トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「人生の技法」(7)

牧師の想い

牧師の想い - 「人生の技法」(7)

「人生の技法」(7)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/10/28 1:00
† 信じる如くなる人生。
  「そこで、あなたがたに言うが、なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう」マルコ11・24)これほどの技法はどこにもないはずだ。しかし、直ぐに反論の声が聞こえてくる。そんな甘い世界があるはずがない。この世界を見渡せば一目瞭然である。と、しかし聖書は堂々と「信じる」事は、その通りになる。と、勧めるのである。主なる神は私達の真実の幸いを知り尽くしておられる上で、語られているのである。「宝くじ5億円が当たると信じればそうなる」と言う類いが言われているわけではない。誰でも幸せになるのは、神の御業である愛(主イエスの贖い)の中に生きることであり、その幸せになる真実は計り知れない。私達が祈り求められるのは絶大な主なる神の愛の真実があるからである。御心にかなう祈りは信じる如くなるのである。忘れて成らないことは、主なる神があなたに与える幸せに関して、不誠実な事は何一つないのである。

† 騙されない人生。
  あなたの人生が終局において「騙されていた」と知るほど悲惨なものはない。長い人生の梯子を登り切ったその頂上に何もない。褒美もなければ、得られるものもない。単なる無でもない、厳かな主なる神の声が響く「なぜ、私の与えた梯子を昇らなかったのか?」そして愕然とするのである。頂上から下る道は永遠の滅びに直行しているからである。世の中には、あまたの道(梯子)が用意されている。そして多くの人が自分好みの登りやすい梯子を喜喜として登って行くのである。聖書はその様を「彼らの最後は滅びです。彼らの神は彼らの欲望であり、彼らの栄光は彼ら自身の恥なのです。彼らの思いは地上のことだけです」ピリピ3・19)主イエスも「狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこからはいって行く者が多いのです」マタイ7・13)と警告された。人間の知恵は上(神)からの知恵とは違い、自分が本位にあるので罪深く的外れの道を行く。しかし主イエスを信じるなら天に繋がる梯子を昇ることである。大きな報いと永遠の生命が待ち構えている。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (367)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/627
牧師の想いカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top