トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「一貫性の喜び」(2)

牧師の想い

牧師の想い - 「一貫性の喜び」(2)

「一貫性の喜び」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/3/11 1:00
 † 相手が優れて大物。
   いま、人気が高い大河ドラマは西郷隆盛の物語である。下級武士としての西郷は何かにつけて後塵(コウジン)を舐(ナ)める身分でしかない。お殿様(斉彬)と直接まみえる様な機会がめったに無いが、物語では相撲で優勝した西郷が殿様と相撲を取る羽目になる。周りの者達は殿様に花を持たせて、西郷が負けるものと思い込んでいた。しかし愚直な西郷は真正面からぶつかり真剣に取り合って殿様を投げ飛ばしてしまう。普通だと無礼者として死罪と言うところだが、殿様(斉彬)は優れて大物であり、西郷を見込んで取り込むのである。さて、私達が信仰にこだわり、御言葉を握って自分を曲げる事をせず、融通の利かない人間となり、人々に馬鹿と呼ばれるとしょう。しかし主なる神はどうであろう、現代のヨセフの出現のように喜び、引きよせて下さるのではないか? 私が信仰に目ざめた頃、近くに住まわれる名士に諭された「信仰は良いものである、しかし深入りするものではない」と。もし人の造った宗教なら、さもあらん。しかし、生ける神にして大物なるお方は、信仰に生きる小さき者をも見逃さず、取り立て引き上げられるのである。

 † 読み続ける事の優位性。
   日本では著名な佐藤優さんだが、その幅の広さには驚く。神学者として教鞭を取る傍ら、日本のインテリジェンスとして高い評価を得ておられる。しかし、人に対しては好き好きがあるのでその人の判断で良い。ただ、これは真実として受け取りたい「書く力に勝り、話す力に勝り、聞く力勝るのは、読む力である」 これを佐藤さんから刻みつけられたのである。多くを読み続けるという一貫性が人生で何よりも重要だと思う。私達の幸せに関係する書物を読み続けることだ。クリスチャンならばなおさら、全世界から著名な書物を入手できる。日本でも多くの優れた飜訳本が何であれ揃っている。私達の様に聖書を持つ者には、心理学も自然科学も文学も歴史書も思想書も神学もあらゆる聖書とキリスト教に欠かせない研究書が待ち受けているのである。限らた時間で、読む力を続けて行くことは特に私達クリスチャンに重要だと信じる。自分に心掛けている事は、片寄らずさまざまな分野に興味を持てるようにする事。十代から読書をしてきた事が、今の自分を成り立たせていることは偽りでは無い。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1212)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/594
牧師の想いカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top