トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「信頼する勇気」(1)

牧師の想い

牧師の想い - 「信頼する勇気」(1)

「信頼する勇気」(1)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/11/26 1:00
 † 良心の問題。
   私はそれほど騙されやすい人間ではないと思っている。しかし、結構騙されている。ある日系外国人が母国に家族を残して日本で二人の息子と共に働いているが、まともな稼ぎができず家族のもとに送金もできないと大勢の家族写真を見せる。必ずお返しするので、少しでも助けて欲しいてと言う。借用証書を書いてもらって、なけなしのポケットマネーを今回だけだと言って渡す。一ヵ月の間に2,3度顔を見せて息子達に自転車がいるというので中古の自転車をあげるなどする。しかし、一ヵ月後に顔を見せない。住んでいたところにはもう居ない。私は彼らを信頼したのだが、信頼に足る彼らではなかった。彼らは騙すつもりはなかったが、旨く行かず移動したのかもしれない。彼らを捕らえるため追跡捜査することはしなかった。見事に騙されたのだろう、しかし私は信頼したのだから、私の信頼した事に悔いはなかった。主イエスも愛弟子(ユダ)に信頼を裏切られるが、主イエスの信頼は完全であられた。その信頼は無益でもなく古びることもないのである。

 †  信仰は信頼が内容です。
   信仰とは、私にとって神が居るのか居ないのか、という探求から始まった。宣教師のメッセージを聞き、ますます疑問に思い確証を得たいと思った。自分の納得に重点をおいていたのが初期の信仰姿勢であった。青空を仰いで不思議に思った、どこまでも突き当たりがない事が理解できない。同じほどに神が重なってわからない。科学的、物理的な理解がなくして聖書の神が信じられるのか? しかし、こんな私に、こんな日本人に、また世界の人々に、主なる神は方法を持たれていることに導かれた(気付いた)。上記の様に私は人本的に神に迫っていたけれども、主なる神は、私の実存が何であるかを示された「あなたは人間として在るべき目標を求めているが、常に破綻し到達しない」この現実が「罪人」なのだ。と、そして「私は、そのようなあなたの欠け(罪)のために十字架に架けられた」と。私が欠け(罪)のない人間であるためには、絶えず主イエスの十字架が必要ということ。それは、常にいつも救い主イエスを信頼していること。それが私の永遠に生きる実存であることなのだ。信じるとは一回的なことではなく、信頼し続ける事である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (85)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/579
牧師の想いカレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top