トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「神の国を生きる」(6)

牧師の想い

牧師の想い - 「神の国を生きる」(6)

「神の国を生きる」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/7/15 1:00
† 愛のいずる所。
  私達人間は「愛と自由」が大好きだ。ところがサタンも大好きなのである。サタンは「あなたの思い通りを欲し、愛せよ。それこそがまことの人間の自由である。」と言う。律法も戒めも関係なしなのだ。クリスチャン作家(曽野綾子)が書いていたが、こういった奔放破廉恥な、人間が小説の主人公にふさわしいそうだ。書き進む材料に事欠かないわけである。要するに人間は「それを望んでいる」のである。人間の愛と自由はサタンの思いと繋がっていると見るべきである。しかしまことの愛は「愛は神から出ているのです」1ヨハネ4・7)その特徴は「私たちが神を愛してその命令を守るなら、そのことによって、私たちが神の子どもたちを愛していることがわかります」1ヨハネ5・2)神の愛は命令(戒め)を守ることで、神をも同胞(隣人)をも愛する。サタンの推奨する「愛と自由」とは本質が違う。神の愛は「神の潔さと神の義を伴う」ものである。あなたの愛と自由は、どういうものか?

† 神から生まれた国。
  神の国とは地形上の国ではない。キリストの再臨があるまでは実体は隠されている。 しかし、神の国は現実的に、勢力として現れている。神の国は初め、人間をとおして神との平和の中で築かれるものであったが、暗闇の王(サタン)の惑わしに依って人間は罪をおかし、神との平和を失い暗闇の王国の支配下に移された。主なる神はサタンと共に人間を永遠に滅ぼし尽くすことが出来たが、人間を憐れまれた。人間を含め、どんな被造物も「罪」を贖う事が出来ないゆえに、神ご自信が、聖さにも義にも完璧な方法として人間に成られて世に来られた。サタンのそしりを何一つ受ける事のない、神の愛の現れ、神の聖と義の現れが御子イエスなのである。神の国は今や主なる神によって生まれ、十字架と復活をとおして私達の所にきている。神の国は主なる神の聖と義を貫いている愛が生みだすものである。その故に「私たちが神を愛してその命令を守る」 ことが喜びとして伴うのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (289)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/612
牧師の想いカレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top