トップ  > 牧師の想い牧師の想い >  「果てを見る」(6)

牧師の想い

牧師の想い -  「果てを見る」(6)

 「果てを見る」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2020/5/31 1:00
 † 私達の不要不急。   
 「不要不急」が令和2年を印象づける言葉になるに違いない。新型コロナウイルスの蔓延を防ぐために要請された言葉だが、その意味は「重要ではなく、急ぎでもないこと」である。私達も優先されるべきは何か?と常に考えている。そして、その優先したことが、続けられる事に気がついた。決して悪いことではなく、むしろ賢い人のする事と思われる。聖書をくまなく信じるものとして考えさせられるのは、その中で不要不急(重要ではなく、急ぎでもないこと)を設定しているのではないか? その事に思いがとどまった。コロナが日本にきて、日本のこれまでの医療の在り方の不備がわかり、機関の仕組みの悪さ、IT(デジタル化)の遅れなどが浮き彫りになったのが日本である。日頃の無事安泰を当たり前にして、不要不急とばかりに削減し、本当の危機を見据えた、安全な未来を築いてはいなかったのた。聖書に従って生きる私達だが、地上的な豊かさの中に生きるがゆえに、信仰から不要不急のものとして、差し引いてしまっていることがあるに違いない。主は言われる「愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった」マタイ25・3)

 † 果てをいかに見るか。
 信徒になって間もない頃、驚いて読んだ文章があった。60年も前の事だが、いまも新鮮である。・・・・「深い井戸の底から空を見るならば昼間でも、星を見ることが出来る」と言うものであった。衝撃が走った、昼間に見えるはずのない、果ての星が見えるのか?聖書に「心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです」マタイ5・5)私には神が見えないので、神は日頃は果てにおられるかのようである。しかし、神は見える? 主イエスは「神を見る」ことが出来るといわれている。「神が見える」と言うことと「深い井戸の底」から見える、という関連性に留まるようになった。心の清い人とは、真っ暗な井戸の底にまでおりて行ける人。誰もが嫌がることをする人の事に違いない。その人は悔いた心へ、砕かれた魂へ下って行く人に違いない。そういう人が神を見るに違いない。インマヌエル「神我らと偕におられる」という、リアリティの中に生きる人なのである。神は遠い果てにではなく、身近に見られるお方としておられる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (119)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/711
牧師の想いカレンダー
« « 2020 7月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
Login

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失 |


top