トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「信頼する勇気」(6)

牧師の想い

牧師の想い - 「信頼する勇気」(6)

「信頼する勇気」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/12/31 1:00
 † 今の姿に捕らわれない。
   キリスト教会にあって注目を集める教会がある。その主任牧師の子供時代は悲惨を極めた。両親は伝道者であり、赤貧に甘んじながらも熱心に福音を宣べ伝えた。しかし、子供として育つには辛いことだらけであった。学校の給食費を払えない。通学服はお古の継ぎはぎだらけだった。神の福音に生きる家族とはいえ、子供には惨めすぎた。彼は教会の神様と家族に恨みを持ったと言われる。そして少年は家庭で暴力を振るい、ある時は母親の髪の毛を掴んで部屋を引き釣り回したそうである。その時、母親は叫んだ「今のお前は本当のお前ではない。お前は大きな働きをする伝道者に成る」と、少年は怒りと憎しみに燃えていたが、母親の想定外な言葉が脳裏に残ったと言われる。母親の眼力とも言うべきか、主なる神の預言的な言葉だったのかもしれない。この傷ついた暴力少年は後に見事に大成され、日本における福音宣教の壁を打ち破る模範的な教会形成をされたのである。荒くれた原石のままに見るのではなく、その中に光り輝くダイヤモンドを見る。それこそが信頼する原点なのかと思う。

 † 新年の歩みを信頼する。
   明日は新年を迎えるが、私はこの12月喜寿をむかえ祝福を受けた。11月23日「ビンヤード・ミッション・センター」の奉献開所式が施行され、宗教施設として認可された。日本でも類を見ない多目的施設で、宣教、信徒の交わり、訓練のためのものである。年の終わりをこのような恵みのプレゼントで終えられるのは幸いだ。しかし、新しい年は主の恵みに答えて、私達が感謝を現す年である。私達の習性は恩義を忘れ、感謝に対する成すべき事をしない事である。「すべて、多く与えられた者は多く求められ、多く任された者は多く要求されます」ルカ12・48)私達は、持つ事、与えられることの多いことを求めるが、それならば必ず、主なる神は多くを求められる。私達が忠実を示して神に返すならば、さらに多くを与えられ、多くを任されるのである。主なる神の前にごまかしは利かない。「わたしがあなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ」マラキ3・10)主なる神の祝福は、神を信頼して与えられる。忠実に献げ物(恩義)を忘れない新年にしょう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (884)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/584
牧師の想いカレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top