚なのである。そして今や主イエスの救いを通して「私たちは、神の中に生き、動き、また存在している・・・・」使徒17・28)さらに次の重要な意味を理解したい。私達が最終の死の谷を渡るときにも、主は前にあり、しんがりとなってあなたを護られる。恐れなく天の御国に運ばれるのだ。この御言葉を自分に結びつけて安心を得よ。

 † 祝福の現れる所。
 見える、見えないにかかわらず祝福は、今現れて確認出来るものである。誰かに指摘されて祝福されていることに気がつくこともある。一心不乱に生きてきて、祝福に気がつくということが幸せの形だと教えられたことがある。こうしてみると幸せ(祝福)は初めからあるものではないのではないか? 長い年月を通して築かれるものではないのか? ハッピーな出来事は結婚することによって成就しない。二人は夫婦として心一つにして神を畏れ、誠実な生き方を選ぶ事によって、知らないうちに神の祝福の中を生きるのである。まず現実的な生活の要は経済(お金)の認識である。神への捧げ物を惜しんで自己浪費のために取っておく様な習慣を作ると、主なる神からの経済的祝福が欠損してしまう。これは間違いのない事で,見えない神は私達の誠実な献げ物をとおして「報い」として祝福を下さるのである。この事実は世界共通である。種まきをしないで収穫はないように、普段から良きにつけ、悪しきにつけ神に従い、神を畏れて誠実に生きることである。このような「うしろ」の生活が、種まきである。必ず、主なる神は、報いて祝福を下さるのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (894)

「うしろから前」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/2/2 1:00
 † 労苦の意味。   
 「私は日の下で骨折ったいっさいの労苦を思い返して絶望した」伝道の書2・20)ソロモン王が知識と知恵を尽くして到達する所は「空の空」伝1・2)であった。主なる神を知っているが地上の生とはどう言うものなのか?それは全ては「空」だと言う。次の御言葉は非常に興味深い「どんなに人が知恵と知識と才能をもって労苦しても、何の労苦もしなかった者に、自分の分け前を譲らなければならない。これもまた、むなしく、非常に悪いことだ」伝2・21)このような事実は身近に幾らでもあることだ。父親は一代で会社を立ち上げ羽振りの良い地方では名士となった。しかし、息子は御曹司として育てられ苦労知らずで、会社の経営に乗り出したが、時代の変化に対応出来ず、会社は跡形もなく無くなった。先代がどの様に生きたか、即ち「骨折った一切の労苦」を土台として経営にいそしむべきではなかったかと思う。教会も地上で成り立つものだが、今日までの労苦と骨折りを忘れず、歴史を増し加えて行きたいものである。

 † 救われる前。 
 私達の成り立ちは、信仰以前と信仰以後に分けられる。受洗前の生活が受洗後の生活を左右すると言われたらクリスチャンでも、えー、そんなことあるー?と驚く。考えれば分かることだか、キリストを告白するまでの私の主人はサタン(悪魔)だったわけで、使徒パウロに言わせれば「・・・・空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩んでいました」エペ2・2)私の骨の髄(ズイ)まで、悪い霊がしみこんでいた。と理解した方が良い。それほどの影響力を受けていながら、主イエスの血潮によって「義とされた」のである。法的に悪魔から買い取られ神の子となったのである。救いは現実的に成就している。しかし霊的な私の実体としては受洗前(過去)の力が残像のように影響力を及ぼしていたり、明確な悔い改めをしていないために、暗闇の鎖(クサリ)に縛られたりする。無知は罪である。悪霊は、霊なので私達の思考の園に入ってくる。受洗前の生活(うしろの出来事)を明るみに出して、光りに変えられる時に完全な自由と解放の喜びが生まれる。「明らかにされたものはみな、光だからです」エペソ5・14)光りの子供になろう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (847)
牧師の想いカレンダー
« « 2020 2月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top