トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「繰り返し繰り返す」(5)

牧師の想い

牧師の想い - 「繰り返し繰り返す」(5)

「繰り返し繰り返す」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/9/22 1:10
 † 金魚の代替わり。   
  無意識のうちに繰り返されていることを思いつく。先日のことだ、いよいよ田んぼの稲が色づいて用水が止められた。この近所の用水は隣町にある御嵩町の松の湖(鬼岩公園)から引かれている。田に注がれる出水口の下にくぼみが出来て、辛うじてまだ水が残っていた。そこに小魚(銀ブナの稚魚)がいた。それに二センチほどの川エビも捕らえ我が家の金魚鉢に入れたのである。先住の金魚とも相性が良く異色の二匹体制になったのである。我が家にはネコも犬も鳥も飼われていないが、金魚とは四十年来のお付き合いをしている。発端は夏祭りの金魚すくいで持ち帰られた金魚が最初だ。金魚は何代にもわたって私の友となってくれた。私が近付いても逃げないが、他の人のタイミングには移動してしまう。小さな生き物でも、プランターの植物や観葉植物にも世話をする愛情は、いつしか自分の性格を豊かにする一面がある。彼らの命は私の意志に左右される運命にあるわけだが、私もまた主なる神のご意志の下に生かされていることを畏れを持って学ぶのである。

 † 直線的らせん。
  螺線(らせん)とは、下から円形を描きながら上に向かう階段を思い浮かべる。聖書の時間感覚は輪廻転生のような円環ではなく直線である。初めがあって終わりがある。地上的歴史の時間を最終時刻間際として見ている。聖書は私達の人生を最後の時(終末)から推し量って健全に生きることを勧めている。私達の人生は初めがあり終わに向かうが、螺線を描きながら直線的に進んで行く「今あることは、すでにあったこと。これからあることも、すでにあったこと。神は、すでに追い求められたことをこれからも捜し求められる」伝道3・15)個人の歩みにおいても春夏秋冬が毎年あるように、同じような出来事に遭遇して信仰を学び、霊的・人格的にキリストの身丈に近ずくように設計されている「すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます」ヘブル12・11)主にある勝利を豊かに体験して、神の国の中に生き続けて行くのが私達である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (55)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/675
牧師の想いカレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top