トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「良識の好奇心」(3)

牧師の想い

牧師の想い - 「良識の好奇心」(3)

「良識の好奇心」(3)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/5/6 1:00
 † 世界の空を救った男。
   藤田哲也博士がその人で,アメリカ合衆国の気象学者。出身地は現在の北九州市小倉南区である。ダウンバースト(下降噴流)とトルネード(竜巻)の研究における世界的権威として知られ、その優れた業績から Mr. Tornado(ミスター・トルネード)、Dr. Tornado(竜巻博士)とも称される。学生のころに父と母を相次いで失い、弟と妹を見なければならない非常に貧しい境遇にあった。しかし、余りにも優秀な彼を支えようと現在の九州工業大学に学費援助で物理学に進ませた。彼は子弟のために、地理学教授の助手として働き、生活の糧を得た。彼は原爆直後の長崎の現状を克明に調査した。彼の気象学は独学であり奇抜な発想は専門家を驚かせた。彼は日本では注目されなかった自身の論文をアメリカ気象学会会長に送りつけたところ、大きな評価を得、ついには会長のいるシカゴ大学に渡る事になる。竜巻大国アメリカで彼は熱烈な好奇心を持って研究した。航空機事故多発の原因であったダウンバーストの実体を証明した。藤田スケール(トルネード階級表)は国際的な基準となり、世界各地の空港にドップラー・レーダーが配備されるようになった。彼が長崎の原爆に見た爆風による破壊の調査が彼にひらめきを与えた。と、彼の弁である。

 † 見て識る豊かさ。
   先月のことだが、ゴージャスなパスで、行き先がわからない「ミステリー・ツアー」に参加した。結局、和歌山の串本での一泊となった。子供の頃、口ずさんでいた「ここはは串本向かいは大島、仲を取り持つ巡航船・・・・」ここのことか、と感動した。今、紀伊大島には橋がかかっていて、そこにも行った。そこには、紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難したトルコの軍艦エルトゥールル(500名以上の犠牲者を出した事件)の記念碑が建っていた。串本の人々が嵐の中必死に救援活動をした事が、トルコの国民に感動を与え、今日も友好関係が築かれている。実に、行って見るまでは私には記憶の外にあるような知識であった。しかし、見て識る事によって非常に興味深いものとなった。小さな日本だが景勝地が多く、民話や物語が満載している。この旅でもう一つの物語の現場に行った。「安珍清姫」で知られる道成寺である。子供の頃には村に立派な歌舞伎小屋があり毎年二度は歌舞伎が演じられた。その中に娘道成寺として演じられ、怨念により清姫が蛇に変身して釣り鐘に絡んで終演となる。歌舞伎は「手ぶり説教」で人間を諭す目的がある。旅によって違った場所に行けば、好奇心がかき立てられて豊かになる事は事実である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (402)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/602
牧師の想いカレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top