トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「教会イノベーション」(1)

牧師の想い

牧師の想い - 「教会イノベーション」(1)

「教会イノベーション」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2018/1/14 1:00
 † 現状の見直しから。
    innovationとは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい 捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)とある。プロテスタント150年の教会をかえりみて、一番大切なことは「日本の宣教」である。海外に宣教師を送り出すことによって、日本の宣教が増大するならば、それを進めよう。宣教師を送り出した教会と団体が宣教に燃える限りそれは正解である。日本にもそのような教会があると思う。ただ教会とは、もともと地域に置かれたものであり、その地域の滅びにある人々を福音に導くためにある。当然今までの宣教が続けられることだが、今までにない切り口を見いだしたい。今ある交わりに増し加えてゆくものを持ちたい。2018年こそ霊的なイノベーションが起こされる必要がある。私達の教会は「一人の救いのためになんでもする」という所から新しい発想が生みだされてきた。この理念は変わらないが同じ在り方、やり方を刷新して行こう。世も人も変化を続けているからだ。私達ビンヤードの群れは「宣教のかたち」を限定しない。どんな変わったアイデアでも魂の救いのためならば認められる。今までの良かったことに安住せず、絶えず新しさを増し加えて行かなければならないのだ。

 † 絶えず進行形。
   私達の生活はいつも前に向かって進められている。子供の成長に伴うように家族が形成される。親たちも子供を成長させながら自らも成長している。子供達が自立し、それぞれ家庭を持つに至っても、なお進行形で人生は完成に向かって進み続ける。例えば、海から産卵のため川を遡(サカノボ)る鮭のように最後までの進行形がある。人間の場合は動物的な死を持って終わるのではない。私達の創造者であり愛の父である神の懐に帰り憩うことである。このように進行形の人生には何一つ無駄となるものがない。私達の進行の途上には良いことばかりではない、肉体的試練、精神的試練、天災的試練、経済的試練、人間関係的試練もある。今、生かされているならば、これからの進行形の人生のためなのだ。幸いな進行形の人生を願い求めるのであるならば、詩編第1篇を深く吟味して受け止めよう。そこでは「主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ」そして、その人は「何をしても栄える」と、信仰による進行形の勝利と繁栄を約束されている。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (758)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/586
牧師の想いカレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top