トップ  > 牧師の想い201709のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 201709のエントリ

「生命の流れる道」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/24 1:00
 † 感覚的人生とは。
   私達は誰でも感覚的な出発をする。赤子はなんでも口に入れようとするが、本能と言うよりは、生理学的な感覚的満足のためだという事を聞いた。世界というものを幼いときから五感を通して認識して行く事は誰も否定しないと思う。大人になっても知性の増大に伴って認識した事を感覚的に受け入れ行く。これがこの世に生きると言う事である。世界情勢一つをとっても、刻々の変化を感覚的に受け止めていると思う。これは人間が地上で100年生きるためには必要である。しかし、本来の生命は別の歴史である聖書の出来事の中にあるわけで、地上的に培った感覚でスッキリ理解できるものではない。その意味でキリストを信じられている私達は、全て主なる神の恵みによって、神の永遠の生命の中に入れられているのである。肉的な感覚は快楽と、その欲情を伴ないあらゆる欲望に繋がる。感覚的な生き方は地上の事柄に終始する生き方である。しかし、主なる神を信じられた私達は霊的な感覚を研ぎ澄まして生きる者である。主なる神に触れ、主を見て、御言葉を聞き、聖霊の香を嗅ぎ、全ての善きものを味わう。地上でも神の生命の中を生きて行くのである。

 †  主イエスによってのみ。
   賛美歌267「神はわがやぐら」の原詩はマルチン・ルターである。日本語訳詞にはルターの原詩とは異なる訳がされている。聖歌233番「み神は城なり」中田羽後氏編集には、ルターの意図した詩「・・キリストイエス勝ちを得たもう唯一の神なり」が反映されている。ルターは宗教改革ののろしを挙げたが、教皇派の勢力の大きさ、迫り来るイスラムの軍勢、何よりもルター陣内の分裂という四面楚歌の中で、この詩が生まれた。ルターは徹頭徹尾、救いはキリストのみとし自らに何ら頼るものなしとした。このような理解は使徒パウロも同じで、十字架と復活の主イエス以外に頼れる根拠はないとする。福音宣教は「・・・・私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行なわれたものではなく、御霊と御力の現われでした」1コリント2・4)と語る。賛美歌267の2番「・・・・われと共に戦いたもうイエス君こそ・・・・」と訳されている。ルターの信仰が全く異質のものに変えられている。今や人間が神の御業にしゃしゃり出て神の生命の流れを妨げているのではないか?という高邁(コウマイ)さがある。聖霊を信じるのは良い。伴われる聖霊を力とするのは良い。しかし、道具のように見なしたら終わりだ。生命は聖霊なる神に仕える所にあるからだ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (164)

「生命の流れる道」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/17 1:40
 † 短期と長期の道。
   貯蓄の話ではありません。しかし似ているところもある。短期間に築かれる道は、集中的に行われる突貫工事で、日夜を通して作られることが大方知られている。例えば短期間に造成された敷地等は変形しやすく注意が必要である。私達が霊的に成熟するには短期間の道と長期間の道を併せて考えて行くことだと思う。神の恵みによれば私達は瞬間にして新しく生まれ変わる。そして聖霊によって神の御霊に導かれる神の子となる(ロマ8・14)この事によって、神の愛を注がれて生きる道ができる。これらは主なる神の恵みによって与えられている道であり、超短期間に完成する。主なる神の御前に私達こそが天の生命を地上に流す道とされたのである。長期的な道とは、このような恵みの特権を持ち続けること、流し続ける事に尽きる。主なる神の恵みはあまりも偉大なので、私達は人生のあらゆる試練や危機と問題に直面して、神の恵みと導きを体得できる。そうして、自分自身を臆することなく神に委ねて成熟に導かれる。このように、長期的にキリストに繋がり続ける事で豊かな実を結ぶ。これこそが、生命の流れる道と称される生き方である。

 †  最も価値ある事。
   この世に生まれて誰もが生き方を問われる。子どもの時には「どんな人になりたいか?」とか「何になりたいか?」とか問われたことがあるだろう。しかし、世の中のこと、自分の事がわかりだすと難しく感じるようになる。結局、学問を修め、技術を習得する事は「この世の中に生きる」手段だとわかる。この仕事よりも、この仕事、この業種、公務員が有利とかいう価値感である。この危機の時代にあって政治家こそが大きな価値だと考える人もいるだろう。私もそのような理解の中に生きる一介の人間であった。ただ違っていたのは、私の環境が私の自由を全て封じ込めたことである。この桎梏(シッコク)を感じて、天に呼ばわった記憶がある「神はいない、まことの自由はない」と、15才にして絶望を体験した。私が世の中の環境に貶(オトシ)められた事が、主イエス・キリストとの出会いをもたらした。明確に悟ることができたことは「主イエス・キリスト」は絶対的な価値である。この世の相対的で失われる価値ではないと言うことだった。要するに、主イエスが私の生命となれば、私の生きる道は主イエスしかないし、流れ出るものは主イエス以外に無い事になると云うことになる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (273)

「生命の流れる道」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/10 1:00
 † 私が道となる。
   忠実なクリスチャンが心から願って祈る言葉がある「我を通り良き管と成したまえ」聖歌の中にも歌われている。言うまでも無く、生命の流れる管(道)に成りたいという信仰である。しかし、今時は祈りの中で用いられる祈りの言葉ではないのではないか?この危惧が間違っていれば幸いである。主イエスは「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」ヨハネ14・6)と明確に語られた。主イエスは私達と同じ肉体を持たれながら、天と繋がっている道(管)と言われたのだが、私達クリスチャンは世の人々に対して、私は天に繋がれた者(道)と認識したり、告白しているのだろうか?聖霊による福音理解を通して告白できることではないのか?神に生かされている信仰があるならば、私は天に繋がれた管(道)でもある。高慢になる事を求めているのではない。神の御業を心から崇める中で、私達に与えられた偉大な身分に驚くからである。それは同時に主によって大胆な信仰告白への道に導かれるのである。

 †  道を示すために。
   生命の道を示すために教会がある。教会堂は地上の箱物にすぎないが、その地域の生命のシンポルとして十字架を掲げる。宣教こそが霊的な生命の道である。「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい」2テモ4・2)教会の礼拝がまことの礼拝ならば、礼拝の生命は福音宣教へと赴き実を結ぶはずである。日本の宣教が進まないのは、全て礼拝に問題があるからではない。福音に生きる勇気が足りないのだと思う。「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です」 2テモ1・7)私達は聖霊の圧倒的な力の注ぎを求め「奮い立つ」必要がある。私達一人一人が聖霊の「力と愛と慎み」を流して行くためである。神の僕である私達が、同じ思い、同じ祈りで一つになれば、聖霊が四方がら吹いてくる。私達の立つ場所はゆれ動くのである。今の時が(良くても悪くても)関係なく、神には現実だけがあるのである。主なる神の生命が流れるために、福音宣教の霊の火に燃やされよう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (275)

「生命の流れる道」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/3 1:00
 † 生命は道を作る。
   水を流すと自然に流れやすい低い所を水は流れる。水が道を作ると言う訳だ。これは世界的な規模においても見られることである。アフリカに福音宣教がもたらされた当時、西欧の宣教師達は、言葉中心の説教に重きを置く知的なキリスト教であり、教会の成長を期待しない静的な自己の教派観念に捕らわれていた。しかし、アフリカの人達の生活には聖書は現実そのもので、キリストの悪霊追放や病の癒やしは、そのまま受け入れられるものであった。しかし、教会では悪霊については語られず、癒やしは薬を飲み病院に行く事であった。キリスト教は西欧から入ってきて、キリスト教文化も西欧的と思われていたが、そうではなかった。やがて植民地化が終わり、宣教師達が引き上げると、全く新しいアフリカの文化に馴染んだ、キリスト教がその国に土着したのであった。聖霊の力強い働きと現実的でわかりやすい、親しみやすい話し言葉を通しての霊的な活動によって、アフリカ各地に広がり続けたのである。生命とは神ご自身であるし、それは聖霊の今日的現れである。その生命は低い場所を求めて流れようとする。高度な学問や知的なことばの説教で足れりとするならば、もしかすると生命の流れを邪魔する高嶺かも知れない。

 †  神に追いやる道。
   私達の幸せは多くの友に囲まれ、何不自由のない暮らしがあるからである。しかし、突然大嵐が私の人生に襲いかかり沈没寸前の傾いた船のようになると、たちまち人の助けがおよばない切迫した困難に追いやられる。こうなって私達人間は初めて、神に追いやられるのである。神に行く道しかないからである。苦難が私達の不幸ではないと聖書は言う。とてつもない試練が最悪だと聖書は言わない。神に依り頼む幸いな道があなたに作られるからである。教会の認める、主なる神の幸いは目で見える地上的な平安や豊かさではない。まことに自分の貧しさを知る事は幸いである。「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです」マタイ5・3) 恐らく地上で満ち足りている人では、貧しい心を理解できず、天の御国を生きる事が出来ないかもしれないのだ。天に心が開かれた人の特長に、様々な出来事、不条理な世界に置かれ、遂に神のもとに追いやられて目から鱗が落とされ、主なる神の創造世界を見、主イエスの偉大な御業に引き入れられ、神の安息に入り、まことの憩いを体験する。霊の目が開かれれば、心は天に開かれる。今のままでも低くなり謙れば主イエスは目の鱗を取り除いて下さる。  
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (451)
牧師の想いカレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top