トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「成長する人の痛み」(6)

牧師の想い

牧師の想い - 「成長する人の痛み」(6)

「成長する人の痛み」(6)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/11/12 1:00
 † 引き受けるか拒絶するか。
   人生を二分する事柄として、このどちら側をも私達は選ぶ事が出来る。今日では「否応なしに」強制されて生きる事を拒める時代である。しかしながら電通(広告代理店)に入社した大卒の女性が、過酷な残業を強いられ自死に追いやられた。希望を抱いて入った会社が理不尽を当然として押しつけた過度な勤務だった。会社の体質の中で拒絶する術と力を奪われてしまったのだろう。職務とか責任の名の下に自己の自由を見失ってしまうのである。過度な負担を負わせ死に至らせることは日本の法律に違反している。しかし社会というものは利益が中心で人間がその次になっている。人間が中心であるには、人間を保証する法律を知っていなければならない。また、自分の限界を超える過度な要求に対しては「否」と言える勇気(痛み)を必要とする。能なしと言われるかも知れないが、自己は自己自身を守るべきなのである。人々や会社が苦情を言い批難する「痛み」を引き受けるなら、自身の破滅から守られるのである。人間として、わきまえの中心は「神にある私の認識」だ。神が支えられる中で私が生きている。神のために引き受け、また神のために拒絶できるのである。

 †  二つの評価がある。
   よく言われることだが「幸せ」と言うものは、幸せになろうとしてあるのではなく、一生懸命生きて、そこにある結果が幸せなのだ。ということ、そこに顕されるのだ。裕福か貧しいかの問題ではなく、幸せは「心の満足と喜び」なのである。極貧も極貧のゴミ山に住むパラグアイの方々の生活を知らされた。そこで生まれ、そこで育つ子供達が一人の音楽教師によって、ゴミ山から見つかった、ドラム缶や一斗缶で造られたチェロやバイオリンで音楽を奏でる授業を受ける。見事なクラッシック音楽を奏でるほどに成長する。やがて、ゴミ山の奇跡として、この子供達が知られ、見事な演奏に世界のメディヤが紹介するようになった。彼らは大きな関心を集め大きな評価を受けた。しかし、住むところはゴミ山の町である。何よりも神への信仰が彼らの内にはある事に関心を持った。この地域に未曾有の大洪水が押し寄せ、ゴミ山も彼らの家も洪水に浸かってしまった。しかし、この人々は前に向かって希望を捨てる事はしない。この事にこそ大きな評価があると思う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (159)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/577
牧師の想いカレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top