トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「神が望み世が求める」(3)

牧師の想い

牧師の想い - 「神が望み世が求める」(3)

「神が望み世が求める」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/6/28 1:10
 † 福音の理解が鍵?   
 教会にあって働きをしていると、考えさせられることがある。それが、福音の性質を変えてしまうような内容である事がある。例えば「最近の教会では悪魔というような事については語らない」「そういう時代ではない」というような言葉が、身近に聞こえてくるのである。要するに人気が無いとか、人々の関心とするところではない。と言うニュアンスが含まれていることも事実である。一方、総じて教会は、新約時代に帰ろう。あの生き生きとした福音の力を回復しょう。と言う訳である。これは主なる神が喜び、大いに望んでおられることである。聖書に帰れば、主イエスが戦われ、使徒達が戦ったのは「この世の神」2コリ4・4)であり「悪魔」ヨハネ8・44)ではなかったか?人間は、アダムの堕落の結果、罪を引き継ぐ罪人である。そして罪人は悪魔の支配の下にある。「私たちは神からの者であり、全世界は悪い者の支配下にあることを知っています」1ヨハネ5・19)私達は、罪人を悲惨の中に握って離さない悪魔との戦いを宣教としている。そのために主に従い悪魔に立ち向かうので、神の望まれる御業が聖霊によって起こされてくるのである。

† 御言葉の現実。
 1986年6月に初めてアメリカに行った。日本人17名でビンヤードの「教会成長セミナー」に参加したのである。ビンヤード教会は当時2週間で100人規模の教会を生みだす急成長をアメリカ全土に展開していた。そのセミナーで驚いたことは、神が望まれる事を実践(デモンストレーション)することであった。ビンヤード・クリスチャン・フェローシップは、既に10年の歩みを続けており創始者のJ・ウインバーはP・ワーグナーと共に、フラー神学校で「しるしと奇跡」という講義を行った。同じように、私達のセミナーでも講義に続いて、神の現実として聖霊の働きを実際に行って見せるのであった。既に、ビンヤードでは信徒の方が訓練を受け、聖霊の働くミニストリーを行っていた。私は心から仰天した。新約聖書の中に現代もある。そのバラダイムシフトが起こった。自分が牧師として最も求めていた体験に招かれたからだ。「初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて」1ヨハネ1・1) ハレルヤ! 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (340)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/715
牧師の想いカレンダー
« « 2020 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top