トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「人生の技法」(2)

牧師の想い

牧師の想い - 「人生の技法」(2)

「人生の技法」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/9/23 1:00
† 私の本当の自立。
  社会人として一人前である。それが私達大人の自負ではないだろうか? それが世の中に生きるための重要な建前である。当然であるという憲法の保証もある。それだから私は自立した人間として振る舞えるのだ。しかし、本当の自立とは何か?を問われる。神を知らない人と知った人では違ってくる。神の戒め(律法)を受け入れて生きるなら、たちまち自らの罪深さや不誠実があらわになる。重荷にあえぎ、自分の良さよりも多くの欠点と愚かさが見えてくる。このように自立していない本当の自分が存在しているのである。どうして、こんな自分を愛せるのだろうか? 白(シラ)を切って傲慢に生きるしかないのか?この人間の難問に答える技法が「神の愛」である。神が言われる「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」イザヤ43・4)と、キリストの十字架の贖いで無条件に「彼ら(私達を)私(神)の喜びとし」エレミヤ32・41)て下さった。私には自立する術がないのに、神の愛の中に完全に私を自立させた。まさに最大の「人生の技法」なのである。

† 別れ出て行くこと。
  別かれる事にも色々ある。小学5年生の時、最も仲良しのM君が県外の遠くに引っ越した。列車が消えゆくまで涙を流して別れを惜しんだ。こういった別かれ、出て行くことはごく普通に起こる。もう一つの特長は意識的な分離である。神に選びだされると、おのずと知らされる。世の中では当たり前の遊びや楽しみが、主イエスを信じて生きる身には罪であり汚れであり悪となる。と言う事だ。罪を罪とも思わない人との付き合いを遠ざけること。金銭や物質に対する考え方に大きな距たりが生まれること。主なる神に什一を捧げる信仰が金銭感覚の第一になる事。愛する事においても神を愛する事が優先される生き方と、世的な快楽や喜びとの違いなどだ。19歳でクリスチャンになって、家族との問題は、私が世捨て人のように見られ、薄情だと見られた事だ。誰でも神がおられ聖書は真実であり、キリストは唯一の救い主だと受け入れる人なら勇敢に分離し、出て行くことは難しくない。分離し出て行くことで、主なる神の真実と祝福が豊かに伴っているからだ。家族はあなたの信仰の生活を見て安心し、尊敬するようになるのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (110)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/622
牧師の想いカレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top