トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「こだわりを持つ」(4)

牧師の想い

牧師の想い - 「こだわりを持つ」(4)

「こだわりを持つ」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2019/1/13 1:00
† 依存する根拠。
 子供の頃、思ったことは、友達は男らしいな、と思ったことだ。ある友達は男気があり自ら行動し積極的である。その評価は別として、そうなれることに感心した。今で言う自立心が旺盛なのである。その子の家庭環境が必ずしも優れているわけでもなかった。川で遊んでいると友達は石から石へヒョイヒョイと渡っていくが、それがとても怖かった。私が幼少の頃に両親が過保護的に危険と思われる行動を私にさせなかった事があった。その影響が大人になってもある。愛されて育つことと自立の関係はともかく、依存の心が自立を妨げると良く聞く。この世では誰にも頼らず自分で出来る事が称賛されるが、それで良いのだろうか?主なる神は人を創造されたが完全自立させなかった。造り主である主なる神に依存すること。主なる神の言葉に服従する事が完全な人間を意味した。神から自立したら自己破壊である。依存することは必須であり重要な私達の所与の宝である。

† 真理とはなにか?
「そこでピラトはイエスに言った。「それでは、あなたは王なのですか。」イエスは答えられた。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います」ヨハネ18・37)この主イエスのことばに対してピラトが呟いたのが「真理とはなんですか?」38節)である。私達が最もこだわらなければならないことは「真理に属する者」ならば、真理を徹頭徹尾探究し真理を知る事に人生を掛けるべきだと思うのである。真理は永遠の主なる神のようである。また地上の人間が最も喜ばしく輝ける不偏のテーマである。主に救われたその瞬間から真理の無尽蔵の富の中に生きる者とされている。それが「神の子供とされた特権」ヨハネ1・12)である。真理を知る喜びにもっともっとこだわって生きる輝きを増して行こう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (324)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/638
牧師の想いカレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top