トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「努力のしがい」(3)

牧師の想い

牧師の想い - 「努力のしがい」(3)

「努力のしがい」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/8/12 1:00
† 徳には知識を。
   「信仰には徳を」2ペテ1・5)信仰には徳を行うことを一番目の努力として記している。このわけは、行いが伴わない信仰は、内容がないものになり、その人は救いを失う可能性が大であるからである。信仰に徳を行うことで「神をよりよく知り」神の生命に、その人が生かされるからである。さて第二の努力は「徳には知識を」と記される。ある父親が息子に次のように、この5節を教えた「信仰には、ダビデの美徳を、あるいは勇気を加えて下さい。また、ダビデの勇気にソロモン知識を加えて下さい」と、徳と知識の繋がりが具体的でわかりやすい。徳に増し加えられる二番目の「知識」は、特に精神的な真実の知識のことである。これは神の言葉を真摯に学び、その得られた知識が、神聖な指針に従う重要性を強調するのである。使徒ペテロは信仰に七つの徳性を増し加えているが、これは私達にとって苦痛ではない。「力の限りを尽くして」(口語訳)キリストの身丈にまで達する「努力」(新改訳)の継続なのである。

† 反対側の道。
   聖書には、いかにも心を刺される出来事が書かれている。良きサマリヤ人の記事(ルカ10章)は、その一つである。隣人とは誰か?の、質問に答えて言われたイエス様の話である。一人の旅人が強盗に襲われ身ぐるみ奪われ、半殺しにされ路上に倒れていた。ここからが問題である。この旅人に三人が遭遇した、先の二人は身分の高い人だったが、関わりを避けて反対側を通り過ぎていった。あとの一人はサマリヤ人で、この半殺しにされた旅人に「近寄って」必要な全てを与えた。さて、ここでの「努力」は、まず「彼を見てかわいそうに思い」 から始まる。しかし、先の二人も、大変だ、かわいそうだ、と思ったに違いないが、次の瞬間、自分の払うべき負担が頭をよぎると「関わりをやめ,努力」を放棄したのである。一方、サマリヤ人は「努力゠力の限りを尽くす」ことをしたので「真の隣人」となった。現代の私達は、よほど自分に厳しくしないと「見て、見ぬふりをする」人間に成り下がる。その習慣が、努力すべきを避け、自分の賢さを自負するようになるのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (137)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/616
牧師の想いカレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top