トップ  > 牧師の想い > 最新エントリー

牧師の想い

牧師の想い - 最新エントリー

「一貫性の喜び」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/4/15 1:00
 † 曖昧な私とつき合う。
   私とは曖昧で一貫性に欠ける人間である。しかしながら、これは全ての人に共通する事かも知れない。曖昧な私なので、心して一貫性を求めるのが実情である。内村鑑三はキリスト者として、戦争に傾く厳しい社会情勢の中、信仰の一貫性を持ち続けた世界に誇れる人物である。激しい迫害の中でも彼の信仰の精神は生き続けた。私にはそれほどの力はないが、彼を思うと勇気を与えられる。曖昧とは、あるべき轍(テツ)「先人のつけた道」を歩まないことであり、、自分の弱さに迷い、混乱した行為をすることである。「君子危うきに近寄らず」はキリスト者にとって重要な事である。誘惑は、自分を曖昧にしてしまうからだ。一貫性を保ち続けるには、このような曖昧さを纏う私と、しっかりつき合って行くこと。行くべき真理の車輪のわだちが見えているのに、そこを歩まず外れ出てしまうからだ。曖昧な私に厳しくつき合って行かないと、右に左に揺さぶられ振幅が大きくなり、一貫性とは何か自分でわからなくなるからである。曖昧な私を見据える事が、一貫性をもたらすことになる。

 † 今までとこれから。
   今までを生きてきたことは、素晴らしい事である。一人一人には独自の歩みがある。ずいぶん遠回りを強いられた道のりであったかもしれない。ある人は苦労もなく直線的な歩みをしたかもしれない。聖書には、さまざまな人物の生き様が書かれている。世界の富を惜しみなく手に入れたソロモン大王もいれば、金持ちの軒下で食べ残しを待つ、全身おできのラザロもいる。そういった人々の結末を聖書は克明にしている。それは私達が自分の今までを不遇に結びつけるのではなく、感謝に結びつけ、生を与えた神を誉め称えるためである。私は2才にして太平洋戦争に巻き込まれ、激変する環境の中で押し流された。もがき続けたお陰で「真理による自由」ヨハネ8・32)に、たどりついた。苦労をする事、不遇を耐えることがなかったら、このような出合いはなかったのでは、と思う。私の場合、主イエス・キリストに勝るものは他に無い、という世界になった。「あなたは私の助けでした。御翼の陰で、私は喜び歌います」詩63・7)キリストに出会って、58年に及ぶ今まで、主なる神は真実に支えられた。残された日々は短いかもしれないが、偉大な真理の自由のために、一貫して全力を尽くしたい。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (194)

「一貫性の喜び」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/4/8 1:00
 † 死と生の一貫性。
   先日、親しかった従兄弟の骨を拾った。彼は78才だった。心に迫られたことは、死こそ人間の現実であり、確実なものであると言うことだ。日本人は、終わり(死)から考えて生きるとか、終わりに向かって生きるという考え方はあまりしない。そういう文化背景がないと思う。死も生も、無情の中にあり「無」であると教えられ、混乱しつつ考えるのが日本人ではないか?キリスト信仰は、死と生のまことの文化を与える。宇宙万物の創造があり、まもなく完成がある。キリストの死からの復活は、私達人間の完成に道を開き、死を人間の新たな誕生日に変えてしまったのである。人間の死は、人間が完成される過程の一部に過ぎない。死は人生の新たなる出発とされたのだから、地上の人生が全てではない。死を契機に、これまでの人生に報いを与える。「栄光と誉れと平和は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人(私達)にも、善を行なうすべての者の上にあります。神にはえこひいきなどはないからです」ロマ2・10-11)今の私達の生き様は公正な審判で計られているのである。私達の人生に一番大事なことは、死を人生の要(カナメ)として、健全に、ハッピーに受け入れることである。私の身体は死して塵(チリ)に帰るが、私は地上の人生を引き継いで新たに生きるからである。

 † 平安であり続ける。
   NHK朝の番組「わろてんか」に教えられるところがあった。どんなときにも笑う、と言うことが、どのようにできるのか? 笑えない現実の中ではどうするのか。・・・・私達は復活という真実な根拠があって、死を克服できる人生を持てるように、どんな時にも「笑う」には根拠が必要である。その、キーワーズは「人間は、どんな動物よりも愚かで、戦争をして人を殺し合う」という所。「だから憎しみ合うことより笑いが必要なんや」・・・・笑うということは知的行為であり、険悪な空気を変える積極的な平和思考であるのだ。たとえば夫婦を中心に家族が笑い合えたら円満を象徴していると言える。笑いを失った生き方は、人生の健康を損なっている結果では? 神の平安(シャローム)は、日常の挨拶の言葉とされるが、神の繁栄という意味も含んでいる。主なる神の支配下に生きる私達は、主なる神の祝福の中に過ごしているので、平安なのだ。故に「あなたがたも同じように喜んでください。私といっしょに喜んでください」ピリピ2・18)なのである。お笑い芸人によって「笑う」事も大事だが、私達は神の平安が与える喜びを持っている。私達はその喜びをわかち合う。喜びは、絶えない潔い笑いとして、決して途切れることのない一貫性である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (286)

「一貫性の喜び」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/4/1 1:00
 † 喜ばしい私となる。
   誰もが「喜ばしい私」なのである。ここには誰々よりも優れているという意味あいはない。喜ばしい私であると言うことは、私の実存(ありかた)の問題である。不幸と認識するか、幸いと認識するかは本人の問題となってくる。最も幸いな一貫性は、自分自身を喜ばしく迎えられている自分にある。そういう構造になっていない人は、自覚的に喜ばしさをあまり感じて生きていないのではないかと思う? 「イエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです」ルカ18・16)毎日が天国のように楽しい(喜ばしい)幼子達は、主イエスが私達に期待されている「喜ばしい私」なのである。大人でありながら主イエスにあって幼子である「喜ばしい私」として生きられるように、主イエスは十字架を私達のために負い、私達のために墓から復活されたのである。「喜ばしい私」として生きている神の子供(クリスチャン)を見ているか? 知っているか?自分の外を見るのではなく、自分を見て欲しい。喜ばしい一貫性こそ私にあるのでは?

 † 影響されて影響されない。
   私達の生活は世界情勢や国内状況の大きなうねりの中で、変化が起こり今まで順調であったものが後退に転じることがある。産業や経済のことばかりではなく、宗教界(霊的世界)にも共通している。日本の極度の高齢化は、勢い宗教を斜陽産業と言わせている。肌身で感じないけれども現実的な事実である。そういう環境下で教会の有意義な活性化のために、いろいろな議論や方策のセミナーも開かれてきた。確かに多くを私達は受け入れてきた。一方、私達は影響されて影響されないもの、私達の独自性を持つようになっている。それを一貫性と位置づける事が出来る。個々の教会には築かれてきた歴史の中で持つ独自性がある。それを自覚してより発展的に宣教体質に繋げて行ける事が望まれる。その教会は多くの影響を外から受けるが、変わることのない独自性を発展させる事に重きをおくのである。教会はさまざまな刺激や有益な影響を必要とするが、持っている独自性を失うのではなく強化し創造性をさらに発展させるようにしてゆくことである。喜ばしい教会の在り方だと思う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (434)

「一貫性の喜び」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/3/25 1:00
 † 倒れないように生き続ける。
   「ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい」1コリ10・12)大切な現実的な神の言葉である。もちろん聖霊は真理に生きている人々に語りかけている。喜びに生きる一貫性で大切なのは「気をつけなさい」とあるように、倒されてしまう事実があるという認識をしていること。それは、常に自己点検していることが大切だと言われている。「立っていると思う者は」とあるように、信仰を道として、そこを歩み続けている私達だからである。そうではなく、自分はそこに立ってはいないと思う者もいるということも含まれるだろう。しかし、そういう人々に、ここでは語っていない。弱い、強い、が言われているのではい。主イエスによって、折角与えられた喜びの生活を一貫して生きるために「ですから・・・・」と言う風に励ましを与えているのである。信仰の喜びと勝利の一貫性を生きる事が私達だからである。前節(9-11)を読むと「ある人達は主を試みた」「ある人達はつぶやいた」そのために倒れ、滅ぼされたという事実を示して「倒れないように気をつけよ」と、言う訳である。霊的一貫性の中で、これほど重要なことは無いのである。互いに励まし合う、信仰を喜び合う事が教会である。

 † 挑戦する相手。
   オリンピックで連続金メダルを獲得した羽生結弦さんが口にされる言葉で「自分に挑戦する」を良く聞く。世界には競い合う相手が大勢いるが、あえて戦う相手は自分であると言う訳である。マリナーズに復帰したイチロー選手を見ても、彼の戦っている相手は「自分自身」である。目標というものは自分の外側にあるように思われるが、そうではなく自分の内側にあるもの、自分に挑戦してゆくものなのだ。これを一貫してやっている、それだから人のやらないような努力をする。挑戦相手が自分だからである。仕事への挑戦でも、成績への挑戦でも、収入のための挑戦でもない。全ては自分への挑戦としているのだ。年を取れば体力も衰えるだろうし、気力も長続きしないかも知れない。良いときも、悪い時も、自らに挑戦して生きる事には悔いが無いはずだ。これは聖書的で間違いないことである。挑戦とはあきらめないことを示している。最も輝かしいキリストの身たけ(エペソ4・13)にまで達するには、これまでよりも、これからの自らへの挑戦にかかっているのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (471)

「一貫性の喜び」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/3/18 1:00
 † 長い喜びのために。
   偉大な物理学者スティーヴン・ホーキング博士が76才で逝かれた。難病の(筋萎縮性側索硬化症(筋肉が徐々に硬化して行く病)に犯された当初は、なぜ自分にこの病が発症したのか受け入れられなかった。同じ病棟で少年が白血病で亡くなったことを見た。自分よりも不幸な人がいる事を知り、死が訪れるまで積極的に生きる事を決意した。そして物理学を根底からくつがえすような理論を発表したのが「ブラックホールが蒸発し消滅する」即ちなぜ、あるはずもない熱が存在するのか?という「ホーキングのパラドクス」である。それから10年間、物理学は答を見つけることは出来なかった。要するにそれほどの重大な事実を発見したのであった。物理学は今や「神の数式」に迫ろうとしている。「ダニエルよ、あなたは終りの時までこの言葉を秘し、この書を封じておきなさい。多くの者は、あちこちと探り調べ、そして知識が増すでしょう」ダニエル12・4)ホーキンズ博士に戻るが、過酷な闘病生活に屈せず、研究を推し進め「自分に出来ないことに目をけるのではなく、出来る事に生きれば良い」と、自らを持って、人々を励ました。力強い生涯だった。

 † 最後のけじめまでする。
   「立つ鳥跡を濁さず」この対句には「あとは野となれ山となれ」がある。水鳥は立ち去るときに、水を汚さない(濁さない)ことから生まれたと聞くが、人間として小事にも大事にも大切な、潔(イサギヨ)い一貫性を身につけることだ。例えば小さな仕事であったり、奉仕であっても、しっかりと最後までをやり通す。そこには後始末としての整理整頓や掃除が伴う事もある。それが、けじめである。「小事に忠実な人は、大事にも忠実である。そして、小事に不忠実な人は大事にも不忠実である」ルカ16・10)忠実という言葉の中身に、最後までのけじめが入っていると思っている。これを小事に対して行えるように自分に律して訓練することが、大事を任される忠実に繋がると信じている。今の風潮は、余分なことはしない、労苦しない事が知恵だと考えたり、得する事だと思っている。これは大きな勘違いである。霊性の一貫性の中に、どんな小事にも忠実で、最後までのけじめ(責任)を果たせるようにすれば、その一貫性は偉大な事柄に繋がっている事に気がつくだろう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (484)
牧師の想いカレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top