トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「立たされている」(6)

牧師の想い

牧師の想い - 「立たされている」(6)

「立たされている」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/3/17 1:00
† 完全な立位置とは。
  ここで言う立位置とは相対的などちらに立っても同じというようなものではない。アブラハムが神に命じられた「全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい」創22・2)この場面で、捧げるか捧げないか、どちらでも良いよ。とは言われていない。ここまでに至るアブラハムと主なる神の世界において、忘れてはならないことがある。それは不可能を可能にされる全能の神をアブラハムは痛いほどに体験し認識しているという事だ。その上での試みであると言う事である。例えば羊百頭を全焼にせよ。と言うのと、独り子イサクを全焼にせよ。では違いがある。しかし、主なる神が求めているのは、私が全能の神であることを信じるか?と言う事である。アブラハムには情愛の問題が倫理的な問題が直ぐに襲ってきたことだろう。しかしアブラハムは神を体験した確かさにおいて、躊躇することなく朝早くモリヤの山にイサクを連れて出立した。私達に言える事は神を体験し「識った」ならば、それにふさわしい行動をすること。それが「立たされている」所であると言えるだろう。  

† 楽しくあるべき人生。
  楽しくない毎日を何年も過ごした事があるだろうか? 私の人生の中に修業時代があった。それは徒弟制度であって「有無(ウム)を言わせず」と言う世界。物事を強要されるだけの世界の中に、少なくても三年以上は続いた。山本有三著「路傍の石」の世界だった。今になって思えることは、その事によって得たことが、いま「立たされている」事に深く繋がっている。悲しみの土壌から夢や希望がわかり、楽しさは与えられる恵みだと悟った。楽しくあることを当たり前としているとしたら、これから遭遇する苦しみや悲しみに大きな痛手を受けるだろう。聖書で、畑に宝を見つける記事(マタイ13章)がある。ユダヤ人は襲われると強盗に金銀を与えて生き延びる道を選んだ。丸裸になるので、畑に必要な宝を隠したのである。初代のクリスチャンは迫害の中で略奪され、家を焼かれ追放された。けれども、この世のものを失う事に未練を持たず、神の都を思って、信仰によりこの世の旅路を当たり前のように歩んだのである。私達が何のために立たされているかを、深く考えさせられる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/647
牧師の想いカレンダー
« « 2019 3月 » »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top