トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「こだわりを持つ」(7)

牧師の想い

牧師の想い - 「こだわりを持つ」(7)

「こだわりを持つ」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/2/3 1:00
† 喜ぶべき第一のもの。
  数え切れない感謝と喜びが人生ではないだろうか?116才を元気にしておられる婦人は六つ目の新しい元号を迎えようとしている。この婦人の若さは毎日チョコレートを欠かさず食べておられると聞く。しかし、たとえ短命で生を終わるにしても、生かされていると言うことには変わりはない。生かされていることを喜べることが重要なのである。「しかし、愛する人たち。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです」Ⅱペテロ3・8)私のこだわりたいことは、いま主イエスの中に生かされている恵み以上に喜びはないことだ。むしろあってはならないと「こだわる」のである。私の不幸は救い主キリスト以上に別の喜びを持つ事である。既に持っている神の恵みにさらに恵みを加えられて喜び踊りたいのである。

† 交わりから離れないこと。
  「ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか」 ヘブル10・25)この勧めの目的はなにか? 教会の会員数や礼拝出席数のために語られているのではない。私自身の健全さと神からの祝福のためである。一緒に集まる中では問題もある。気が合わない人も、自分と正反対の人もいて考えが全く違う場合もある。そういう中に気持ちよく居れないと思われる。しかし「鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる」箴言27・17)もし、私達が自分の意のままであるならば「研がれる」ことはほとんど起こらない。聖書では使徒の間にさえ激しい対立が書れている。(ガラテヤ2・11)それによって理解し合い成長するためである。多くの異なる人々の中で研がれることを逃げてはならない。自分の健全な成長とキリストの恵みを受けるために「こだわって」集いの中に入り込もう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (294)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/641
牧師の想いカレンダー
« « 2019 4月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top