トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「不遇と優遇」(1)

牧師の想い

牧師の想い - 「不遇と優遇」(1)

「不遇と優遇」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2021/5/23 1:00
 † 人間の目には不可解。
 「私は奴隷たちが馬に乗り、君主たちが奴隷のように地を歩くのを見た」伝道10・7)この情景は知者であるソロモンにも奇異に思えた。この世に起こる悪の一種だと言う。この世の君(サタン)の支配の中では、このような不遇は、当たり前の世界なのだと考えた方が良い。オートマチックに人格者が優遇される世界ではないのである。「この世に引き出されたいならば、目立つことをしなければならない。現場では、目立つ服装をして監督の目に留まるようにし、人一倍働くことである。そうすれば監督の印象に残り、新しい仕事を任せられるようになる」というアメリカ版の話を思い出す。現実の世界は、愚か者が非常に高い位に就いていたりする。裕福なナバル(1サムエル25章)は高慢な愚か者であった。流浪の王ダビデと部下は、ナバルの下僕たちの難儀を誠実を尽くして助けた。ダビデ王は謙遜を示し部下をナバルの許に表敬訪問をさせたが、ナバルは酷(ヒド)い侮辱を加えて追い返した。神と伴なるダビデ王が、ナバルの一族の聖絶に歩を進めたとき、聡明なナバルの妻が身を挺(テイ)してひれ伏し、赦しを求め釈明をした。ダビデ王゙は血を流す不遇の状況から、この上ない神に優遇される状況に変えられたのであった。まさに、不遇に終わらせない神の摂理(干渉)があることを教えるのである。

 † 不遇のまま終わらない。
 「マイナスはプラスになる」また「悪いことは良いこと」これらは私達の常套句である。この世界は一面識な世界ではなく、多面識な世界であることを、私達は体験的に知っている。不遇(試練)は何を生みだすか?信頼である。 それは忍耐である。「その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります」 ヤコブ1・4)忍耐は、私達の神への信頼(信仰)によって全うされ、欠けのない成長と、人として全き者になる。これは現実的な不遇(試練)の目的だと聖書は語っている。今、不遇の真中にあると思える人は、主なる神が共に働いておられる。あなたの信仰(神信頼)が確かなので、地上の価値では測れない、天上にある主イエスの宝(価値)を手に入れるのである。そして、地上で真の勝利者となる。勝ち得て余り有る者となる。必ずそうなるのだ。ハレルヤ!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (168)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/762
牧師の想いカレンダー
« « 2021 6月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top