トップ  > 牧師の想い20180909のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 20180909のエントリ

「努力のしがい」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/9/9 1:00
† 生きる力。
  わたしの身体のことを考えても不思議になる。わたしの意識とは関係なく、体内では60兆個の細胞によって活動が行われている。彼らは不眠不休の努力をしているのではないだろうか?わたしは眠りを必要とするが、なぜ人間(哺乳類)は眠りを必要とするか科学的な解明はまだないそうである。たぶん、脳に休息が必要なのではないか?という答である。私達は努力に疲れる。努力の要求には嫌気がさす。人間は「のべつ幕無し」(幕の下りない芝居)の努力には耐えられないのではないか?発明王エジソンは、万を超す失敗にもめげないで、努力した。と聞くが、万人に共通する事例とはならない。努力に挫けやすい私を励ますには役に立つ。さて、努力を継続するためには息抜きも必要なのである。自分の仕事から離れて完全休暇を取ることは欧米では当たり前になっている。2ヶ月以上も職場を離れても、必ずポストに戻れるようになっている。キリスト教的背景のある国々では、人間の休暇を重要視する。新しいエネルギーを回復し、さらに努力するためだ。

† 兄弟愛に愛を。
「 敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい」Ⅱペテロ1・7)家族の中の兄弟とは、どんなものか?二十代の頃、仕事上で知った家族の兄弟愛だが、1960年代は多くの人が家を建てた。その一家には4人の兄弟がいて、その家族では兄弟が協力し合って、次々と4人とも住居を建設された。この方々の家を建てた会社の中でも、この一家の兄弟愛は語り継がれることになった。一般的な世の中では「兄弟は他人の始まり」 という。親子の縁は切れないが、兄弟は利害関係や結婚などによって、互いの情愛も薄れて他人のようになる、というわけである。聖書の兄弟愛とは、キリストの血による血縁関係である。互いに信仰があり、その理解があっての兄弟姉妹なのである。神を畏れる者同士が兄弟であり、神の愛が主導している兄弟の仲となる。神に造られた人間が、兄弟愛に結ばれるので平和が生まれる。それに、なお愛を加えよと、これが最終の勧めである。損得無き神の愛を持って愛せる者になるべきなのだ。「・・・・あなたがたは、私たちの主イエス・キリストを知る点で、役に立たない者とか、実を結ばない者になることはありません」 Ⅱペテロ1・8)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (317)
牧師の想いカレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top