トップ  > 牧師の想い牧師の想い > 繋がる真実(5)

牧師の想い

牧師の想い - 繋がる真実(5)

繋がる真実(5)

カテゴリ : 
牧師の想い
執筆 : 
細江 和弥 2007/3/18 10:10
† 絶好の時代。
驚くべき端末の時代が到来した。手のひらに収まる機器で全世界と繋がる時代がやってきたのである。まさに猫も杓子も「携帯電話時代」なのだ。日本人に限って言えば誰でも手に入れることが出来るのだから,便利以上に脅威だと思う。日本の人工衛星も4機がぐるぐると15分おきに地球を一周している計算である。地上の物体をことごとく認識できると言うから,我々は知らないうちに見られているのである。このような便利さはこの世のために作られているが,終わりの時代の宣教の道具にしたいものだ。パソコンがあれば無料でリアルタイムの映像付きの会話が時間制限なく出来る時代でもある。教会はいつでも遅ればせである。カウンセリングやコーチングに,こういったシステムは有効になると思う(こういうシステムはまもなく常識になる)こう思うと,辻浦々まで到達できる伝道の手段として,誰もが使いこなせる機器に着目すべきだと思う。岐阜市の牧師は自分の立てたホームページを見て,人々が教会に礼拝にやってくるといい,それ以外にはないという,そういう繋がりの時代に入ってきたという事だ。

† 大胆であれば繋がる。
私たち夫婦は,極安の国内旅行を楽しみにしている。ホテルや料理に贅沢を言わないならば,名所,古跡を尋ねることには代わりはない。このたび会員募集の寄せ集まりの42名の方々と,九州の鏡山(三大松原),伊万里焼き,平戸(ザビエル天主堂),九十九島遊覧,長崎原爆公園と資料館,大浦天主堂,天草殉教公園,その他を行き巡った。私達は多くの方々に牧師であることを伝え,教会が何をしているか,そして自らをもって「気さくな」所であることを証詞した。伝道のスタイルは「私は,あなたと同じであり,クリスチャンです」という平然さである。そういう一種の大胆さが,隔ての壁を砕くのである。彼らは私達を特別な者と見ることもなく,色々と会話が弾むのである。幸子師は10枚の教会案内を交わったそれぞれの人に渡し,またパワーフォーリビングも差し上げた。極めつきは帰りの電車の中で,英語で話しかけてきた韓国のビジネスマンと出会い,熱心なクリスチャンであることがわかった。私達はオリジナルのCDを差し上げると,彼は特上の韓国海苔を下さったのである。旅は,大胆になれば,人と繋がり,神と繋がるのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5215)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/omoi/tb.php/12
牧師の想いカレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |


top