トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「人の立つ位置」(2)

牧師の想い

牧師の想い - 「人の立つ位置」(2)

「人の立つ位置」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/11/11 1:00
† 清さの道に立つ。
  清い心を持って立つとはどう言うことか? ある時まではとても清らかな心を持って過ごしていた。しかし、ある時からそうではなくなった。そういう経過を持っている人は少なくない。清い心で立ち続けると多くの悲しみを耐えなくてはならない。何故ならば、悪辣横柄な手段を用いる者達に先んじられ、馬鹿にされ、奪われたりするからである。その苦しみと、堪え難き悔しさは、純真である事を止める引き金にもなる。「まことに、わたしはいたずらに心をきよめ、罪を犯すことなく手を洗った。わたしはひねもす打たれ、朝ごとに懲らしめをうけた」詩73・13-14)3節には「これはわたしが、悪しき者の栄えるのを見て、その高ぶる者をねたんだからである」とある。神を恐れて純粋であろうとする心は揺さぶられるのだ。損くじを引いている「愚か者」とさえ思われる。しかし、次のようになる。「わたしが神の聖所に行って、彼らの最後を悟り得たまではそうであった。まことにあなたは彼らをなめらかな所に置き、彼らを滅びに陥らせられる」詩73・17-18)神を恐れる清い心が勝利者の立位置なのである。

† 何をしても栄える人。
  そうなりたいならば、至極簡単である。二つのことを行えば良い。一つは「幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人」詩1・1)二つ目は「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ」 詩1・2)である。重要な事は、これは掌(テノヒラ)の両面の関係である事だ。一方だけでは、あくまでも半分でしかない。「・・・・に歩まず。・・・・に立たず。・・・・に着かない。」を徹底することである。その決意を実行する事である。これが曖昧なら、二つ目の「・・・・主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ」 を実行しても、「何をしても栄える人」とはならない。いかに聖書を知り尽くしても、主への奉仕が出来ていても、心と口唇をしっかり引き締めて管理しないと潤いのない木のように実を結べない。ならば何をしても栄える人の道に立とう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (236)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/629
牧師の想いカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top