トップ  > 牧師の想い牧師の想い

牧師の想い

  • カテゴリ 牧師の想い の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

牧師の想い - 牧師の想いカテゴリのエントリ

「流れの始めと途上」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/8/2 1:10
 † 源流をたどる。   
 日本には四季にもう一つの季節があるという人が居る。それは梅雨である。日本独特なのかも知れない。今年はしとしとと降る雨ではなく、豪雨となって日本列島に洪水をもたらした。気象情報で日本列島が映し出されると、日本は山と川の国である。数え切れない谷が流れ、川となって合流し大海に流れ込んでいるのを見る。山間で子供時代を過ごした身には、谷と川は自分の成長と深い関係がある。どんな川にも源流がある。その幾つかの谷の源に探検したことがある。汚れない水が湧き出している所には子供ながら厳かな思いを抱いた。「清水に魚棲まず」とは、源流に近ければ不純物もなく、ブランクトンもいないし、水は冷たい。(ヤマメやイワナは清流に棲む)これを「人間潔癖である人には、人は従いつくことがない」と言うわけだ。余りにも観察的側面に過ぎると思える。私達の救い主イエスは、潔癖高潔においては、最高位の神であり「罪は犯されませんでした」ヘブル4・15)要するに高潔な主イエスには、愛と憐れみが溢れていた。これを見過ごしてはならない。私達は源流のように清らかであり、神の愛に満ちていることだ。人が棲みたいのは「清い品性と愛の中」である。私達の信仰はそのためにある。
 
† 流れの途上。
 長い千曲川をバスで眺めながら富山に行った事がある。どの所でも流れ続けている。どの時でも流れている。まさに変わり無きことを教えられた。天地創造を源流とするならば、主イエスの十字架と復活は完成である。その源流の終わり(完結)なのだ。主イエスの復活の後にある私達は、主の来臨までの「途上に」活かされているわけである。私達は、与えられている家族のために、身近な隣人と同族のために「地の果てにまで」使徒1・18)主イエスによる救いがある事の証人として存在する。どんな時にも、どんなところでも、神の生命の川は流れている。その現実を生き生きと生活させてくださるのが聖霊様である。証詞をしたいけれど、どの様に語るべきか言葉がわからない時、「・・・・どのように話そうか、何を話そうかと心配するには及びません。話すべきことは、そのとき示されるからです」マタイ10・19) 「証し人」の助け主として知恵と言葉を与えられる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (41)

「神が望み世が求める」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/7/26 1:10
 † 当たり前を求める。   
 私達も世に在る限り世の人である。等しく肉を纏っているのでやむを得ないわけだ。地球規模から見れば日本は小さい。しかし、固有の歴史と文化を当然持っている。その中での「当たり前」(常識・安心)を求めて生きている。日本人は無意識的に培われた感覚の当たり前を、物差しとして、自分と人を測る。だからこそ「当たり前」だと思えないことには極度な拒否反応を示すのだ。近年グローバルゼーション(従来の国家・地域の垣根を越え、地球規模で全ての物事を考える)を掲げてきたが、日本人の感覚は「当たり前」の垣根を越えることはない。日本人は依然として意識改革も、霊的改革も自ら行う事はない。日本人として、昔ながらの当たり前を求め続けるのだ。まさに、主イエスが戦われたのも「当たり前」との対決だった。「こうしてあなたがたは、自分たちが受け継いだ言い伝えによって、神のことばを空文にしています。そして、これと同じようなことを、たくさんしているのです」マルコ7・13)私達も、この国で同じ戦いをしている。

† 神にはなんでも出来る。
 世におられた主イエスが、どのようにして過ごされたか?これは重要である。何故ならば、私達の生活の有り様を指し示すことになるからだ。主イエスは言われた「・・・・人にはできないが、神にはできる。神はなんでもできるからである」マルコ10・27口語)まさに、そのように生きられた。まさに、主なる神が私達に求めておられる私達の「信仰の持ち方」なのである。これまでの出来ない事の多さに、結果のない多さに、私達の魂は萎縮し、信仰はふるわれるだろう。それこそが悪魔と世の力が喜ぶところである。しかし、神の信仰は違う「無から有を呼びだされる神」ロマ4・17)を信じることである。私達もアブラハムと同じように、自らに完全に不可能を認めて良い。しかし信仰は「神からの賜物」エペソ2・8)である。人間の状況や、見ている世界に歪められない。「神には出来る」完全に、肯定的に「神にはなんでも出来るからである」この時代に主イエスが信仰を告白されたように、私達にも、主なる神はお求めである。主なる神に全てを期待出来る事は何と幸いなことか。ハレルヤ!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (45)
 † 主なる神の業を見る。
 神とは、憐れみと愛のお方である。「イエスは涙を流された」ヨハネ11・35)いつでも主なる神は、この人間世界に起こる悲惨に対して、涙を流し寄り添っておられる。主なる神はイエスを世に遣わし、人間の遭遇する全ての悲惨からの完全な救いを、聖なる義と愛を通して完成された。その十字架の出来事から2020年、人間はこの世を神に従属させる事を好んだであろうか?。残念ながら、神なしの世界、世俗主義を構築して来たのである。人間は自分の思いのままに世界を支配しようと競い、大自然さえ破壊した。「そして神は、「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。」と仰せられた」創1・26)人間は神に似る道を選ばず、欲望を神とする人間として世界を支配してきた。ゆえに人間の将来は悲惨である。罪を続ければその結果を刈り取る。今の世界はそう見える。 しかし、主イエスは「我に来たれ」と愛の手を延べておられる。 世界の回復は神の愛に立ち返る以外にない。私達はその宣言の旗手とされている。

† 初心に帰る。
 年をまたいで、不自由に思っていることがあった。win10のバージョンが全く更新しなくなった。間もなくサポート切れの表示に焦る。仕方が無くクリン・インストールに踏み切ると、最新のバージョン2004が入ってきた。他の3台のパソコンには通知がないのに驚いた。もちろんアプリは入れ直しとなったが、思い切っての始めからが幸いした。もう一つ:、Wi-Hi が機能しなまま2年に及んでいた。様々なアドバイスでチャレンジしても駄目だった。もう一度、虚心坦懐(キョシンタンカイ)になって、コントロール・パネルを開き、そこで解決した。何だ、これだったのか。まさに、世(人)に必要だと思える体験をした気がする。今のまま続ける事も大事、しかし初心に立ち返り、初めからやり直してみることは成功に繋がる。「それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて、初めの行ないをしなさい。もしそうでなく、悔い改めることをしないならば、わたしは、あなたのところに行って、あなたの燭台をその置かれた所から取りはずしてしまおう」 默2・5)初心に立ち返えれば、さらに大きく成長出来る。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (80)

「神が望み世が求める」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/7/12 1:00
 † 与える事のまこと。   
  一人の憂鬱そうな男が医者を訪ねてきた。「どうかされたのですか?」「はい、気分が優れず、毎日が憂鬱で、夜もよく眠れないのです」「何か薬を飲んでおられますか?」「はい、以前から憂鬱改善薬を飲んでいます」医者は色々と話を聞き、一つの提案をした。「今、この町にサーカスが来て公演していますが、そこのピエロがとてもユニークで人々を笑わせて大評判です。一度、見に行かれたら気分が変わると思いますよ」すると、その男性が答えた「実はそのピエロが私なのです」・・・・最も人々を笑わせ、幸せを与えている者が、最も病んでいたのである。世の中は「明るさ」「笑い」「楽しみ」を求めている。そのためにテレビが、映画が、劇場が、興業が、漫画が、小説が、音楽が必要である。こうしてみると聖書は人々の直接的要求に答えているのであろうか。確かにクリスチャン漫談家もおられるが、キリスト教会は、人間の真実の要求にこたえようとする。あのピエロの抱える、人間の深みからの悩みと苦しみの原因に答えて、福音による救いと喜びを与える。全ての人は、人生に未解決の深淵(シンエン)を持っている。いつかニコデモのように、主イエスのもとに導かれるよう祈ろう。

† 恐れの扉を開こう。
 コロナ・ウイルスの恐怖の日々、昨今の線状降水帯による豪雨被害が日本列島に起こり、明るいニュースは途絶えている。一夜の雨で百名に及ぶ生命が失われ、甚大な家屋の被害に見舞われている。私達は悲惨な映像の報道に痛みながらも、同じように日々を過ごす。人間の無力さを、対岸の事として見ながら自分を守る。無関心ではないクッションを設けて、自己保全をするのである。近年、立て続けに大自然の脅威(キョウイ)が、日本という小さな国を襲い続けている。これで終わりとはならず、これからの現実である。ソドムとゴモラの人々は災害を知らず、人間の歓楽と極悪を生きていた。しかし、日本人は違う、大地震のある事にも怯(オビ)えている。このような恐れが人々の中に培われている事を踏まえて、主イエスの福音を伝えて行くチャンスがあるのではないか?。伝える相手の必要としているもの、開きかかっている心の扉を見分けよう。そして共通の知識で話しあいつつ、人間の恐れと生命の秘密を明らかにして行けたらと願う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (79)

「神が望み世が求める」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/7/5 1:10
† 祝福があること。   
 14才の頃、祖父が病に臥(フ)せるようになって、気がついたことがあった。それまでは新聞を隅から隅まで目を通していたのに、一向に新聞を読もうとはしないことだった。つい尋ねた「新聞を読まないの?」祖父は言った「新聞を読んでも何んにもならんわい」・・・・死を予感する身に、新聞は慰めとはならん。と祖父は示したのだ。長いあいだ喜びであったこと、趣味であったことが虚しくなってしまう。活動的で多くを行ってきたのに晩年になって、やるべき事が見えなくなり虚しくなってしまう。自分に当たり前だった喜びや祝福が失(ウ)せてゆき虚しくなってしまう。これは大方の人がたどる行程のようである。人生がそうならないことが、一番求められているのではないだろうか?では、私はどうなのか、どの様な変化の中にあっても、決して虚しくならない祝福の中に生き、喜びが伴う、模範的な人生を生き続けているのだろうか? キリストを信じる結実は、何もかも出来なくなったにしても、平安と祝福が絶えず在ることだと思う。

† 真理探究の繋がり。
 驚きと発見こそクリスチャンの妙味と喜びだ。先日、87頁の古本を価格2500円で購入。私の生まれる三年前(1937年)発行の「クリストの教会とグループ運動」E・ブルンナー著である。なぜ、真理探究がブルンナーに繋がっているのか?摂理の糸を感じたからだ。私の22才(入信3年)の時「イエスの招き」キルケゴール著(井上良雄訳)を読み覚醒した。正式名は「キリスト教の修練」 その頃、白水社からキルケゴール全集22巻の刊行が始まったので買い求めた。さて、ブルンナーはキルケゴールの真理思想を「生ける神の言葉と聖霊」の教会、の土台にしている事を知らされた。井上良雄著「神の国の証人ブルームハルト父子」の聖霊の覚醒運動は、ビンヤードの聖霊運動と共通する。このブルームハルトとブルンナーは強く結ばれおり、霊的な共通の根幹を持っているのを知って驚いた。K・バルトがキルケゴールの「キリスト教の修練」の影響下で、世界を変えたと言われる「ロマ書の講解」を書いたと言われる。そういう諸々で、主イエスが私に望まれるのは「いのちの言葉と聖霊」の教会をブルンナーに学べ、と言われているようなのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (108)
牧師の想いカレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top