トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「偉大な価値を現す」(5)

牧師の想い

牧師の想い - 「偉大な価値を現す」(5)

「偉大な価値を現す」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/10/18 1:10
 † 脳細胞の偉大な機能。
  車椅子ランナーのマクファデン選手(1989年生)は、2013年世界選手権で6種目全てで金メダルを獲得し「史上初」を達成した。彼女がロシアで出生したとき、二分脊椎症による先天性下半身不随。6歳までロシアの孤児院で育ったが、放置状態であった。車いすもなく、彼女は足の代わりに“逆立ち歩き”をして歩くことに代えた。そのため自然と上半身が鍛えられていたのである。6才でアメリカに養女として移住することになる。日本での競技に来た時、日本の脳科学者が彼女の不思議な能力について調べた、足に働く脳機能が、手に働く脳機能と重複している事実を確認した。ロシアの孤児院では子供には靴が支給された。しかし、足の利かない彼女には、靴が与えられなかった。彼女の偉大さは、あきらめや劣等感に陥るのではなく、自分も歩けると逆立ち歩きで挑戦したことである。幼児期の脳細胞は適応性が「超」的に働く時期だと脳科学者は言う。彼女の肯定的努力は、東京オリンピックで7冠を達成することである。

 † メカニズムを探究する。
 40年位のパソコン歴で、必須の相棒はブリンターである。最初は16ドットのドットプリンター、次に24ドットのプリンター。今日では8台目で、8色インクジェット・ブリンター(高画質写真用)である。7台目も同じ内容のものだったが不具合が起こった。メーカー修理が終わっていて、どうにもならないので、自分で解体修理を試みた。90バーセント修復させたが、問題は一体化している部品の不具合に突き当たった。これさえ取り替えれば100%だがなんとも残念。分かったことは:解体し論理的に突き詰めて行くと、どこがおかしいかに突き当たることだ。もう一つは特殊部品の販売も中古品もないと言う現実である。メーカーも何十年という技術成果の結集として製品を世に出している。高価な物はメカニズムも高度で複雑である。今回はインクカートリッジから、プリントヘッドまでのトラブルだったので、解体が可能だった。電子部品のトラブルなら最初からお手上げだ。所で、人間も神の「作品」なので、どんなトラブルがあろうと、主イエスの福音と聖霊の力で修理(回復)可能である。複雑なメカリズムの故障に取り組むことと似ている。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (156)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/731
牧師の想いカレンダー
« « 2020 12月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top