トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「教会イノベーション」(6)

牧師の想い

牧師の想い - 「教会イノベーション」(6)

「教会イノベーション」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/2/18 1:00
 † 育つ人を求め続ける。
   育つ人とは誰か?するとすぐに思い浮かぶのは「若い人」となるが、実はそうではない。育つ人とは「求めている人」求道者である。若くして学歴があり、好ましい人であっても、聖書で言う「飢え渇きのない」人は育ちようが無いのである。その一方で高齢者と見られながら、真理に渇き、神の御顔を仰ぎ求めている人がいる。まさに卯建(ウダツ)の上がらぬ若者に勝る育つ人、成長を続け輝きを増す人である。このように自発的に求道し育つ人が霊的な若者なのである。それだから「わたしは彼を退けている。人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る」1サムエル16・7)と言われる。高齢化する教会であっても、飢え渇きのある方々が集われるならば、霊的に若く、燃えている教会であるのだ。年齢的な若さに甘んじているだけで、渇きもなく自発的な探究心もない教会は老人化しているのである。もう一つは魂がこの世に汚染されていない、キッズや中高生を育つ人と見るべきである。今日迄もそうであった様に、これからも続けて彼らに愛情を注ぎ「育つ人」にして行こう。

 † 問題と困難を通して学ぶべき
   苦しみとや困難を求める人はいない。しかし、それは求め得ずしてやってくるものである。それは主なる神も赦されている「主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである」ヘブル12・6)そして、それは訓練である事。神の子として扱っておられる証拠である。と、言われている。教会における難しい問題も大切な課題となり、イノベーションの契機とされるのである。昨今の日本の企業における不祥事は、隠されていた大問題であった。問題解決の苦しみと「うめき」が新生する力を生みだすのである。教会も同じで、ひどい試練を乗り切った教会は、さらなる神の恵みの中に引き入れられ、痛みを神の栄光に変えて進んでいる。神の懲らしめの帰結は何かと言えば、揺るぎない神の真理(御言葉)に立ち帰る事であり、また「混乱の神ではなく平和(秩序)の神だからです」1コリ14・33)とある如く、平和とは主なる神から下って流れる秩序である。爽やかな風通しの良い教会へと変えられる事になる。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1192)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/591
牧師の想いカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top