トップ  > メッセージ集細江 和弥 牧師 > 神は御子によって語られる

礼拝メッセージ

メッセージ集 - 神は御子によって語られる

神は御子によって語られる

カテゴリ : 
細江 和弥 牧師
メッセージ :
 2017/4/30

2017.4.30

メッセージ:細江和弥師
『神は御子によって語られる』
(ヘブル人への手紙 1章)
Loading the player ...

『神は御子によって語られる』
(ヘブル人への手紙 1章)

【Ⅰ】御子はすべての中心である。

●『キリストを現す七つの言葉』
 ・・・・2~3節には「御子イエス」について七つの言葉が語られてる。
 (一)「万物の相続者」のイエス。神の創造と創造物の相続者(ロマ8・17 )
 (二)「世界を創造された御子イエス」
   1)「世界」アイオーナス=(存在するあらゆる物)
   2)言葉なる(御子)は神が語られた「言葉」で世界の全てを創造された。
   3)キリストはご自分が(作られた世界を)再び新しく創造する。
 (三)「御子イエスは栄光の輝き」
   1)ヨハネ1・9『すべての人を照らすそのまことの光。
   2)栄光の輝き。
 (四)「御子は神の本質の完全な現れ」
   [ギ]カラクテル,そっくり,うり二つ。
 (五)「御子は万物を保たれる」『力ある言葉』は今も働き続けている。
 (六)「御子イエスは罪の潔めを成し遂げる」人間が万能でも罪を消せない。
 (七)「御子は最高の御座に着かれている」私達を執り成すために。

【結論】御子イエスは神と等しいお方。いかなる御使いでもない。


【Ⅱ】聖書の七つの証言。

 (一) 5節A『キリストは神によって生まれた方である。証明の御言葉』
   1)詩篇2・7 (詩2・12)
 (二)5節B『御子イエスは私(父なる神の子)である。」(11歴代17・13)
 (三)6節『主イエスにひれ伏して礼拝せよ』
   1)申命記32・43(70人訳)
 (四)7節『御子イエスは天使を風とし,炎として用いる』(詩104・4 3)
 (五)8~9A節『御子イエスは神としての権威の杖を持つ者である』(詩45・7)
 (六)9B~12『御子イエスは喜びの油注がれた方』 
 (七)13節『御子は神の右の座に着かれている方』(詩110・1)

【結論】
①キリストは誰なのか?に対する神の語られる情熱を聞くこと。
②私達が「見なければならない」のは目の前の現実ではない。
 神の右に居られ るキリストを見よ。底にあなたの真実がある。(ヘブル2・1)

[摘要]
1)あなたを力づけるのはこの世の言葉?それとも神の言葉?
2)あなたは生きる上で実際には,何を頼りとしていますか?
3)私のために,キリストが神の右に居られる意味とは何ですか?
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (789)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.fvc-kani.jp/modules/messages/tb.php/380

top