トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 「生命の流れる道」(4)

牧師の想い

牧師の想い - 「生命の流れる道」(4)

「生命の流れる道」(4)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2017/9/10 1:00
 † 私が道となる。
   忠実なクリスチャンが心から願って祈る言葉がある「我を通り良き管と成したまえ」聖歌の中にも歌われている。言うまでも無く、生命の流れる管(道)に成りたいという信仰である。しかし、今時は祈りの中で用いられる祈りの言葉ではないのではないか?この危惧が間違っていれば幸いである。主イエスは「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」ヨハネ14・6)と明確に語られた。主イエスは私達と同じ肉体を持たれながら、天と繋がっている道(管)と言われたのだが、私達クリスチャンは世の人々に対して、私は天に繋がれた者(道)と認識したり、告白しているのだろうか?聖霊による福音理解を通して告白できることではないのか?神に生かされている信仰があるならば、私は天に繋がれた管(道)でもある。高慢になる事を求めているのではない。神の御業を心から崇める中で、私達に与えられた偉大な身分に驚くからである。それは同時に主によって大胆な信仰告白への道に導かれるのである。

 †  道を示すために。
   生命の道を示すために教会がある。教会堂は地上の箱物にすぎないが、その地域の生命のシンポルとして十字架を掲げる。宣教こそが霊的な生命の道である。「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい」2テモ4・2)教会の礼拝がまことの礼拝ならば、礼拝の生命は福音宣教へと赴き実を結ぶはずである。日本の宣教が進まないのは、全て礼拝に問題があるからではない。福音に生きる勇気が足りないのだと思う。「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です」 2テモ1・7)私達は聖霊の圧倒的な力の注ぎを求め「奮い立つ」必要がある。私達一人一人が聖霊の「力と愛と慎み」を流して行くためである。神の僕である私達が、同じ思い、同じ祈りで一つになれば、聖霊が四方がら吹いてくる。私達の立つ場所はゆれ動くのである。今の時が(良くても悪くても)関係なく、神には現実だけがあるのである。主なる神の生命が流れるために、福音宣教の霊の火に燃やされよう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (272)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/568
牧師の想いカレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top