トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「良識の好奇心」(1)

牧師の想い

牧師の想い - 「良識の好奇心」(1)

「良識の好奇心」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/4/22 1:00
 † 好奇心は善か?
   好奇心は成長に欠かせない要素である。しかし、永い年月の中で早熟な好奇心のために幸せな人としての道を外れてしまった人々を見た。子供が大人になりたいという願望を持ち、大人の世界に好奇の目を持つ事と同じように、誰にも想像力の働く好奇心は付きものである。そういった好奇心は生まれるものであって、どうしょうもない力を伴っている。それによって突き進んでしまう人がいる訳だ。私達人間の始祖であるアダとエバは非常に優れた精神を持って神に仕え、全てに満ち足りて幸せだった。善悪を知る木の実は、自分たちの良識を証明するシンボルとして誇りにも等しい存在だった。サタン(悪魔)はこの良識ある人間に「好奇心」をたきつけた。目が開かれ、神のようになり、善悪を知るようになれること、決して死ぬ事はない。と安全弁のように植え付けて、善悪を知る木の実を改めて見つめ直させた。すると「まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった」創3・6)そして、その実を取って食べた。好奇心は肝心な良識をくつがえし、滅びに至らせる力でもあると言うことだ。

 † 好奇の思いを神に。
   モーセは奇遇な生涯を与えられた人物である。彼は良識のためにエジプトの王子の身分から一転さすらい人となり、ミデアンに逃れて羊を飼う境遇へと突き進んだ。それから40年も経った頃、羊を見守ってシナイの荒野にいた。すると不思議な炎が柴の上にあり、柴は燃えていなかった。モーセは知識のある人物であり、それに驚いて近付いて見ようとした。好奇心がモーセを揺り動かしたのである。それこそが神の求めておられたことであった。そして、いまだ聞いたこともない、厳かな神の御声を聞くのである。モーセは震え上がり、見定める勇気も失ったと記されている。主なる神は、これまでのモーセの80年の体験や知識の見解をくつがえし、神主導の世界を体験させるのであった。人から教えられた神でも、理解でも無い、主なる神との直接的なシフト(世界観)が注ぎ込まれる事になった。直接的体験をした者でなくては知り得ない真実な現実を獲得したのである。これは今日でも変わりはなく「求めなさい。そうすれば与えられます」マタイ7・7)ということである。好奇心旺盛な神の人は、主なる神の直接的な御業にふれ、御声を聞かされる。好奇心だけではなく、高潔な良識を持っ神に向かうのが良い。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (272)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/600
牧師の想いカレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top