トップ  > メッセージ集細江 誠貢 牧師 > Happy礼拝(カーネーションズ・デイ)

礼拝メッセージ

メッセージ集 - Happy礼拝(カーネーションズ・デイ)

Happy礼拝(カーネーションズ・デイ)

カテゴリ : 
細江 誠貢 牧師
メッセージ :
 2009/5/10

2009/05/10

メッセージ:細江誠貢 伝道師

「報われる愛」

報い・・・

1 ある>行為>結果として身に起こる事柄

労苦に対する報酬

 

Ⅰ・社会の基準はギブ&テイク(GIVE TAKE

1・等価交換 

・物に対する「ギブ&テイク」

 

2・因果応報 

・行為に対する「ギブ&テイク」

“因果応報”・・・「行動」と「結果」は結び付いている

 

ハンムラビ法典
「もしある市民が、他の市民の目をつぶすならば、彼の目をつぶさなければならない」
「もしある市民が、彼に対等の市民の歯を打ち折るならば、彼の歯を打ち折らなければなら  ない」

・1の行動には1の結果を。3の行動には3の結果を


3・「愛」も「ギブ&テイク」?

・人は愛を注いだ分、相手から愛を注がれたい

 

Ⅱ・聖書の基準

1・「愛の基準」

マタイの福音書5章38節から43節

目には目で、歯には歯で。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。

しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。

あなたを告訴して下着を取ろうとする者には、上着もやりなさい。

あなたに一ミリオン行けと強いるような者とは、いっしょに二ミリオン行きなさい。

求める者には与え、借りようとする者は断わらないようにしなさい。

『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。

しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

 

 2・「愛の15の特徴」

・「愛の15の特徴」は「愛の基準」を満たすことができる

第1コリント13章4節~8節前半

愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、

不正を喜ばずに真理を喜びます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。

愛は決して絶えることがありません。


3・ギブ&ギブ(GIVE GIVE) 

・物を欲しがる人には渡す

・奪おうとする物には更に与える

・痛みを与えられたらじっと耐えて更なる痛みを覚悟する

・自分の敵を愛する。攻撃してくる人のために祈る

4・イエス・キリストが「愛」のモデル 

・イエス様の生涯は「ギブ&ギブ」そのもの

・イエス様自身が「愛の15の特徴」そのもの

・イエス様は今も報われている。

・「愛は報われる」ということをイエス様が証明した。

・イエス様を信じる人はイエス様と同じ愛に生きることができる。

 

Ⅲ・この愛に生きて

 

イエスは言われた。「この(世の)水(報い)を飲む者はだれでもまた渇きます。

しかし、わたしが与える水(報い)を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水(報い)は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水(報い)がわき出ます。」

わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。        (ヨハネの福音書より)

・アメリカのクリスチャンの老夫婦

・主の愛に生きる人が受け取る報いは永遠に至る喜びです。

Ⅳ・「愛」に生きる人

・人が祝福されることを最優先に考えます。

・先の見えない投資に希望を持ちます。

・「愛」に生きる人は、信念を通すことを犠牲だと思いません。

・自分の犠牲を「損」だとは考えません。

「キリスト愛に生きる人」の内側には「勝利」がある

Ⅴ・勝利者であることを忘れない

  ・イエス様は「犠牲者」ではなく「勝利者」

・キリストの愛に生きる人も「勝利者」

私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

死も、権威ある者も、力ある者も、そのほかのどんなものでも、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

(ローマ8章より)

 

Ⅵ・私たちの人生のテーマ

 

「人に報いを求めること」ではなく

「自分の内側に勝利があることを忘れないこと」

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4087)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/messages/tb.php/7

top