トップ  > 牧師の想い20070520のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 20070520のエントリ

信頼し信じる(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2007/5/20 10:20
†  車輪は必ず回転する。
 聖書では「後の者が先になり,先の者が後になる」という知られている言葉がある。この世はまさに光の子供達は後塵(コウジン)を踏み,闇の子らが大手を振って歩いている。高貴な精神の持ち主が顧みられず,横柄な大言壮語する者が宮殿の王座に就いているのに似ている。「確かに私は、むなしく心をきよめ、手を洗って、きよくしたのだ」詩73・13 しかし,常にこのままで留まる事はない。車輪が回転するように「後の者が先になる」神の時が必ずくる。このような摂理は誰も変える事はできない秘密である。詩73篇を続けて読むと,この作者が見るに,うらやむべき絶頂を生きて,思いのままなる生活をしていた者が,一瞬にして滑り落ち,滅びる様を見せられた。この事によって神の摂理が支配している事を悟った。今の時の軽い患難にへこたれてはならない。主を信頼して忍耐する者には,かならず時が回ってくるのである。「神の御旨を行って約束のものを受けるため、あなたがたに必要なのは、忍耐である。」ヘブル10・36

†  継続し続ける。
 信頼し続ける。この事がいかに試練を生み,問題を抱えるか体験するだろう。私は良く「真実は必ず通ずる」と自分の心に言い聞かせて生きた者である。大きな誤解と不理解は,生き様を通して示して行く事によって結果を生むものである。キリストがあえて弁解をなさらず,使命の道を歩まれた様にである。人はその時々によって口を開き,それに戸を立てる事はできない。私達クリスチャンは状況の中にあっても,状況に生きるだけではない。信仰の目指す「神の義と神の国を第一に求める」一貫性を恒久の知恵としているのである。それを生き様として,答えとするのである。これには4,5年では足らない,10年,20年の変わらざる信仰生活,主を信頼する生活を通して明らかにされるのである。人は様々な経験を積み,多くの失敗,思いの通りにならない経験をする。そして初めて一貫性を持って生きている者を認めるのである。それほどに人間は賢くもなく,自己本位な存在に過ぎない。それだからこそ祈り,聖霊に導かれて生きる事だ。真実な一貫性はそのようにして生まれる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4549)
牧師の想いカレンダー
« « 2007 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top