トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「流れの初めと途上」(5)

牧師の想い

牧師の想い - 「流れの初めと途上」(5)

「流れの初めと途上」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/8/30 8:00
† 溝を掘ること。
 私達の快適な生活を支えてくれているのは、普段あまり気にもしない下水道の整備ではないかと思う。上水道はいち早く整備されたが、下水道は大きな設備を要し、工事も大がかりで財源がかかる。1976年3月、可児市(当時可児町)に開拓伝道に入り、現在の新会堂が建つ前年(2003年)に、下水道が埋設された新道路が、建設用地の前に造られた。市会議員に尋ねると、「ここは下水道は通りません」と聞いていたので、奇跡が起きたと感じた。可児市に来て28年間、下水道の恵みには預かり知らなかったが、大きな溝が掘られるのを特別な思いで眺めた記憶がある。「彼は次のように言った。主はこう仰せられる。『この谷にみぞを掘れ。みぞを掘れ』主がこう仰せられるからだ。『風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。あなたがたも、あなたがたの家畜も、獣もこれを飲む』2列318-19) さて、私達はどの様な溝を掘るべきかを、主イエスに尋ねたい。風も大雨も見ないのに、主なる神が生命の水を溢れさせてくださる。その御心とされる所を掘りたい。私達は、異なる所を掘っているかも知れないからだ。

† 霊的生命の源流。
 流れは、川に付随して想像しやすい。流れは気流でもあり、それは風として流れている。それと、私達の日々の霊的生命のために流されている物がある。旧約聖書では、それは最上のオリーブの燈油である。「二本の金の管によって油をそそぎ出すこのオリーブの二本の枝・・・・」ゼカ4・12)私達の霊的な生命のともしびの油も、神に属するものである。主イエスはゲッセマネ(アラム語で「オリーブの油搾り」)の園で、汗が血に変わるほどの苦悶で押しつぶされた。その、主イエスから溢れる油である。「私を輝かせる」ための燈油である。私達は、この夏の日照りの中で水を飲まなければ生きられない。等しく、霊的な生命も、乾ききっている世的な砂漠の中で、枯れてしまうのである。主の御前に出て、主イエスからの油の供給を受けよう。多量に求めても拒まれる事はない。主イエスの恵みの油だから。1)主イエスから油を受けないならば、私は輝く命を失う。2)そのためには、主イエスのもとに、絶えず訪れることとする。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (114)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/724
牧師の想いカレンダー
« « 2020 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top