トップ  > 牧師の想い20070506のエントリ

牧師の想い

牧師の想い - 20070506のエントリ

信頼し信じる(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2007/5/6 10:10
† 御霊を信頼する。
私達は自意識(魂)を強く理解するものである。今回のセミナーで福野師は的確に「御霊と魂」の領域の違いを教えてくださった。魂とは,知(知性・理性)情(感情・情愛)意(意志・決断)という人間の領域で肉的なもの。御霊(私達の内に内住されている聖霊)は良心として現れ(償う事へと導く),直感力(御言葉を感受する)霊的な交わり(主なる神様と権威的に交わる)・・・・私達は多くの場面で,人間的(魂)の部分で理解し,活動し,霊的であろうとするが,能力や人間的な力に頼っている。このような状況では聖霊様は押しのけられている,ということである。霊的解放は,肉的なものが「静まり」内住の聖霊のうながし(声)に従うことである。私達は「御霊の声か魂の声か」聞き分けられない立場にある。確実に聖霊に導かれる方法はへりくだって,謙虚にしていることである。自分を大きくしていると自分の肉の声を聴いて聖霊の声だと思って大きな誤りをしてしまう。しかし自分の尊大さをうち捨てて,鉄くずのようにへりくだれば,聖霊に引き寄せられ,確かな導きを受けることが出来るのである。

† 真理を信じる。
御言葉の解きあかしを聞きながら,真理が開けてゆく快感を誰もが感じたのではないかと思う。特に「異言の真理」について大きな確信を与えられたのではないだろうか? 私達があまり重要視していない真理が,とてつもない信仰の奥義への扉を開くことは当然あり得ることである。最も難しい課題「霊性を高める」ことについて,「異言はその人の得を高める。」となるように,実践して体得するものである。自分の気分や見解という魂の声を無視して,御言葉をそのまま信じる事である。これが中々難しい,ばかばかしいことと思えることを主はあえて求められのは,御霊が私達の知性や想いを超えさせるためである。異言は確かに,それが何なのという感がある。しかし聖書は「異言は神に語るもの」ものとして,大きな意義と価値を与えていることに注目して,語り続けるべきものである。真理の認識を得てそのまま信じよう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4743)
牧師の想いカレンダー
« « 2007 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top