トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「成長する人の痛み」(2)

牧師の想い

牧師の想い - 「成長する人の痛み」(2)

「成長する人の痛み」(2)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/10/15 1:00
 † 自己尊大さがない。
   人間の本質には「自己尊厳性」という自分を自分あらしめる本能がある。どのような立場の人にも、どのような環境にある人にも、認められ尊重されるべきものである。人を軽しめる事の無い主キリストのうちには、常にその人の尊厳を受け入れ愛しておられる事がわかる。あのイスカリオテ・ユダにさえ最後まで彼の尊厳を愛し、悔い改めることを求めておられた。しかし、ユダは主キリストの愛のうちに育まれる尊厳性を棄てたのである。自己尊厳の強い人はモーセのように柔和である「モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった」民12・3)その優しさは「有りて有る」唯一の神を知り、その中に存在し、主なる神のみこころを行うしもべであると自認したからである。その究極の完全な自己尊厳は主キリストに認められる。主なる神の、独り子としての尊厳をお持ちであったので「おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた」ピリ2・8)のである。尊厳性の故に痛みをも引き受けられたのだ。尊大とは「威張る・人を見下げる・自分を上位に置く」と言う意味である。しかしまことの自己尊厳を持つ人には卑しい尊大さは見られない。

 †  神の恵みに留まる秘訣。
   「罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました」ロマ5・20)この逆説(パラドクス)は、個人の信仰にとって重要な真理を言い表している。罪の悔い改めを問うことによって、神の恵みの現実性を知るようになる。神の赦しを受けると言うことは、真摯に罪を告白することである。それで、罪の支配から神の恵みの支配を受ける事になる。過去を赦されたという恵みは真実であり、キリストの血潮の故に完全な潔めを頂いている。以上の告白は重要な真実である。しかし、私達は一度悔い改めると、これで終わりにしてしまいやすい。まことの恵み深い人生は、恵みが絶えざる悔い改めの必要を私達に求めているのだ。その霊的なメカニズム(仕組み)は次のようになる。恵みに生かされているならば、恵みは罪を嫌い、罪から遠ざかるように働く。くちびるの罪を恐れ言葉に注意する。自分の足りないことも、一日罪を犯さないように聖霊の導きを求めて祈る。このように悔い改めは継続的に続くものなのである。使徒パウロは「罪人の頭」という毎日の中で、絶大な主なる神の恵みの中に生きた。罪を憎むという実存的な生き方によって、罪を嫌い、悔い改め続けたからである。主なる神の恵みが聖霊を通して、そのように働かれるのだ。 今、悔い改める必要を感じない?・・・・それは恵みから遠のいているのでは?
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (89)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/573
牧師の想いカレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top