トップ  > 牧師の想い202001のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 202001のエントリ

「うしろから前」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/1/26 1:00
 † リーダーシップ   
  「イエスはおすわりになり、十二弟子を呼んで、言われた。「だれでも人の先に立ちたいと思うなら、みなのしんがりとなり、みなに仕える者となりなさい」マルコ9・35)これは物理的に後につけ、と言われたのではない。人々の前に立って指導者とならんとするならば、いろいろな人々の前に立つことなく、仕える者、奉仕する者になれ、と言うわけである。こういうことは頭では理解できているので大変良いことであるが、実際となると同等の立場には立てるが、その人の後て仕える事が出来ない。キリストにありながら、同等以下に見られると腹を立て憤るのである。これが普通であり人間の感情の赴くところである。
キリストの弟子達は誰が一番偉いか、互いに競争していたとある。世の人々が行っていることを同じようにやっていたのだ。重要な解決法がある。「自分で自分を推薦する人でなく、主に推薦される人こそ、受け入れられる人です」2コリ10・18)自分をトップのように振る舞う姿は滑稽(コッケイ)である。まことに主に推薦されているか、どうかなのだ。

 † 国籍は天にある。
 生きている者にとっては、時空を超えた天のことである。最終的な前方でもある。しかし、これは私達の生き方に関する御言葉である。現にこれを語った使徒パウロは、キリストの中に活動し今を生きていることが神の国の中である事を知っていた。「神の国は、あなたがたのただ中にあるのです」ルカ17・21)今や、天から神の国が私達の中に下って来ているのである。死して天の国籍に帰るのも事実であり、死せずして天の国籍を持っている事も事実なのである。我々の手にするパスポートは、私の日本人である事を証明しているように、キリストの信仰の中に義とされた者は天の国籍を保証されたパスポートを持っているのである。私達は遠く前方に天国を見て生きているのであろうか?確かに、主の召しを待つのも信仰である。「マラナ・タ(われらの主よ、きたりませ)」1コリ16・22)確実に言える事は、これからの前に確実にキリストの来臨があるということである。そうすると私達はうしろから完成される現実的な神の国に向かって活動している事になる。主の来臨の時には神の国のパスポートをしっかりと握っていたいものである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (559)

「うしろから前」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/1/19 1:00
 † 赤子から赤子へ。   
 人の人生を総じて、人は赤子に戻ると言う。私の周りにもご高齢の方々がおられる。私の義母は今年100才になるし、85才以上のご婦人、93才の男性もおられる。聖ルカ国際病院院長でもあった日野原重明先生は、100才でも現役の医師として活躍された。先生の談話や講演は何冊かの本にもなっている。先生は言われる、人は赤ちゃんとして生まれ、首がすわった。寝返りが出来た。立った。歩いた。と成長の変化を大喜びされる。そして、人はしばらく生きて赤子にもどって行く。歩けなくなり、立てなくなり、寝返りが出来なくなり、首が曲がらなくなる。かっての出来事の逆を辿り赤子となるのである。人はうしろを忘れて前に行くが、前からうしろに帰ってゆくのである。これが人間の道程である。自然の美学であると思う。私達は神にありながら、そうなる事を健全に受け止める生きた信仰を求めたい。そして老いてなお祝福を受ける歩みを求めたい。「アブラハムは年を重ねて、老人になっていた。主は、あらゆる面でアブラハムを祝福しておられた」創世記24・1

 † 今だけの事と人。
 人間の暮らしに大きく関わる経済の話。先日のプレミアム番組で特集されていた。世界大恐慌、オイルショック、リーマンショックと経験した世界は予測不可能な明日に向かっている。と言う訳で一瞬にして札束が紙くずになる事がありうるのである。 人間は誰も明日のことは分からない世界に生きているのだ。特に顕著なのは過去を振り向かない(歴史を重んじない)現代人が、ビッグデーターや 人工知能[AI(artificial intelligence)]で明日を予測しょうとしている。これもまた「空の空」 に繋がるというのである。人間は経済学においても過去(歴史)と言う「うしろ」が重要であると言うわけである。「昔あったものは、これからもあり、昔起こったことは、これからも起こる。日の下には新しいものは一つもない」 伝道1・9)私達が持つ聖書は神の聖霊が書かれた歴史書でもある。6大帝国下(最後のロ-マ帝国は終末の時世)に、わたっての教訓と知恵は、明日という「前」にむかって、これ以上のものはない。神の思い(計画)と、これまでの経緯を学ぶ事は、経済的豊かさを凌ぐ、人間のまことの豊かさである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (502)

「知恵による収穫」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/1/12 1:10
  
 † 見通す知恵。
 暗闇の向こうに光りを見る。そのように生きられたのが主キリストであった。人として世に来られたが、ご自分の民は味方ではなく、行く先々で迫害した。あげくのはてには、罪を着せ十字架に追いやった。主キリストを人としてみれば、好ましい生き方ではない。主キリストが、このような自らの人生を受け入れられたのは、現実の向こうに見えている栄光の輝きの真実があったからである。私達も主なる神の創造世界にありながら、今は不遇であっても、必ずもたらされる光りがある。希望が実現するという「見通し」があると言うことだ。世界が今どの様に動いていようと、自分の置かれた立場や状況が暗闇のように好ましくなくても、主キリストの持たれた信仰(見通す力・知恵)が、あたえられている。今、生きている事を有意義に出来るのである。今、闇の中を通っているか?主キリストのように歩もう。トンネルの向こうには出口の光りが待っている。「・・・・暗やみの中を歩き、光を持たない者は、主の御名に信頼し、自分の神に拠り頼め」イザヤ50・10

 † 恐れてはならない。
 私達が神を畏れることと、教会を愛する者であるならば、何も恐れる事はない。人生において神を畏れることが最大の知恵である。そして、教会を愛する事は人生の健全さを獲得する知恵である。キリストの花嫁としての教会は、主なる神の最大の関心事である。まことに神を畏れる事が出来ているならば、神の愛される教会を尊び愛する事が出来る。そこには多くの家族がいて笑い、喜び、キリストの恵みを分かち合い励まし合う。聖霊の働かれる交わりこそ神の国である。主キリストに自らを委ねるということは、キリストの教会に委ねる事と同じである。その幸いとはなにか?キリストの身体、愛の交わりの教会には真実があるということである。本当に心配してくれる愛人(クリスチャン)がいてくれることである。神を畏れる信仰があるキリスト教会の交わりこそ、あなたの最大の慰めとなり、あなたの祝福となる。それが幸いとなる知恵なのだ。神を畏れることと、教会を愛する事には、あなたへの大きな報いが備わっているのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (515)

「知恵による収穫」(6)   

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/1/5 8:50
 † 無から有を呼びだされる神。
 「・・・・彼はこの神、すなわち、死人を生かし、無から有を呼び出される神を信じたのである」ロマ4・17) 神の全能が讃えられているわけだが、神の計りがたい知恵を言い表している。ネブカデネザルの息子ベルシャツァル王が1000人の貴族達のために大宴会を催し、酒の勢いでエルサレム神殿から持ち出した金の器で王のみならず側室や次女まで、ぶどう酒を飲んだとある。その時、人の手の指が現れ王宮の壁に「メネ、メネ、テケル、ウ、パルシン」の文字を書いた。ダニエルはこれを解き明かし「あなたの治世は数えられ終わった。あなたは秤で量られて目方が足りないことが分かった。あなたの国は分割されメディアとペルシャに与えられる」とベルシャツァル王に伝えた。歴史はその如くに動いたのである。ダニエル7章)この神の全能を真摯に受け止めたい。「主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである」箴9・10)

 † 知恵の応用。
 ある医師の語る事によれば「塗り絵」は子供のものではないとのことである。脳の活性化のためには年配者も塗り絵が有効に働くと言う。有名な画家の絵が輪郭で表してあるのを原画に近づけて描いたり、自分の好みの色で塗ったりして挑戦的な絵にしたりする。これが非常に有効というわけである。100才時代を生きるためには、ぼけない脳が必要である。聖書を読むことも重要だ、その時には音読で読むことが更に有効ということである。声に出すということが限りなく脳を活性化していると言うことなのである。簡単にできることが知恵となる。ひとくち30回噛んで食事をする。朝起きたら首を動かす。ラジオ体操をする。ウォーキングをする。簡単な良い習慣こそ本当の知恵であり健康を維持し、脳を活性化して元気で過ごすことの出来る秘訣となる。今、始めだそう。なにごとも、始めなければ始まらない。2020年2度目のオリンビックを楽しみにしているように、自分で始める事も楽しもう。なぜなら必ず結果が伴うからである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (525)
牧師の想いカレンダー
« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top