トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「努力のしがい」(1)

牧師の想い

牧師の想い - 「努力のしがい」(1)

「努力のしがい」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/7/29 1:00
† やり甲斐がある。
  「しがい」とは、やり甲斐がある。ことで、信仰的な努力には「しがい」がある。このシリーズを、Ⅱペテロ1・5-7の「こういうわけですから、あなたがたは、あらゆる努力をして、信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい」から、聖霊の思いを探り求めてみたい。第一の事は何が人間の障害なのか?と言う事である。悲しいかな、私達は評価されない努力はやりたくないのだ。評価とは直接的・間接的な反応が、すぐ得られることである。すると、すぐ評価を得られる事柄に私達は赴くのである。これは人間同士、あるいは集団の中、地域の中で、身近では家族内でも、価値観の有り様(低俗)によっては、深みのない評価をする家族になってしまうのである。しかし、真実は「神の御目が人の道の上にあり、その歩みをすべて見ているからだ」ヨブ34・21)にある。評価をされる神がおられるのだから、この神に向かう「努力のしがい」は大きな評価を得、その努力は確かな実を結び、成長するのである。

† 結果が約束されている。
  「努力のしがい」の、最たる原因は「というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです」Ⅱペテロ1・3)にある。これは、神の御霊によって信仰告白したクリスチャンには確かなことである。「主イエスの、神としての御力」が、働いている事が原因となって「いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与える」 からである。そのために、私達は努力を促されているのである。言うなれば「与えられるので、努力のしがい」があるのである。もし、このことに食指(ショクシ)が動くならば、限りない可能性が生まれるのである。理に適い、わたしの利益に適っているのである。そういう訳で、努力のしがいのある旅(信仰生活)をしっかりと続けて行こうではないか。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (270)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/614
牧師の想いカレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top