トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「教会イノベーション」(4)

牧師の想い

牧師の想い - 「教会イノベーション」(4)

「教会イノベーション」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/2/4 1:00
「教会イノベーション」(4)

 † 信仰を楽しむ。
   人生が楽しいこと、それが生きる醍醐味となる。もし、クリスチャンであることが楽しくないならば、一体何が生まれるのだろう?また、どんな新しいことが生まれるのだろう?キリスト信仰が、その人にとって楽しいならば、それこそが神の御心の成就である。「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい」ピリピ4・4)喜びと楽しみは一心同体と思える。しかしながら私達クリスチャンは、信仰は楽しいという表現を余りしない。むしろ失っているのではないか?そのためのイノベーションが必要だと思われる。かってインドに赴いてマザー・テレサを訪問した牧師の話を聞いた。テレサは貧しく路上で死に行く人々を神の子として引受け、あらん限りの愛を注ぎ、そのような多くの人々を看取ったのである。牧師が見て驚いたのは、テレサと多くのボランテアの働きの中に、笑いが絶えず、和やかな楽しさが覆っていた事であった。恐らく、このような働きが神からのものであるが故に、人間の悲愴感や強制力とは全く違う、神への奉仕の喜びが満ちていたのだと思う。私が思う事は、今、一人のキリスト者が信仰の喜びを現し、信仰を楽しんで教会に集ってくれるならば、その人が教会にイノベーションを興す人なのである。

 † なる様になる。
   ケ・セラ・セラ、なる様になる。と、ドリスディ・デイが歌い、一斉を風靡した事を思いだした。スペイン語「ケ・セラ・セラ」は、なるようになる。と言う意味。とかく私達は、良いことを予測しないで悪いことが起こることを思う。物事を悲観的に考え、失敗したらどうなるのか?と、常に暗い地下に繋がる下だり階段を見つめているのである。これこそが罪に汚染されている思いであり、感覚なのである。主イエスは「あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか」マタイ6・27)と言い「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます」33)と約束された。主なる神に任せれば「ケ・セラ・セラ」なのである。なるようになるのである。「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」 1ペテロ5/7)とある。私に起こるべきイノベーションは、自分の感覚的な恐れに縛られず、主なる神と約束に自らをゆだね「ケ・セラ・セラ」なる様になると、歌うが如く、主なる神の導きを期待しつつ、楽しみつつ生きることだと思う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1113)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/589
牧師の想いカレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top