トップ  > 牧師の想い20181014のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 20181014のエントリ

「人生の技法」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/10/14 1:00
† 何もかも出てくる。
  聖書の中でも興味深い記事の一つは「もし吹き出物がひどく皮膚に出て来て、その吹き出物が、その患者の皮膚全体、すなわち祭司の目に留まるかぎり、頭から足までをおおっているときは、祭司が調べる。もし吹き出物が彼のからだ全体をおおっているなら、祭司はその患者をきよいと宣言する。すべてが白く変わったので、彼はきよい」レビ13・12,13)である。腫れ物が全身を覆うことと、生肉が白く変わった場合に「きよい」とされた。幸いな人を聖書は定義する「幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は」詩32・2)しかし、咎を隠し、罪を告白しない時「・・・・御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました」詩32・4、5)幸いな人となるために必要な事は、罪、咎を何もかも洗いざらい、さらけ出す事に尽きる。あたかも全身に吹き出物が現れるように,そうすれば「きよい者」と、主は宣言されであろう。

† とにかく繋がっている。
   ブドウの木はキリストで私達はその枝である。「わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです」ヨハネ15・5)私達の問題は枝に繋がっている確信を何においているかと言う事である。主を信じている、祈っている、御言葉を学んでいる、と言うような感覚であるかも知れない。あるいは礼拝を守り、月々に什一献金を捧げている、と言うことかも知れない。これら全ては大切な繋がりの意味と内容を持っている。さて、主イエスが繋がるという技法をここで宣べておられる。第一、父が私を愛された様に私もあなたがたを愛しました。私の愛の中に留まりなさい。15・9)第二、その愛というのは私の誡めを守る事だ、私が父の誡めを守って父の愛に留まってるのと同じなのだ。15・10)第三、キリストに繋がっている証拠は、私達が「誡めを守って互いに愛し合っていること」 なのである。現在進行形で繋がり続けるために、主の教えを最善とする者でありたい。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (300)
牧師の想いカレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top