トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「目ざすものがある」(4)

牧師の想い

牧師の想い - 「目ざすものがある」(4)

「目ざすものがある」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/11/29 1:00
 † 終わりはどうなる?
 多くの著名な方々の訃報が伝えられる。そして彼らの輝かしい歩みが改めて心に響くのである。人生の功績は著名人に限ったことではない。生を与えられた一人一人の人生の行程が尊いのである。聖書は語る「その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』」マタイ25・21)今あるところで、前向きに働き生きることが、多くを任せられる者になる。仕事に善し悪しはない、人をうらやむ必要はない。天上の主なる神が誠実に評価される。そうされるのだから、何の不足もない。さて、重要なのは最後の終着点が大事である。主イエスにあって働き、人生を登り切ると、その頂点には永遠の都がある。主イエスが王なる主人として、あなたを出迎えてくれるのである。地上の実績がどれ程あっても、主イエスにない人生を登り切ると、そこに待ち構えるのは虚無という地獄である。暗闇の王が待ち構える恐怖の世界である。私達は神を畏れ、心を新にして生きて行こう。

 † 人間の暗闇を光りに換える。
 深層心理学では胎児・幼児体験を重要な人間行動の源として理解する。私達の人生は原始において、自分の生きる時の行動心理の種を蒔かれているといえよう。画一的な優れた教育を施しても、一様な人間にならない。それぞれの生い立ちによって、人生の内容(性格)が異なるのである。家庭の崩壊が進む社会にあって、子供達は円満な情緒に達しておらず、自己の不安がいろいろな場合に表れる。教会の使命は、人々を罪から救い、解放して下さる主イエスを伝える事である。自分が犯してきた罪からの救いと共に、さらに重要なのは私の人格に欠落している愛の回復である。心理学は原因を分析し、突き止め対策を提供する。しかし、愛を提供する事は出来ない。人を生かすのは愛であり、それは人間に不可欠な神の愛(無条件の愛)である。この神の愛の中でのみ、人はあからさまに自己をさらけだせるのであり、その結果、自分自身の人格(性格)の欠けたる部分が、愛(神の性質)で充ちて、全き人となる。聖霊の宿る教会のみが、人間の深みの暗闇を光りの中に解放出来るのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (172)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/737
牧師の想いカレンダー
« « 2021 1月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top