トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「結果と原因」(1)

牧師の想い

牧師の想い - 「結果と原因」(1)

「結果と原因」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/3/31 1:00
† 全ての源は思考にある。
  英国出身の哲学者ジェームズ・アレン著「原因と結果の法則」を思わぬタイミングで読んだ。60万部が売れている内容ものである。酷(ヒド)い腰痛の痛みで外科医に行ったが待ち時間が一時間半あった。その時、目に留まり読んだのである。J・アレンによれば「私たちの存在する宇宙には、ある一定の法則が働いている。それは、心のなかで生まれた「思い」が現実となって現れる「原因と結果の法則」である事をわかりやすく宣べている。ブリタニカ国際大百科事典によれば「生起を含めてなんらかの変化が事象に現れる場合、当の変化の根拠とみなされるものを原因、変化した相を結果と呼ぶ。結果は原因に依存し原因なしには結果は生じない」とある。この「牧師の想い」は夢を見るのではなく結果を生みだすものなのである。結果を重視するならば、一層、原因である「思い」が重要となる。クリスチャン諸氏に、このJ・アレンの「原因と結果の法則」を持つ事をお勧めする。

† 思いが世界を創る。
  NHKの朝のドラマ「まんぷく」が終演した。このドラマの中心となった思想は「人々の役に立つものを創りたい」とした日清食品創業者「安藤百福」夫妻がモデルである。思いがなくては努力することも、失敗を乗り越えることも出来ない事を、このドラマは訴え続けたと思う。現代の私達は「一億評論家」の一員となって、おしゃべりが巧みになった分、崇高な思いから遠ざかり日常に埋没して話のネタを探している。聖書を読む私達はなんと幸いではないか。また礼拝に出て、驚くべき主なる神の思いと、ご計画が実行されている現実に触れ、地にへばりつこうとする低い精神を高く引き上げられるのだ。神の言葉は「創造」である。ヘブルでは「言葉は行為」と同じ意味で理解される。主イエスの言葉はそのまま現実である。神の愛と聖と義の思いが「言葉(原因)」となり、計画実行され「実現(結果)」として現れた。神の最善「救いの思い」は、世界において実行が進んでおり間もなく完成する。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (198)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/649
牧師の想いカレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top