トップ  > 牧師の想い > 最新エントリー

牧師の想い

牧師の想い - 最新エントリー

「成長する人の痛み」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/10/15 1:00
 † 自己尊大さがない。
   人間の本質には「自己尊厳性」という自分を自分あらしめる本能がある。どのような立場の人にも、どのような環境にある人にも、認められ尊重されるべきものである。人を軽しめる事の無い主キリストのうちには、常にその人の尊厳を受け入れ愛しておられる事がわかる。あのイスカリオテ・ユダにさえ最後まで彼の尊厳を愛し、悔い改めることを求めておられた。しかし、ユダは主キリストの愛のうちに育まれる尊厳性を棄てたのである。自己尊厳の強い人はモーセのように柔和である「モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった」民12・3)その優しさは「有りて有る」唯一の神を知り、その中に存在し、主なる神のみこころを行うしもべであると自認したからである。その究極の完全な自己尊厳は主キリストに認められる。主なる神の、独り子としての尊厳をお持ちであったので「おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた」ピリ2・8)のである。尊厳性の故に痛みをも引き受けられたのだ。尊大とは「威張る・人を見下げる・自分を上位に置く」と言う意味である。しかしまことの自己尊厳を持つ人には卑しい尊大さは見られない。

 †  神の恵みに留まる秘訣。
   「罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました」ロマ5・20)この逆説(パラドクス)は、個人の信仰にとって重要な真理を言い表している。罪の悔い改めを問うことによって、神の恵みの現実性を知るようになる。神の赦しを受けると言うことは、真摯に罪を告白することである。それで、罪の支配から神の恵みの支配を受ける事になる。過去を赦されたという恵みは真実であり、キリストの血潮の故に完全な潔めを頂いている。以上の告白は重要な真実である。しかし、私達は一度悔い改めると、これで終わりにしてしまいやすい。まことの恵み深い人生は、恵みが絶えざる悔い改めの必要を私達に求めているのだ。その霊的なメカニズム(仕組み)は次のようになる。恵みに生かされているならば、恵みは罪を嫌い、罪から遠ざかるように働く。くちびるの罪を恐れ言葉に注意する。自分の足りないことも、一日罪を犯さないように聖霊の導きを求めて祈る。このように悔い改めは継続的に続くものなのである。使徒パウロは「罪人の頭」という毎日の中で、絶大な主なる神の恵みの中に生きた。罪を憎むという実存的な生き方によって、罪を嫌い、悔い改め続けたからである。主なる神の恵みが聖霊を通して、そのように働かれるのだ。 今、悔い改める必要を感じない?・・・・それは恵みから遠のいているのでは?
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13)

「成長する人の痛み」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/10/8 1:00
 † 蛇の聡さと鳩の素直さ。
   「いいですか。わたしが、あなたがたを遣わすのは、狼の中に羊を送り出すようなものです。ですから、蛇のようにさとく、鳩のようにすなおでありなさい」マタイ10・16)私達は教会の中では平安に守られている。あるいは信仰が機能しているところでは神の国があり安全である。それがないところ、職場や学校や地域、あるいは家庭であるならば蛇のように聡く、鳩のような素直さがいると言われているようである。狼の中というのは神を神と認めない人々の中に送られている事であったり、悪を悪と思わないような人々もいる中に送られていると言うことだ。先日も見事にハッカーに操られクレジットカードを悪用された。Appleそのもののホームだったが詐欺の手口だった。カード会社が気付いて実質的な損害にはならなかったが5万円を引き出されていた。その驚きは痛みをもたらしたが、蛇の賢さで防御する術を学んだ。このような金銭の問題だけではなく、今の時代ほど人間は滅びやすい環境におかれている。科学技術の進歩が人間を幸せにするかのごとく大手を振り、錯覚の世界へ導いている。この世を楽しみ横臥(オウガ)する事を第一に求めると、待ち構える狼の餌食になる。

 †  痛みは成長の糧となる。
   「艱難汝を玉とす」の言葉のごとく、多くの困難(痛み)を通して立派な人格になる。そういう人は賢い成功者に成長する。聖書のすばらしい事は、神は全能者で助け主であるのに、ご自分の選んだ民(イスラエル)や先祖アブラハムやイサク,ヤコブに患難の中、試練の中を通らせる。ダビデなどを見ると「神に愛された人」と言われているのに、ありとあらゆる患難が降りかかっている。まさにライオンが生まれたばかりの子を谷底に落とすように、与えている自力を用いよと言わんばかりである。勘違いしていけないことは、神は患難試練の時、痛みに苦しむ時に「私を呼べ。そうすれば私はあなたに答え、あなたの知らない、理解を超えた大いなることを、あなたに告げよう」エレミヤ33・3)と、待ち構えておられるのである。実に、これが現今に生きる私達への慰めであり、励ましである。多くの聖徒が、今や「主の御名を呼ぶ」ことをしなくなった。患難を回避し、痛みを回避して、神に向かうべき時を持たないのだ。主なる神の期待する「玉」となる成長はあるのだろうか?
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (43)

「生命の流れる道」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/10/1 1:00
 † 人間の罪に向かって流れる。
   神の生命は愛に満ち、慈しみに満ち、潔さに満ちた永遠の生命である。そんな生命とは関係なく、自己愛と欺瞞に満ちた罪の中を生きると大変なことになる「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです」ロマ6・23)とある通り、私達は悪魔に操られないよう気概をもって生きたい。罪とは「故意的に犯すもの」である故に、誰でも罪を思い出す。しかし「義人はいない。ひとりもいない」ロマ3・10)とある。言葉上からは今生きる人間は、全員が深刻な罪人なのである。なぜ深刻な罪人と言うか、罪を深刻な問題と認めた人(罪人)が、キリストの罪の赦し、完全な自由を確信できる。自分を深刻な罪人と認めない人に、深い生命の流れは生まれない。罪を深刻に認めない罪人の特長は「頑(カタク)なさ」である。自分を何ものかだと思う傾向に生きているので、深刻な罪人だと思いたくないのである。これこそが神に敵対してしまうのだ。自己実現の自由を求め、他からの評価を求める自分のこだわりに捕らわれているのである。神の恵みは私達(あなた)の欠けたる部分を修繕するためにあるのではない。私達の深刻な罪に向かって、神は恵みを注ぎ「新しい被造物」に造られる。生命の流れる器にされるのである。

 †  道に道を作り続ける。
   初めキリストが「道となって」世に来られた。そして弟子達がキリストを継ぐ「道」となって「・・・・地の果てまで」使徒1・8)証人となって、世界に「道」を造った。キリストの教会が生まれて2000年の歴史を経てきた。また今年は「宗教改革500年」を迎えている。神学者A・マクグラス「プロテスタント思想文化史」によれば、20世紀に起こり21世紀にも発展している、カリスマ・ペンテコステ信仰による拡大が「教会・信仰改革」を最も著しく、世界規模の運動として広がり続けている。とし、聖霊の生命の流れを重視している。ルターの「信仰のみ」が、まことの「キリスト者の自由」をもたらしたように、ルターの切り開いた信仰の道をプロテスタント教会は継承して行く。また、信仰に生きた神の人を通して、この日本にも、生命を継承する献身者が起こされたし、現在も神の生命に燃やされている器を通して、神の生命を流す新しい弟子が生みだされる。私達ビンヤードも、聖霊のしるしと不思議の伝道(力の伝道)を引き継いでいる。さらに復興したいならば、神の前に進み出て「ここに私がおります」イザヤ6・8)と、跪(ヒザマズ)いて主の訪れを待ち望めばよい。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (35)

「生命の流れる道」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/24 1:00
 † 感覚的人生とは。
   私達は誰でも感覚的な出発をする。赤子はなんでも口に入れようとするが、本能と言うよりは、生理学的な感覚的満足のためだという事を聞いた。世界というものを幼いときから五感を通して認識して行く事は誰も否定しないと思う。大人になっても知性の増大に伴って認識した事を感覚的に受け入れ行く。これがこの世に生きると言う事である。世界情勢一つをとっても、刻々の変化を感覚的に受け止めていると思う。これは人間が地上で100年生きるためには必要である。しかし、本来の生命は別の歴史である聖書の出来事の中にあるわけで、地上的に培った感覚でスッキリ理解できるものではない。その意味でキリストを信じられている私達は、全て主なる神の恵みによって、神の永遠の生命の中に入れられているのである。肉的な感覚は快楽と、その欲情を伴ないあらゆる欲望に繋がる。感覚的な生き方は地上の事柄に終始する生き方である。しかし、主なる神を信じられた私達は霊的な感覚を研ぎ澄まして生きる者である。主なる神に触れ、主を見て、御言葉を聞き、聖霊の香を嗅ぎ、全ての善きものを味わう。地上でも神の生命の中を生きて行くのである。

 †  主イエスによってのみ。
   賛美歌267「神はわがやぐら」の原詩はマルチン・ルターである。日本語訳詞にはルターの原詩とは異なる訳がされている。聖歌233番「み神は城なり」中田羽後氏編集には、ルターの意図した詩「・・キリストイエス勝ちを得たもう唯一の神なり」が反映されている。ルターは宗教改革ののろしを挙げたが、教皇派の勢力の大きさ、迫り来るイスラムの軍勢、何よりもルター陣内の分裂という四面楚歌の中で、この詩が生まれた。ルターは徹頭徹尾、救いはキリストのみとし自らに何ら頼るものなしとした。このような理解は使徒パウロも同じで、十字架と復活の主イエス以外に頼れる根拠はないとする。福音宣教は「・・・・私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行なわれたものではなく、御霊と御力の現われでした」1コリント2・4)と語る。賛美歌267の2番「・・・・われと共に戦いたもうイエス君こそ・・・・」と訳されている。ルターの信仰が全く異質のものに変えられている。今や人間が神の御業にしゃしゃり出て神の生命の流れを妨げているのではないか?という高邁(コウマイ)さがある。聖霊を信じるのは良い。伴われる聖霊を力とするのは良い。しかし、道具のように見なしたら終わりだ。生命は聖霊なる神に仕える所にあるからだ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (46)

「生命の流れる道」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/17 1:40
 † 短期と長期の道。
   貯蓄の話ではありません。しかし似ているところもある。短期間に築かれる道は、集中的に行われる突貫工事で、日夜を通して作られることが大方知られている。例えば短期間に造成された敷地等は変形しやすく注意が必要である。私達が霊的に成熟するには短期間の道と長期間の道を併せて考えて行くことだと思う。神の恵みによれば私達は瞬間にして新しく生まれ変わる。そして聖霊によって神の御霊に導かれる神の子となる(ロマ8・14)この事によって、神の愛を注がれて生きる道ができる。これらは主なる神の恵みによって与えられている道であり、超短期間に完成する。主なる神の御前に私達こそが天の生命を地上に流す道とされたのである。長期的な道とは、このような恵みの特権を持ち続けること、流し続ける事に尽きる。主なる神の恵みはあまりも偉大なので、私達は人生のあらゆる試練や危機と問題に直面して、神の恵みと導きを体得できる。そうして、自分自身を臆することなく神に委ねて成熟に導かれる。このように、長期的にキリストに繋がり続ける事で豊かな実を結ぶ。これこそが、生命の流れる道と称される生き方である。

 †  最も価値ある事。
   この世に生まれて誰もが生き方を問われる。子どもの時には「どんな人になりたいか?」とか「何になりたいか?」とか問われたことがあるだろう。しかし、世の中のこと、自分の事がわかりだすと難しく感じるようになる。結局、学問を修め、技術を習得する事は「この世の中に生きる」手段だとわかる。この仕事よりも、この仕事、この業種、公務員が有利とかいう価値感である。この危機の時代にあって政治家こそが大きな価値だと考える人もいるだろう。私もそのような理解の中に生きる一介の人間であった。ただ違っていたのは、私の環境が私の自由を全て封じ込めたことである。この桎梏(シッコク)を感じて、天に呼ばわった記憶がある「神はいない、まことの自由はない」と、15才にして絶望を体験した。私が世の中の環境に貶(オトシ)められた事が、主イエス・キリストとの出会いをもたらした。明確に悟ることができたことは「主イエス・キリスト」は絶対的な価値である。この世の相対的で失われる価値ではないと言うことだった。要するに、主イエスが私の生命となれば、私の生きる道は主イエスしかないし、流れ出るものは主イエス以外に無い事になると云うことになる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (131)
牧師の想いカレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top