トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「良識の好奇心」(5)

牧師の想い

牧師の想い - 「良識の好奇心」(5)

「良識の好奇心」(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/5/20 1:00
 † 偏執した好奇心。
   偏執とは、片寄った考えを頑(かたく)なに守って他の意見に耳をかさないということである。いかにも病的と思える考えに捕らわれている人がいる。また色濃く世の中の影響に染まった考えに固執して耳をかさない人もいる。私が神学生の頃、関西に住む従兄弟(イトコ)から議論を仕掛けられたことがある。彼は大学生で「ニーチェ」の「ツァラトゥストラはかく語りき~神は死んだ~」を引いて挑んできたのだ。ニーチェの「超人思想」こそ真理であり現実的であると信じていた。それでユダヤ宗教とキリスト教の偽善性を突いて、信仰を「二束三文」に片付けてきた。当時の青年に浸透していた「ニヒリズム(虚無主義)」の答えとしてニーチェが存在していたと思う。私から見れば従兄弟(イトコ)こそ偏執した考えに染まっていると思えたし、彼は私を憐れな信仰に生きる偏執した男と見たのである。私はニーチェこそ時代の科学偏執に好奇心を持った唯物論者ではないかと思う。彼が「神は死んだ」と言う背景には、1900年代の科学の発展が神の無能を証明すると思われた時代だったからだ。ニーチェの「超人」とは、自分にとって「良い悪い」という価値観を生きることである。神の「善悪」を否定することである。さて、あなたの好奇心はどちらにある?

 † 心に留める良識。
   私の成長に欠かせないことは何か?と問われれば、「心に留める内容」と答えたい。聞く事、読むことにおいて「心に留めた」ことが、聖霊に導かれ、私を形成してきたからである。心に留めるものが、よろしくないものならば、私もそのような内容の人物となるだろう。 「聞く耳と、見る目とは、二つとも主が造られたもの。眠りを愛してはいけない。さもないと貧しくなる。目を開け。そうすればパンに飽き足りる」 箴20・12-13)また、そのとき理解できないフレーズが重要である。多くの人はその時に解らないと意に留めず棄て去ってしまう。言われて解らない事や、読んで解らない事は大切である。12歳になったイエスが行方不明となったが、神殿で学者達と論じておられた。マリヤは我が子イエスの不可解な行動とその言葉を「・・・・母(マリヤ)はこれらのことをみな、心に留めておいた」ルカ2・51)とある。乳房を持って育てたイエスが、神の独り子であると認識し信じるには、解らない事を「心に留めておく」事なくしては悟ることは不可能である。聖霊は「心に留められた」真理を理解させ、悟らせて下さるからである。私達は好奇心を持ち心に多くを留めるならば、聖霊のお働きは増大するだろう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (238)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/604
牧師の想いカレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top