トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「信頼する勇気」(4)

牧師の想い

牧師の想い - 「信頼する勇気」(4)

「信頼する勇気」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/12/17 1:00
 † 不服従を服従させる。
   結婚している人なら、良く理解してもらえると思う。年月が経ち子供達も家庭を持ち孫が与えられるようなころには、初々しい結婚生活とはかけ離れる。互いの考え方も、理解の仕方も、やり方も違ってくるからだ。日常生活の事柄では、とても私の常識ではあり得ないが、不承不承ながら妻の云う事に従うことにしている。例えば、今朝などは冷え込んで外の水おけには氷が張っているのだが,ベランダのさまざまな草木にたっぷり風呂の残り水をあげる。実は妻の確信に満ちた決定であって、私は不服従の心を隠して服従していたのである。この半信半疑を何年もつづけてわかってきたことがある。それによって草木は駄目にならないこと。プランターに植えられいる薔薇だが毎年見事な花を咲かせる。鉢植えのぶどうの木に今年は見事なぶどうの房が7個もついた。要するに、私の理解しがたい冬の水やりは、我が家においては正解なのである。諺に「馬には乗ってみよ」「人には添うて見よ」に通じるものがある。自分を従わせる勇気が、自分の理解を超えた祝福に繋がっているのである。

 † その人とその言葉。
   人との出合いが人生を決する。とよく言われる。私達は自分の置かれた環境によって出会う人々が定まる。さまざまな人との出合いのためには、環境の違う人々との交わりが必要になってくる。教会に集う事は最も幸いな出合いを与えてくれる場所である。誠実な人々が清らかな心を持って、神を力とし人生を積極的に生きている。その人やその言葉には真実に魂を動かす力がある。私は教会を知らなかったが書物を通して「その人とその言葉」に驚かされ、自分を恥じる心を与えられた。その一冊に「アンネの日記」がある。15才のアンネとその言葉には、私の知らない世界(神との関係)が色濃く感じられた。そうゆう出合いを通して、キリストにたどりついたように思う。当時、私と同じキリスト信徒だった友人が、私に内村鑑三の「ロマ書の研究(上下)」の単行本をくれた。そして「君は伝道者になれ」と云った。思いも及ばない事だったが潜在意識に矢が刺さったような痛みを感じた。もう一人の友人は高校生だったが献身し牧師になる事を決めていた。彼はどういうわけか「君も献身者の列に僕と一緒にいた」と言い張った。不思議だった。しかし後に、友人二人と私は伝道者になっていたのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1315)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/582
牧師の想いカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top