トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「知恵による収穫」(5)

牧師の想い

牧師の想い - 「知恵による収穫」(5)

「知恵による収穫」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/12/29 1:00
 † 信仰生活が知恵。   
 生きてきた長さが長いほど知恵が伴っているはずである。多くを学び、多くを体験してきたからである。悲しいことは私達は知恵にふさわしい生き方が出来ない弱さを持っていることだ。「わかちゃーいるけど、やめられない」また、わかっていても自分の習慣に崩されてしまうことである。しかし、こういう体験を続ける事も、次に続く知恵なのである。最終的には主なる神の前に出て、罪として告白し悔い改める事である。こうして知恵ある生活が出来る。主イエスはそれを待っている。また、年若いときは未信者との付き合いも多く、彼らの娯楽に加わるなどして、楽しく面白いことが大きくなるときがある。このような誘惑の時に人生が狂いやすい。その時には心の深いところで語られる主の声を聞く事だ。クリスチャンの魂の奧には主が住んでおられて語られる。「ただ強く、雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じたすべての律法を守り行なえ。これを離れて右にも左にもそれてはならない。それは、あなたが行く所ではどこででも、あなたが栄えるためである。」ヨシュア1・7

 † 振り返って新年を迎える。
 自動車の急ハンドルは危険をもたらす。新年になって急激な変化をしょうとすると、かえってうまく行かないと思う。残された数日を振り返りの時として、一年を、今までを省みてみよう。新しい年を迎えるにあたって適切な方向に人生のハンドルを回すことができるだろう。まず霊的問題としての自分を吟味しょう。「あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい」 2コリ13・5)次に、金銭について信仰的であったか顧みる必要がある。このところに人の本質が現れる。自分の第一に対してがわかるからである。「・・・・私たちの心をお調べになる神・・・・」1テサ2・4)に向かっての自己吟味が出来る人が成長できるのである。 これを棚に上げて信仰ぶっても、人には通用しても神には通用しないからである。これを省みれる人は素晴らしい年を迎えられる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (48)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/689
牧師の想いカレンダー
« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top